ニューイヤー駅伝2017の区間エントリー情報 選手を知れば楽しさ倍増!

スポンサードリンク

毎年、1月1日に開催されるニューイヤー駅伝、
今年も群馬県内で選手の力走が見られます。

ですが、今年の情報が何にもない。というあなたへ、
2017年第61回ニューイヤー駅伝の見どころと注目選手をご紹介します。


1.ニューイヤー駅伝2016 見どころはココ!


今年のニューイヤー駅伝の見どころは、全てなのですが、中でも特に注目するのは2区・4区・5区です。

2区8.3km→外国人選手の出走が認められているコースは、全7区間中最も短い距離なので、ハイスピード勝負になります。外国人選手の世界トップレベルの走
りが見られることも楽しみです。

4区22.0km→全7区間中、最も距離の長い区間のため、各チームのエースが走ります。ニューイヤー駅伝の勝負はこの区間の走りで大きく左右されることは間違いありません。

5区15.8km→今年の5区は、高低差があり、強い向かい風が吹く最も過酷な区間です。この5区もチームのエース級の選手が走ります。風とアップダウンに対応する力強い選手に注目です。

以上3つの区間を中心にレースを見ていくと、チームの勝敗が見えてきます。元日、選手の力走が楽しみです。


2.ニューイヤー駅伝2016の注目選手


来年出走予定の注目選手をご紹介します。注目はたくさんいますが、特に注目の選手が2選手います。

・設楽 悠太(したら ゆうた)選手(Honda)→2015年の実業団駅伝花の4区で区間新記録を出した設楽選手は、今年の予選会でも区間賞を獲得し、好調を維持しています。2016年実業団駅伝でも花の4区を走ること間違いなしです。快走を期待しましょう。

・矢野 圭吾(やの けいご)選手(日清食品グループ)→今年の東日本実業団駅伝4区で、新記録で区間賞をとった選手です。矢野選手は、東日本実業団駅伝6区の区間記録も持っています。


3.ニューイヤー駅伝2016の区間エントリー情報


2016年ニューイヤー駅伝の区間エントリーは、2015年12月31日(大会前日)に発表されます。予選会の成績でトップの選手は、花の4区を走る可能性が大きいです。また、チームの外国人選手は2区確定です。この2区間を中心として、予測してみてください。

◎予選会の結果情報サイト
第56回東日本実業団駅伝

http://www.hnj.gr.jp/ekiden_man-2015.html

第55回中部実業団駅伝・第45回北陸実業団駅伝

http://www.chubu-rikuren.jp/schedule/resultpdf/g0243.pdf

第58回関西実業団駅伝

http://www.kansai-itfa.com/kyougikai/2015/kansai-ekiden/kansai_ekiden-result.pdf

第54回中国実業団駅伝

http://www.enjoy.ne.jp/~chujitsu/51kiroku/frame4.htm

第52回九州実業団駅伝

http://www.kj-rikujo.com/result/

4.まとめ


元日は、自宅でのんびりする方が多いなか、寒空を走る選手の激走を見ていると、自分も思わず走りたくなります。「一年の計は元旦にあり」元旦朝9時15分群馬県庁をスタートします!みんな、テレビの前で応援しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ