潮干狩り 持ち帰り方の計画が大切! 車、電車の注意点など

スポンサードリンク

潮干狩り
春から初夏には潮干狩り!

せっかく掘ったアサリは新鮮に美味しく持ち帰りたいですよね。
この時期は、だんだんと気温も高くなるので、
持ち帰り計画が特に重要です。

一日かけて掘ったアサリが台無しに・・・
なんてならないように、持ち帰りに向けたポイントと
調理の前の砂抜きついてご紹介致します!

1.潮干狩りであさりを持ち帰る時の注意点


~温度~
まず一番、気にしなければいけないのは温度。
温度が上がると貝が弱ったり死んでしまいます。

最適な温度は、20℃~25℃程度。

ベストな持ち帰り方法は、
保冷剤(氷)が直接貝に触れないように
濡れた新聞紙で包んで
保冷箱に入れましょう。

鮮度を保つには自然な冷やし方がよいのです。

~海水に入れて持ち帰る~
真水でアサリを洗うのは構いませんが、
真水に入れて持ち帰ってはいけません。
真水では砂をはかないばかりか貝が死んでしまいます。

海水を入れるか、水を切った状態で持ち帰りましょう。

~ザルなどで底上げをする~
海水を入れて持ち帰るとアサリが砂を吐きます。
せっかく吐いた砂をあさりがもう一度吸込んで
しまわないように底上げが大切です。

割り箸などで底上げしたり、ザルや網を使いましょう。

ザル


~持ち帰り前に潮干狩り場でやっておくとよいこと~
ここで無駄なものを省きとしっかり洗うと、
お家に帰ってからの下処理がとても楽になります。

・砂や小石、壊れた貝などは、潮干狩り場で落としましょう。
・水道水などの真水で、貝のぬめりを取り除きましょう
・真水を取り除くように、きちんと水を切るようにしましょう。

特に真水で洗うことで貝の表面に付いた菌(腸炎ビブリオ)などを
洗い流すことができ衛生的に効果があります。

2.潮干狩りの持ち帰りポイント 車編

車


~クーラーボックス~
車で行けるのであれば、かさ張る荷物の心配はいりません。
「クーラーボックス」での持ち帰りがオススメです。

クーラーボックス


特に車の場合、渋滞などで持ち帰り時間が長引く場合があるので
温度の上昇に注意をしましょう。

~海水の持ち帰り~
また、砂抜き用の海水を持ち帰るために
ペットボトルを用意して海水を持ち帰りましょう。
やはり環境が同じ水の方が砂を吐きやすいのです。

~でこぼこ道は要注意~
でこぼこの道での振動や揺れは適しません。
アサリが踊らされてしまい弱りだすこともあります。
また揺れていると口が開きませんので砂出しもできません。
なるべく平たんな道で帰るようにしましょう。

3.潮干狩りの持ち帰りポイント 電車編

電車の場合は、とにかくコンパクトに
他人に迷惑のかからないように帰りたいですね

電車


~軽い保冷バックで代用~
大きなクーラーボックスが厳しいという方は
「保冷バック」での持ち帰りをオススメします。
100円ショップなどでいろいろな大きさのものがあるため
事前に準備をしておきましょう。

電車

保冷バッグ


万が一、保冷バックを忘れた!という方は
必ず蓋が閉まる容器で持ち帰りましょう。

アサリが潮を吹いて・・水がこぼれて・・
車内がびしゃびしゃに・・
ということにならないように注意が必要です。

~海水の持ち帰りは?~
砂抜き用の海水を持ち帰れたらベストですが。
重くて厳しい・・という方は
お家で作った塩水でも砂抜きができます。
詳細は次項で要チェック。

4.持ち帰りしやすい潮干狩りオススメ場所

そこで持ち帰りしやすい潮干狩りの
オススメスポットのご紹介です。

~アクセスがよい~
まずは、なんとっいってもアクセスが良いこと。
時間の正確な電車で行けるスポットのご紹介です。

■横浜海の公園@神奈川

横浜海の公園へは、車と電車でどちらでも行くことができます。
嬉しいことに入場料も持ち帰り料も一切かかりません。

■葛西海浜公園@千葉

こちらも、車と電車でどちらでも行くことができます。
西なぎさと東なぎさがあり、
西なぎさの広い砂浜は家族連れでにぎわう場所で大人気。

~施設が充実している~
持ち帰り用の海水を用意してある潮干狩り場があります。
きれいな海水で砂抜きができれば安心ですよね
その方が衛生的ですので、汚い海水を持ち帰るよりはよいです。

■富津海岸@千葉
富津岬にあり房総で最も早く潮干狩りが始められます。
有料潮干狩り場では持ち帰り用の海水を用意しています。

■牛込海岸@千葉
きれいな海水を汲める蛇口が設置してあります。

※海水を持ち帰るためのペットボトルを忘れずに。

5.潮干狩りで採ったあさりの砂抜きをしよう!

無事にアサリを持ち帰れたら
いよいよ砂抜きです。
砂抜きのポイントをご紹介します。

~なるべく海水に近い水で~
アサリの砂抜きにはアサリを獲った所の海水が一番。
海水が持ち帰れない時は、3%の塩水を作り
アサリすれすれに入れましょう。
(目安は水1リットルに対して塩30グラム)

あまり濃くすると後の料理が塩辛くなるので要注意。
薄くてもアサリの呼吸が活発になりません。

~入れ物は底が平らなもの~
なるべく底が平らなもので砂抜きをしよう。
そしてあまりアサリを重ねないことが大事です。
たくさん重ねると上のアサリが吐いた砂を
下のアサリが吸ってしまいます。

砂抜き


~暗くて静かな場所で~
アサリは光の明るい暗いを見分けます。
もともとアサリは砂の中にいるのです。
明るかったり大きな音にはびっくりして
水管を引っ込めてしまい、砂を吐き出しずらくなります。
必ず蓋をして暗くして
静かな場所で行いましょう。

~温度と時間~
20℃前後で一時間以上は砂抜きをしましょう。
25度程度と水温が高いと体力を消耗し味が悪くなります。

~保存方法~

塩抜き後、すぐに調理しない方は冷蔵しましょう。
野菜室程度のマイルドな冷やし方が理想です。
濡れた新聞紙に包むとさらに効果的!

6.まとめ

潮干狩りの持ち帰り方法と砂抜きのポイントは
いかかでしたか?

持ち帰りの際は、
・温度
・真水には浸さないこと
・砂を吸い込まないよう底上げする
に注意をしましょう。

また持ち帰り前に潮干狩り場でやっておくとよいことも
お忘れなく。

電車でいくか車でいくかによっても
荷物や注意することが異なるので
行き方を決めたら、再度持ち物をチェックしましょう。

潮干狩りが楽しい季節は
日差しも厳しくなってきています。
熱中症対策も忘れずに!
 ⇒熱中症対策用の飴 効果を徹底検証! 人気ランキングあり!
 ⇒ネッククーラーの作り方 オシャレで熱中症にも効果抜群! 子供用にも!

行き方選びの際は、持ち帰りがしやすい
アクセスや施設の充実度も
しっかり確認しましょう。

そして最後の塩抜き。
アサリが砂を吐けるように
温度や暗さ、入れ物には気を使いましょう。

おいしく味わうためにも、手間を惜しまず
最後の仕上げもバッチリ行いましょう。

あとは・・おいしいアサリ料理が待っています♪

アサリ料理







スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ