黒豆の栄養価って? 驚きの効果や栄養成分を徹底分析!

スポンサードリンク


黒豆は、正式には黒大豆といいます。主にお正月の料理として
親しまれていますが、この黒豆、非常に豊富な栄養素と、体に
いい効果を発揮してくれることが分かってきて、注目を集めています。

ここでは、その黒豆の栄養素とともに、驚くべき効能、効果について
見ていきます。


1.黒豆の栄養価 栄養成分を徹底分析!


黒豆は大豆の仲間です。大豆というと大豆イソフラボンなど、
栄養が豊富といったことは、何となく耳にしたことがあると思います
が、黒豆には大豆と同等、さらにこの黒い皮の部分には、ポリフェノールの
一種である、アントシアニンが含まれていて、大豆以上の栄養が含まれているのです。
このほかには、ビタミンB1、B2、E、脂質ではレシチン、αリノレン酸、オレイン酸、フィチン酸、
糖質ではオリゴ糖、食物繊維、カルシウム、カリウム、リンなど、
大豆が「畑の肉」と呼ばれているように、非常に豊富な栄養成分が
含まれています。


2.黒豆の栄養価 その驚きの効果とは?


黒豆に含まれる非常に豊富な栄養素から、期待される効果は、
アントシアニン→活性酸素を除去し、血液をサラサラにする。
        肌のアンチエイジング効果
        脂肪吸収を抑える、ダイエット効果
        眼精疲労を改善し視力を改善する
イソフラボン →がんの増殖抑制
サボニン   →抗酸化作用、がん増殖抑制
ビタミン類  →細胞の活性化
        血圧低下、免疫機能の活性化
脂質のなかでもオレイン酸やフィチン酸には、がんのリスクとなる加酸化脂肪の抑制やがん抑制効果
が期待されます。
他にも、食物繊維は整腸作用や、大腸がん抑制作用、カルシウムは骨粗しょう症の緩和
などの効果が期待されます。


3.黒豆の栄養価 ついつい話したくなるウンチク


黒豆というと、お正月料理、おせち料理に入っているのを思い浮かべる
方が多いでしょう。
おせち料理に黒豆を入れる意味合いをご存知ですか?
黒という色には、魔よけの力があると古来より食されていました。
豆には、まめに働き、まめ(健康)に暮らせることを願って
食べられてきました。

黒豆にはその効果をアップさせる食べ合わせもあります。
美肌効果には、クコの実やジャガイモと一緒に
むくみ予防には、豚肉や枝豆などの豆類と一緒に
婦人病予防改善には、羊肉やベニバナと一緒に
冷え性予防には、黒砂糖、生姜、酢、ネギなどと一緒に
摂取するとより、その効果をアップさせることができるようです。



4.まとめ


黒豆というと、それを使った料理ではお正月のおせち料理として
使われる、煮豆程度した思い浮かばなかった方も多いでしょう。
しかし、その栄養価を見てみると、非常に豊富な栄養素が含まれていて、
おせち料理でしか食べないなんて、非常にもったいないことをしています。

これだけの豊富な栄養素を含んでいる黒豆、ぜひ、普段の食生活にも
取り入れて、ご自身の健康管理に役立ててください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ