喪中の寒中見舞い文例 状況別テンプレートのご紹介

スポンサードリンク


喪中期間に年賀状を受け取ったときに返信する寒中見舞いは終始お詫びのような文章が並んでいることはありませんか?また、先方が喪中なのに、どうしてもご挨拶だけはしたいけど、失礼のない文章が浮かばない方はいませんか?そんな方へ向けて、状況別の寒中見舞いテンプレートをご紹介します。来年の寒中見舞いに向けてぜひ参考にしてみてください。


1.テンプレート① 喪中欠礼ハガキを出さずに年賀状をいただいた場合


寒中お見舞い申し上げます
毎日寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
先日は、ご丁寧な年賀状をいただきましてありがとうございました。
○○ちゃんがとても大きくなっていて、月日の経つのはとても早いと感じております。
昨年○月、母(名前)が亡くなり、年末年始のご挨拶を控えさせていただきました。
ご連絡が遅れましたこと 深くお詫び申し上げます。
本年もどうぞ変わらぬお付き合いのほどをよろしくお願いします。

このテンプレートのポイントは、2つあります。

①いただいた年賀状について触れること・・・写真付きの場合は、先方のお子さんの成長に触れる、旅行中の写真が載っている場合は、その地の名物などについて触れてもよいと思います。

②年賀状を出していない件について触れること・・・毎年欠かさず年賀状をやり取りしている間柄であれば、なぜ年賀状を出していないのか分かりません。

そのため、年賀状を出さない理由を先に述べます。ですが、そのまま「欠礼ハガキを失念しました」と書いてはとても失礼です。そこで、伝えないつもりはなく、連絡が遅れてしまったことをお詫びします。


2.テンプレート② 喪中欠礼ハガキを出したが年賀状をいただいた場合


寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧な新年のご挨拶をいただきましてありがとうございました。
皆様がお健やかに新年を迎えられた様子を拝見してとても嬉しく思います。
喪中のため新年のご挨拶を控えさせていただきましたが、
本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いします。
寒い日が続きますが、皆さまお体を大切にお過ごしください。

このテンプレートのポイントは1つあります。

①喪中欠礼ハガキを出したことには触れない・・・ハガキを出した旨に触れても、気持ちがよくないだけです。ここではサッと喪中のため~と年賀状を出していない理由を述べる程度にしましょう。


3.テンプレート③ 先方が喪中なので、寒中見舞いでご挨拶したい場合


寒中お見舞い申し上げます。
服喪中とのことで、年始のご挨拶は控えさせていただきましたが、(名前)様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
昨年中は、色々とお世話になりましてありがとうございました。
私ども家族は何とか風邪などひかずに年始を迎えております。
厳寒の折から、皆さまどうぞご自愛ください。

このテンプレートのポイントは3つあります。

①服喪中であるがお見舞いを出す旨を記載
年賀状を出すのは失礼にあたりますが、寒中見舞いは失礼にあたりません。ですが、服喪中であることを忘れていない旨をお知らせすることで先方も勘違いをしていないと再確認することができます。

②先方を気遣う文章を入れる
いかがお過ごしでしょうか。と先方の様子をお伺いする文章がベストですが、故人も知人の場合は「(名前)様がご逝去なさって、皆さまにおかれましては寂しい毎日をお過ごしのこととお察しします」など、ご家族の寂しさを察した文章でもよいでしょう。

③自分の近況報告を入れる
寒中見舞いは本来、先方を気遣うものですが、こちらの近況も一文入れると、交流が広がります。


4.まとめ


喪中期間に年賀状を受け取る想定がない場合、急に対応しなければならず、困ってしまうことが多いです。ですが、年賀状を出さない理由を書いただけの寒中見舞いは読んでいてあまり気持ちのよいものではありません。来年はこのテンプレートを利用することで、気持ちの良いご挨拶ができるとよいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ