ノロウイルスは空気感染する?しない? その感染力に迫る!

スポンサードリンク


気温が低くなり、乾燥してくる冬の季節には、インフルエンザをはじめとする様々な
病気が流行してきます。その中でも対処しにくく、また集団感染しやすいもの
の一つにノロウィルスがあります。

抵抗力が弱い小さなお子様やご年配のご家族がいる方はとくに心配な病気のうちの一つに
挙げられるでしょう。

正しい知識を身につけ、その予防法、感染時の対処法などを理解しておきましょう。


1.ノロウイルスの基礎知識


ノロウィルスは年間を通して発生しますが、特に冬場に多く発生し、12月から1月あたりに
その流行のピークを迎えます。

原因とされる食品は、ノロウィルスに感染されたカキなどを含む2枚貝がよくあげられますが、
直接の汚染食品の摂取以外にも、感染者の便、嘔吐物からの二次感染や、感染者が手洗い等が不十分なまま
食品の調理などを行って、多数の集団感染が起こることもあります。

ノロウィルスに感染してしまうと、24~48時間ほどの潜伏期間のあと、風邪のような軽い症状で済む人や
発熱や嘔吐、腹痛、下痢といった症状がおこり、人によって違いますが、1~3日でその症状は治まってきます。




2.ノロウイルスの感染力を徹底解説!


ノロウィルスの特徴はその感染力の強さがあげられます。
わずか10~100個という数でも感染し、またその増殖力も強く、1日程度の潜伏期間後、嘔吐物に含まれる
ウィルスの数は約1万~10万個/gにまで増加してしまいます。
またノロウィルスは多数の型があるので、1度かかったからといって安心できるものでもなく、免疫もつきにくい
と言われています。

殺菌にはよくアルコール消毒が言われますが、このノロウィルスはアルコールにも強く、また乾燥や高温(85~90℃以上で1分以上
加熱する必要がある)にも耐えられます。
また予防するためのワクチンや、治療薬もなく、感染してしまった場合は痛み止めや整腸剤、脱水症状の予防などの
対処療法しかありません。

有効な治療薬はありませんが、感染予防としては、嘔吐物、吐しゃ物には直接触れないようにする、
調理の際は十分に加熱処理をする、トイレの後、食事の前には十分な手洗いを行うといったことがあげられます。


3.ノロウイルスは空気感染する?しない?


感染力の強いノロウィルスは空気感染もするのではないかと、不安に思う方も多いと思います。
ノロウィルスはとても小さなウィルスなので、周囲に飛散する可能性はありますが、感染した
人の腸管内でのみ増殖するので、ノロウィルスに感染した患者の呼気から空気中に排出されることは
なく、この点では空気感染する可能性は低いといえます。

しかし、ノロウィルスの患者の嘔吐物等の処理が不十分だった場合、そのまま乾燥し、強風や室内の
空調を介して舞い上がり、それを吸い込んでしまい感染するということがあります。
ですから、ノロウィルス患者の咳等による飛沫感染という可能性は低いですが、上記のように、
嘔吐物処理が不十分であった場合、ノロウィルスの「空気感染」が起こる可能性は高くなります。



4.まとめ


非常に感染力の強い、このノロウィルス。現在は直接的な治療薬がないため、感染した時を
考えると非常に心配ですが、予防法をしっかりと理解し、大切なのはその感染源に近づかない、
寄せ付けないように注意することです。

ノロウィルスはその感染力の強さから、感染している人からの二次感染により感染が拡大する
ことが多くあります。

もし自分が感染してしまった場合でも、正しい処置方法を理解していれば、その感染を拡大させないように
注意し、予防することが可能となるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ