葛根湯の効果と効き目 風邪だけじゃない?でも副作用に注意??

スポンサードリンク


だんだんと寒くなり、乾燥も気になってくる冬の時期。いくら注意しているつもりでも、
風邪をひいてしまう人もいるでしょう。そんな風邪の時に効く薬としてよく耳にする「葛根湯」
薬の服用に抵抗がある方も、葛根湯なら漢方薬だし、いいかな?と服用したことがある人も
いると思います。

しかし、せっかく葛根湯を飲んでも効果がなかったという方もいるようです。
ここでは、葛根湯の正しい知識と効能、服用の仕方など、葛根湯ついて詳しくみてみましょう。



1.葛根湯とは?その効果と効き目


葛根湯とは風邪の治療薬として有名な漢方薬です。その主成分は葛根と呼ばれるくずの根で、
他には生姜、桂枝、甘草などの生薬が入っています。この生薬が体を温め、血行を
よくして発汗を促し、風邪を治すのが葛根湯の主な効能となります。

ですから、葛根湯を服用する際はそのタイミングが重要です。

寒気がしたり、頭痛や筋肉の痛みがあるなど、風邪の初期症状がみられる時に服用すると
その効果を発揮します。したがって、すでに熱が上がってしまっている人や、汗のかきやすい人にはその効果は
低くなってしまうようです。

また漢方薬は通常の薬と違い、食後ではなく食間や食前などの空腹時の服用するほうが、
吸収されやすく、効果的に作用してくれます。
また、水で服用するよりも白湯や、漢方薬本来の飲み方として、お湯にとかして飲むとさらに効果的です。


2.葛根湯の効果 有効なのは風邪だけじゃない?


風邪薬として有名なこの葛根湯。しかしその効果は風邪だけではありません。
葛根湯は体をあたため、血行をよくする効果や、鎮静効果もあることから、肩こり
や腰痛、筋肉痛や頭痛にも効果がみられるようです。

葛根湯の薬効には頭痛、腹痛、鼻炎、関節炎、結膜炎、神経痛となっていて、
一種の万能薬ともいえます。その効果の高さから、葛根湯医者という、来る人みんなに葛根湯を進め、付き添いの人にまで
葛根湯を進めた医者がいたという江戸時代の落語噺もあるほどです。


3.葛根湯 副作用とかは大丈夫??


漢方薬は副作用はないといったイメージを持っている方もいるようですが、多少は
副作用もあるようです。

葛根湯の副作用としては、・胃の不快感や食欲不振、・吐き気を感じる人がいるようです。
他には動機、不眠、発汗過多、肝障害、といったものも挙げられます。
また配合されている生薬である甘草の大量服用により、むくみが生じたり、血圧が上がってくる「偽アルドステロン症」と呼ばれる
症状が出る方もいるようです。


副作用は基本的に少ないようですが、どの薬にも言えることですが、
持病のある方や、服用後、なにか変化を感じた方は医師への相談が必要です。


4.まとめ


風邪薬として有名な葛根湯ですが、正しい知識を知らなかった方も多いかもしれません。
風邪のひきはじめにに効果を発揮してくれる葛根湯。さらにその効果を引き出すためには
飲み方、飲むタイミングもとても重要です。

漢方薬は副作用が少ないといわれますが、薬を服用することに変わりありません。
万能薬と言われたほど、薬効の高い葛根湯なので、他の薬との飲み合わせなど注意も必要です。
正しい知識をもって、服用し、葛根湯の効能を活用することが重要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ