節分レシピ 伝統と健康と美味しさ 3拍子そろったオススメはコレ!

スポンサードリンク


節分といえばすっかり「恵方巻き」のイメージがありますが、元々は一部の地域の習慣だった食材を、コンビニやスーパーが主体となって全国区レベルの知名度に育て上げたものであることはご存じの方も多いのではないでしょうか。

もちろん節分には恵方巻き以外の伝統的な食習慣が詰まっています。そこで今回は、節分にまつわるレシピをご紹介します。

一年の健康を祈願しつつ伝統を感じ、しかも美味しいと三拍子そろったレシピをご覧下さい。


1.節分レシピ まずは定番のおさらい


【恵方巻き・太巻き】
恵方巻きは自分で作る、という方も多いのではないでしょうか。作り方は巻きすの上に海苔を敷き、酢飯をのせて具材を並べ、端からぎゅっぎゅっときつめに巻いて出来上がりです。包丁で切らずに、今年の恵方を向いて無言で一本食べきるのがポイントなので、食べやすいように全形一枚の海苔を1/4サイズにカットして小さめに作ってもいいでしょう。具材は「七福神」にちなんで7種類用意しましょう。卵、かまぼこ、きゅうり、かんぴょう、椎茸の佃煮のほか牛そぼろ、桜でんぷ、サーモンやマグロなどが人気の具材です。

【炒り豆】
大豆や黒豆をフライパンで煎って食べます。昆布茶と梅干しを入れた湯飲みに炒り豆も入れると「福茶」といって縁起の良い飲み物になります。

【いわし料理】
焼くときに出る煙が魔除けの効果ありと考えられていますので、シンプルにロースターで焼くのが一番いいでしょう。


2.節分レシピ 伝統と健康と美味しさ 3拍子そろったオススメはコレ!


【黒豆ご飯】
恵方巻きは朝に食べた方が縁起が良いから、と朝食に出した場合、夕食の献立に困りませんか?そんなときにオススメしたいのがこの黒豆ご飯です。健康と美容効果の高い黒豆を使ってお米を炊くだけのお手軽さですが、しみじみと美味しいです。加えて余りがちな節分豆を当日中に使い切ってしまえるという特典付き。

通常の白米の代わりに出しても良いですが、おすすめしたいのはビーフストロガノフや鶏肉のクリーム煮込みなどの煮込み料理に添える方法です。豆は煮込み類と相性抜群です。

作り方は米一合に対して黒豆は1/4カップ用意します。それぞれ別々に洗い、黒豆は水気を切ってフライパンでから煎りします。そのまま炊飯器に米と黒豆を入れ、水1カップ、酒大さじ1,昆布茶小さじ1を加えて炊きます。


3.節分レシピ 激選!オススメクックパッドレシピ3選


【節分 飾り巻き /クロクマ39】
レシピID : 3296977
「具材を7種類も詰めるような恵方巻きなんて自分には無理」という方、見た目がよく味も万人向けするこちらの飾り巻きはいかがでしょうか。魚肉ソーセージを使って簡単に作れます。巻きすが自宅にない、という方はラップでも代用できます。

【節分のお豆で☆本当に簡単豆ご飯 /たんぽこ1976】
レシピID : 3021231
意外と余って困る「福豆」ですが、残り物には福がある、ということで余った大豆を使った豆ご飯はいかがでしょうか。全ての材料を計量したら炊飯器で炊くだけの簡単さです。しかも身体に良い食材を効率的に摂れます。

【節分にも♪イワシのピリ辛焼き / curisupin】
レシピID : 2988951
ピリ辛味の漬け汁で一晩マリネしたいわしを焼くだけのお手軽さですが、マンネリ化しがちないわし料理からは脱却した逸品に仕上がります。お酒のつまみにもってこいの味付けです。


4.まとめ


伝統的な節分料理から、定番食材を使用したアレンジ編までご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。スーパーで見かける限り節分の食卓と言えば「恵方巻き」一色ですが、意外と様々なレシピが展開できる日なんですね。

「ああ今日の献立は何にしよう」「毎日毎日献立を決めるのはめんどくさい」という人も、「トレンドは真っ先に我が家に取り込みたい」という方も、みんな楽しめる節分料理は食卓の心強い味方です。

今年の節分は、去年と違った一品を加えてみませんか?きっと喜ばれますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ