第95回全国高校サッカー 2017年注目選手と注目ポイントを丸裸に!

スポンサードリンク

第95全国高校サッカー選手権は2017年1月9日に決勝戦が行われます。

10月後半から11月前半にかけては各地区予選が行われており、
どの学校が都道府県代表に選ばれるか注目されています。

皆さんは、注目選手のチェックをしていますか?

どのチームが出場するかはもちろん、
未来のスターが誕生する全国高校サッカーでは個人の活躍も見所です。

そこで、すでに出場が決定したチームを中心に、
ポジション別に注目選手と見どころをご紹介します。


1.第95回全国高校サッカー 2017年注目選手と注目ポイント FW編


八矢 悠雅(ハチヤ ユウガ)選手
・高校:山形中央高(山形県代表)
・背番号:9
・身長:165cm
・体重:55kg

今年の山形中央は攻守共にバランスが良く、
新人大会・県高校総体・県リーグ一部と三冠達成した勢いのあるチームです。

さらに全国高校サッカー山形県大会の優勝を含めるとなんと四冠!

スピードのあるサッカーが特徴的なチームです。

中でもエースストライカーの八矢選手は165㎝と小柄な体格ですが、
「相手よりも早く動く」と身体を張ったプレーには定評があります。

また試合中は立ち位置の選択にこだわり、
頭脳プレーで体格差を埋める姿には思わず目を奪われます。

山形県大会の決勝戦でも優勝決定ゴールを決めるなど、
守備も攻撃力もピカイチです。


2.第95回全国高校サッカー 2017年注目選手と注目ポイント MF編


伊藤 岳歩(イトウ ガクホ)選手
・高校:秋田商高(秋田県代表)
・背番号:11
・身長:170cm
・体重:62kg

最も早く全国高校サッカーへの県代表切符を手に入れた秋田商高は、
通算42回目の全国大会出場と強豪チームです。

伊藤選手はもともと右利きですが、
トレーニングを積み重ね左足でも
ここ一番のシュートを試合で決められるほどの努力家です。

他にも中学時代には秋田の自宅から
岩手県のレノヴェンスオガサFCまで通ってサッカーの研鑽を積み、
高校進学は名門に憧れ見事秋田商高に入学しています。

モットーは「走るサッカー」ですが、
華麗なパスワークも強みです。

地区予選決勝では対戦した西目の厳しいプレッシャーをはね除け、
パスワークで繋いだボールを伊藤選手のゴールで2点目を獲得しています。

全国大会でも抜群のパスワークで走るサッカーを魅せてくれることでしょう。


3.第95回全国高校サッカー 2017年注目選手と注目ポイント DF・GK編


DF:石井 源 選手
・高校:旭川実業(北海道代表)
・背番号:3
・身長:181cm
・体重:80kg

旭川実業は攻守共に能動的なプレーをモットーとする
サッカースタイルのチームです。

北海道内の高校サッカー大会は三冠を達成し、
プレミアリーグで社会人チームと渡り合い、
確実に実力を上げているチームでもあります。

石井選手はディフェンダーの中でもセンターバックを担い、
守備ラインの中心を務めます。

どのようにチームを導くのかが見所です!


GK:長谷川 凌(ハセガワ リョウ)選手
・高校:市立船橋高(千葉県)
・背番号:1
・身長:188cm
・体重:67kg

千葉県代表選出は11月20日の予定ですが、
今年も強豪校市立船橋は勝ち上がってきています。

強豪校揃いの千葉県の代表がどの学校に決まるかはまだまだ先が楽しみですが、
GKで注目しておきたいのはこの市立船橋の長谷川選手です。

「最後まで諦めない」というGKにふさわしいガッツを持ち、
どんな大舞台でもきっちりとセーブする好セーブを連発する選手です。


4.まとめ


全国高校サッカー選手権大会の注目選手をご紹介しました。

テクニックや試合運びなども注目ですが、
皆さんの熱いサッカー魂が一番のみどころです。

寒さを吹き飛ばす熱さにぜひご注目ください。

また高校サッカーは強豪校でも連続出場できるわけではなく、
昨年の出場校が地区予選の途中で敗退する番狂わせの展開も見所です。

春の王者である京都橘も初戦で敗退しており、
いったいどのチームが全国大会への切符を手にするのか?
最後まで目が離せません!

「今年の代表校は○○県は○×高校じゃないかな?」と
自分で47都道府県代表予想図を作り、結果を待つのも楽しみの一つです。

2ヶ月間スポーツ速報を楽しみに、2
017年の決勝戦を待ちましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ