免許更新の視力検査直前メモ 気になる合格ラインなど情報満載!

スポンサードリンク


数年に一度の車の免許更新、ただでさえ億劫なのに視力が悪い人にとっては「視力検査で不合格になったらどうしよう」と心配になりますよね。もしも不合格になったら車の免許、失効しちゃうんでしょうか。「いっそ眼鏡を新調するか」と思い立ったところで、合格ラインがどれくらいなのか分からないと困りものです。眼鏡を新調したのにそれでも不合格だった、となると悲しくなります。

そこで今回は免許更新の視力検査に不安を感じる全ての人の疑問にお答えすべく、検査方法から合格ライン、コンタクトレンズについてまで解説します。


1.免許更新の視力検査 検査方法と雰囲気をおさらい!


免許更新の際、必ず行われるのが「適性検査」です。視力や聴力・色彩認識能力など、運転する際に必要不可欠な能力が備わっているかどうかをチェックされます。
視力の検査方法はみなさんおなじみの「ランドルト環」を使用した検眼表です。「C」の形をした模様の、どの方向が切れているか言い当てるアレですね。検査官が5個指し示した内、3つ正解すると視力が確定します。

基本的に免許更新センターはどの時間帯に行っても混んでいますので、視力検査もそこまで本腰を入れてがっつりやる!という雰囲気ではありません。流され作業の一環という雰囲気ですので緊張せず受けて下さい。


2.免許更新の視力検査直前メモ 気になる合格ラインはココだ!


気になる視力検査の合格ラインですが、免許の種類毎に基準は異なります。警察庁が定める基準は以下の通りです。

【普通第一種免許、中型第一種免許(8t限定中型)、二輪免許、大型特殊免許】
両眼で0.7以上(片眼では0.3以上)
片眼の視力が0.3以下あるいは片方しか目が見えない場合は、もう片方の眼が左右150度以上の視野、0.7度以上であること

【原付免許、小型特殊免許】
両眼で0.5以上
片方しか目が見えない場合は、もう片方の眼が左右150度以上の視野、0.5度以上であること

【大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)やけん引免許、第二種免許】
両眼で0.8以上(片眼では0.5以上)
以上の条件加えて深視力三桿法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2㎝以内であること


3.免許更新の視力検査 コンタクトはOK?不合格になったら・・・?


運転免許証をよく見ると、「運転の条件等」という欄があります。普段から眼鏡をかけている人が持っている運転免許証には「眼鏡等」の記載があります。コンタクトレンズも眼鏡の一種と見なされますので、コンタクトレンズをつけて視力検査を受けても問題ありません。「眼鏡等」の記載があるのに眼鏡をかけずに視力検査に挑もうとすると、必ず検査官に「コンタクトレンズですか?」と聞かれますので「はい」と返事するだけで大丈夫です。

ちなみに視力検査で不合格になったからといって、即座に運転免許停止処分にはなりません。当日か別の日に再検査が行われ、そちらに合格すると通常通り免許は更新されます。ただし再検査は免許更新期限内に済ませなければ失効になるので注意しましょう。


4.まとめ


視力検査は誰もが一度は受けた経験のある検眼表を使って行われますので、安心して受けて下さい。合格ラインについては更新する免許証によって異なりますが、一般的な自家用車を運転する場合は両眼の視力が0.7以上あれば安心です。特殊車両を運転する場合は視力検査に加えて深視力も測定します。
コンタクトレンズをつけて視力検査を受けることも可能なので、検査官に自分から「コンタクトレンズをはめています。」と申告しておくとスムーズに視力検査が終わります。

視力検査に不合格でも、再検査に合格すれば問題ありません。しかし更新期限内に再検査に受からなければ免許が失効しますので注意して下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ