節分を英語で言えますか? 日本の伝統こそ英語で話してみよう!

スポンサードリンク


みなさん毎年、節分には豆まき行っていますか?節分料理は楽しんでいますか?子供の頃は家族総出で行った、学校や子供会で行ったなど、様々な経験をお持ちではないでしょうか。

あまりにも馴染みがありすぎて特に何の疑問も感じない方もいらっしゃるかと思いますが、そもそも節分は日本独自の文化になります。海外の方から見ると、馴染みのない新鮮な行事に映ります。どうせなら英語で説明できるようになっておきましょう。きっと、海外の方に喜ばれますよ。


1.そもそも節分に近い風習って海外にもあるの??


日本における節分とは、立春の直前を指します。立春を迎えると暦の上では春になります。つまり節分は冬の終わりを告げ、春の訪れを告げる季節の区分ということになります。伝統的にこの季節の変わり目に豆をまき縁起物を食べることで魔除けを行い、新春の健康を願う行事が行われてきました。

海外にも同じような習慣はあるのでしょうか。季節の変わり目を祝うイベントとしてはキリスト教圏における「イースター」(復活祭)が挙げられます。これは春の訪れを祝うヨーロッパの伝統行事と、キリストの死後の復活を祝う行事が合わさって出来たものです。中国では鬼を払う行事があり、日本に伝わり「追儺」と呼ばれる宮中行事になりました。この追儺は節分の原型とも言われているので、中国の行事は日本の節分のルーツとも言えます。

似たような行事はありますが、「節分」という行事は日本独特のものと言って良いでしょう。


2.節分を英語で言えますか? 日本の伝統こそ英語で話してみよう!


節分を英語で表現する場合は、どんな言い回しがあるのでしょうか。

・Traditional end of winter
・the last day of the winter

いずれも節分を「冬の終わり、春の始まりである季節の区分」という考え方で意訳した名称になります。
またおおまかに英語で節分を説明すると、以下のような内容になります。

「’Setsubun’ is a Japanese traditional festival.The most commonly performed ritual is the throwing of beans around one’s house and at temples.」
→「“節分”は日本の伝統的なお祭りです。最もよく行われる(節分の)儀式は豆を家庭や寺でまくことです。」

やはり日本の伝統的なお祭りであることを説明した方が、独自性を理解して貰いやすいでしょう。


3.節分を英語で言えますか? 合わせて覚えておきたい単語集


その他に、覚えておくと節分の説明に役立つ言い回しをいくつか集めてみたのでご覧下さい。

「鬼は外、福は内」
→Demons out, happiness in!

「厄払い」
→a service of exorcism
→drive out an evil spirit
→ drive away evil matter

「恵方巻き」
→ rolled sushi

基本的に鬼は「Demon」「evil」「evilspirit」と表現すれば間違いありません。


4.まとめ


節分は冬の終わりと春の予感を告げる日本の伝統行事です。季節の変わり目に魔除けを行い、新春を健康に過ごすべく祈りを込めて豆まきを行います。海外には季節の変わり目を祝う文化や、厄年の厄を祓う行事自体はありますが、日本の節分と同じような行事はありません。

英語で節分を表現する言い回しをいくつかご紹介しましたので、いつか海外の方と話す機会があれば活用して下さい。各国由来の伝統文化に関する行事は、海外から日本を訪れる海外の方には好評の話題です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ