恵方巻きの起源 日本の歴史を紐解くと見えてくる現代ビジネスの姿とは?

スポンサードリンク


節分の日にその年の最もよい方角(恵方)を向いて、太巻きを食べると縁起がよいとされている風習です。毎年の恵方がニュースや新聞などにあるのを目にしている方もいるのではないでしょうか。ですが、この恵方巻、いつ・どこから始まった風習であるか知っていますか?そこで、恵方巻の起源をご紹介します。起源を知りながら太巻きを食べると、より親近感とやる気がアップしますね。


1.恵方巻きの起源 節分や豆まきとの関係って??


節分は、季節の節目を指し、この節目には邪気が入りやすいと古くからの言い伝えにあります。そこで、邪気の入りやすい時期に豆をまいて邪気を追い払い、恵方巻を食べて福を招くという風習がワンセットになったと言われています。恵方巻が太巻きとされるのは、「福を巻き込む」「縁を切らない」という縁起のよいイメージから来ているとされています。


2.恵方巻きの起源 日本の歴史を紐解いてみます


恵方巻きの起源は、江戸末期に大阪船場ののり問屋で商売繁盛を祈願するために始まった風習と言われています。その後、大阪府を中心とした西日本地区で「節分の日に恵方を向いて無言で太巻き1本を食べきるとその年は幸運に恵まれる」という噂が広まり、昭和の始めごろには西日本で恵方巻が慣習とされていました。


3.恵方巻きの起源 歴史から分かる現代ビジネスの姿とは?


昭和初期に西日本で広まった恵方巻は、現在、「節分の日は恵方巻」と、豆まきより中心的なイベントとなっています。この現象は、昭和64年、広島県内のセブンイレブンから始まったとされています。当時の店舗オーナーが、「大阪には恵方巻の風習があるのに、広島県にはないから」と、始めたのがきっかけです。そこで成功をおさめて全国に販売しようと、セブンイレブンが「恵方巻」と名付けて売り出しました。節分に太巻きを食べる風習は、セブンイレブンのプロモーション戦略によって全国へ広まったわけです。


4.まとめ


恵方巻きの起源は、諸説ありますが、最もメジャーな起源をご紹介しました。歴史を紐解いてみると、プロモーションの要素が強く感じられました。ですが、恵方巻は、太巻きを食べた後の食卓の話題に登ったり、事前準備でどんな巻寿司にしようかと話したりと家族の一大イベントとなっています。プロモーションだからとなげやりにせず、家族一緒に楽しめば、きっとその年の幸福が訪れます。ちなみに、2016年の恵方は南南東です。みんなで楽しく巻寿司を食べましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ