年賀状一言文例 困ったらコレで間違いなし!のポイント集

スポンサードリンク

年賀状を作る上で迷うのがデザインと文章です。

文章に至っては、当たり障りのない文章で終えてしまい、
個性のない年賀状になってしまいませんか?

ですが、同じような文章を並べても、
気の利いた一言を添えると印象がグッと変わります。

そこで、年賀状の一言文例をご紹介します!

印刷した同じ年賀状に一言添えてみてくださいね。


1.年賀状一言文例 会社関係の場合のポイントと文例


会社関係の場合、送る相手が上司なのか、
会社の取引先なのかで少し文章が変わってきます。

上司へ送る場合は、丁寧な言葉を添えておくとよいでしょう。

・昨年は親身なご指導をいただき、ありがとうございました。
・今年は入社○年目、これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります。

この2つの例は、いずれも指導をいただいた感謝を書くと同時に、
自分のやる気も表しているので、受け取った上司も喜んでくれるはずです。

相手を持ち上げるメッセージが難しい場合は、
「今年は○○を目標に頑張りたいと思います。よろしくご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。」
という自分の新年の抱負を添えてもいいでしょう。

上司としては、部下が自分を信頼して
仕事に打ち込む意欲を見せてくれるのはうれしいものです。

取引先へ送る場合は、
昨年中のお礼と先方の発展を願う言葉を添えましょう。

・旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。

取引先の中でも親しい仲の場合は
具体的な内容を盛りこむとより親密度がアップします。

・昨年中は、ゴルフ・懇親会と楽しいひと時を過ごさせていただき、ありがとうございました。本年も、御社の益々の発展をお祈り申し上げます。

一言メッセージも重要ですが、
上司や会社の取引先に贈る年賀状は
必ず元旦に相手の手元に届くように手配することも重要です。

数が多くてなかなか年賀状に手をつけられない場合は、
絶対に遅れるわけにはいかない相手だけでも先に済ませてしまうのも手です。


2.年賀状一言文例 友人の場合のポイントと文例


友人へ送る場合は、砕けた内容かつ近況を盛り込むとよいです。

・昨年の飲み会、楽しかった~今年もたくさん行きましょう!
・なんだかあっという間の1年でした。○○ちゃんにとってはどんな一年でしたか?今年もお互いにとって実り多き1年になりますように。

会社関係での友人へ送る場合は、少し砕けても問題ありません。

・プロジェクト成功に向け、今年も助け合いつつ邁進しましょう。
・今年はお互いに飛躍の年にしたいですね。

この2文は、仕事でお互いに飛躍しよう!
と双方のことを書いています。

ポイントは「お互いに」です。
片方の立場だけでなく両方のことを書くことで、
話題にもなりコミュニケーションが生まれます。

また「昨年の○○には本当にまいったよ。今後こんな事がないことを願いたいね」というような、
受け取り方にとっては愚痴や不満にみえるメッセージは新年の挨拶にはふさわしくありません。

できるだけ前向きな、
明るい気持ちになれるようなメッセージにしましょう。

特に年賀状は、受取人の家族の目にも触れます。

第三者の目に触れても問題がない内容を吟味しましょう。


3.年賀状一言文例 親戚の場合のポイントと文例


親戚の場合は頻繁に会っていない可能性も多く、
近況報告を一言添えるとよいです。

・昨年中はわたしにとっても頑張りの1年でした。本年は○○へ引っ越す予定です。転居後はぜひ新居へ遊びにきてくださいね。
・昨年、新しい家族が増えました。本年はぜひ顔を見せにお伺いさせてくださいね。

上の2つの例はライフイベントがある場合ですが、
イベントがなくても問題ありません。

・昨年1年、健やかに楽しく過ごすことができました。○○さんはいかがでしたか?本年もお互いに健康に気を付けて楽しく過ごしましょう。
・去年の暮れに万歩計を購入しました!嬉しくって毎日のように出歩いています。今年は更に頑張って、○○さんのようにウォーキング大会に参加できるようになるのが目的です。○○さんの今年の目標はいかがでしょうか。また連絡をお待ちしております。

この文例のように健康に気を配ることで、
こちらの近況報告へも繋がります。


4.まとめ


毎年、印刷で終えている年賀状も、
手書きで一言添えてみると味わいが増します。

枚数が多い方は無理のない範囲から始めてみましょう。

翌年のコミュニケーションが増えて、
実りある1年になりますよ!

また、添える言葉は極力明るい内容の発言にしましょう。

前向きになる言葉を添えるだけで、
自分自身の気持ちも晴れやかになれちゃいます!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ