年末挨拶のメール文 ビジネスで失礼なく差をつけるポイントはコレだ!

スポンサードリンク

年末ともなればやらなければならない事が山積みで、
ぼんやりしている暇はありませんよね!?

なんとか年内に片付けておくべき仕事を仕上げ一安心!
と一息つきたいところですが、ちょっと待ってください。

年末の挨拶、きちんとしましたか?

社内でお世話になった人、または取引先の担当者、
今年の感謝と来年の変わらぬお付き合いを挨拶で示すのは
社会人のマナーです。

ビジネスマナーとしては相手に直接会ってご挨拶するのが常識ですが、
対象が多かったり相手が忙しいとなかなかスケジュールが合わないものです。

「忙しくて人に会っている暇もなかった」という方は
メールでも構わないので挨拶しておきましょう!

そしてどうせなら、相手の心に響く一文を添えておきたいですよね。

そこで年末の挨拶、メール文で差をつけるポイントについてご紹介します。


1.年末挨拶 社内メール文で差をつけるポイント


社内に送る年末挨拶メールは、仕事納めの日に出すといいでしょう。

ただし文面だけはあらかじめ作っておいた方がバタバタせずに済みます。

せっかくの1年を締めくくる挨拶メールなのに、
誤字脱字があると悔しくて良い年越しが出来なさそうです。

推敲の余裕が出来るように
前もって作成しておくと慌てなくて済みます。

内容として抑えておくべきポイントは以下の通りです。

・今年1年の感謝の言葉
・今年1年の業務内容を簡潔にまとめた一文を添える

まずは1年の感謝を伝えましょう!

そしてその年、最も困難を極めたプロジェクトや
部署一同で成し遂げた営業成績などを振り返り、
感謝を伝えられるようにすると心に残ります。

「来年もこの人と仕事を頑張ろう」と
相手に思ってもらうような内容にすることがポイントです。


2.年末挨拶 上司宛メールで差をつけるポイント


上司にあてる年末挨拶メールは文面に相当悩みますが、
送らないわけにはいきません。

本来は直接会って挨拶をするのが礼儀ですが、
出張やその他の事情によって会えない場合はメールを送りましょう。

内容として抑えておきたいのは、

・今年1年の感謝の言葉
・来年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします
・メールで失礼しました、もしくは新年の顔合わせを楽しみにしています旨を文末につける

やはり直接会えなかった場合のフォローを入れておくと、
相手も「こういう事情だから仕方ない」と受け取ってくれます。

もちろんメールで宣言したとおり、
新年には改めて直接会って挨拶できるように段取りをつけておきましょう。

例文をご紹介しますので、参考にどうぞ。

「今年一年ありがとうございました。
日頃のご指導には深く感謝しております。
新年は教えて頂いたことを糧に、より一層の精進に励む所存です。
どうか来年もどうかご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
出張のため直接ご挨拶を申し上げられず申し訳ございません。
新年にお会いできることを楽しみにしています。
まずはメールにて失礼いたします。
良いお年をお迎え下さい。」


3.年末挨拶 取引先宛メールで差をつけるポイント


取引先への年末挨拶メールは、仕事納めの前に出すようにします。

内容として抑えておきたいのは

・今年1年の感謝の言葉
・年始年末の営業スケジュールについての告知

の2点です。

1年の感謝については年末の挨拶メールなので必ず入れているかと思いますが、
一番見落としがちなのは「年始年末の営業スケジュール」です。

取引先としても、
相手の仕事納めの日がいつか?
新年は何日から営業しているのか?
は最も確認しておきたいところですので忘れないようにしましょう!

メールの文例は以下のように作成するといいでしょう。
参考にして下さい。

「いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の営業担当○○でございます。
本年中は格別のご愛顧をいただき、誠にありがとうございます。
来年も何卒変わらぬご厚誼の程宜しくお願い申し上げます。
なお、当社の年末年始の営業スケジュールは以下の通りです。

年末年始休業期間
○○年○月○日~△△年△月△日

時節柄ご多忙とは思いますが、どうかお身体ご自愛下さいませ。
どうか良いお年をお過ごし下さい。」


4.まとめ 


直接相手に会うことが出来る場合は、
簡潔に「今年もお世話になりました。良いお年を。」の一言で十分ですが、
メールで年末の挨拶する場合は、
やはりビジネスメールのマナーを踏まえる必要があります。

ただの挨拶文では読み流されてしまいますので、
失礼のないように差をつけ相手に自分のメールを印象づけるためには
自分なりの一言を添えた方が良いでしょう。

社内や上司向けのメールはそれぞれに適した話題があるので
今回ご紹介した文例を是非参考にしてください!

取引先相手には、必要な情報をスマートにまとめた方が好印象です。
抜け漏れなく、かつ、簡潔にがポイントですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ