顔合わせの手土産 もう迷わない!選別のポイントと鉄板アイテムご紹介

スポンサードリンク


今から結婚をひかえているカップルの皆さん、おめでとうございます。とはいえいざ結婚、となると当人二人の問題では留まらず、お互いの親への報告や職場・友人への挨拶としなければならないことの多さに驚く人も多いのではないでしょうか。

しかし新たに家族を作るのですから、ひとつひとつ確実にクリアしていきたいものですよね。まずは最初に行う両家の顔合わせを和やかな場にしたいものです。まずは挨拶の印としての手土産をきちんと選びたいですが、実際何を持っていけばいいのでしょうか。

そこで今回は顔合わせの手土産に最適なアイテムをご紹介します。


1.顔合わせの手土産 押さえておくべきポイントはココだ!


そもそも顔合わせに手土産が必要かというと、必ずしも必須というわけではありません。ただし顔合わせの場所が新郎か新婦、どちらかの自宅の場合は手ぶらで訪問するのは失礼なので用意します。

しかし最近は自宅で顔合わせは行わず、料亭やレストランの個室を借りて食事会も兼ねた顔合わせを行うカップルがほとんどです。この場合はなくても構わないでしょう。ただし、片方は用意していたが片方は用意していなかった、となるとなんとなく気まずいですよね。ですから事前に当人同士で話し合って、手土産が不要の場合は双方の両親にきちんと伝えておきましょう。

挨拶の品を互いに贈りあうのは思い出になって素敵ですが、手土産を贈る場合は双方の金額に開きが出ないように調整しておきましょう。


2.顔合わせの手土産 鉄板アイテム 食べ物編


【地元の銘菓】
両家が別々の地方出身の場合は、お互いの挨拶の意味も含めて地元の銘菓を贈ります。会話のきっかけにもなりますし、もらった側も質問しやすくなりますよね。

和菓子にするか、洋菓子にするかは相手のご両親の好みを事前に確認しておきましょう。
自分の好みに考慮して手土産を選んでくれたと思うと、嬉しいものです。小さな気配りが好感度を上げます。

【縁起を担いだ食べ物】
昆布は「よろこぶ」にかけてお祝いの席には欠かせない食材です。かさばらず持ち運びもしやすいですから、手土産として最適です。


3.顔合わせの手土産 鉄板アイテム 飲み物編
【地元の名産品】
食べ物と同じで、各地方特有の飲み物は地元の人しか手に入らないものもあるので特別感がありオススメです。地酒や焼酎、地元産ワインなどのアルコール飲料は、事前に相手の両親がお酒を飲めるかどうか確認してから用意するようにしましょう。アルコール以外にも地元産のお茶や名産品を加工したジュースなども喜ばれます。

【相手の嗜好に合った飲み物】
珈琲豆や紅茶も、いくらあっても好きな人には困らないものなので喜ばれます。ただし珈琲派か紅茶派かは、事前に確認しておきましょう。
お茶の専門店「ルピシア」では「ウェディング」という名のフレーバーティーを取り扱っていますので、顔合わせにはぴったりです。お互いの出身地が近く、手土産に適した銘菓がかぶってしまう場合は珈琲や紅茶はいかがでしょうか。


4.まとめ


両家の顔合わせの席では、互いの両親同士で手土産を渡し合う場合があります。どちらか一方だけしか用意していなかった、となると気まずいので事前に手土産を用意するかどうかは新郎新婦が両親と話し合い、両家で足並みを揃えるようにしましょう。価格帯にも開きが出ないようにします。

顔合わせの席に人気の手土産は、やはり各家の地方名産品です。地元を代表する銘菓やお酒、フレッシュジュースが好まれます。また縁起物である昆布も人気の品です。お互いの両親の好みを事前にリサーチして、喜ばれそうなものを用意して下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ