ドイツ村イルミネーション2015 見所はココ! おすすめアクセス情報あり!

スポンサードリンク


千葉県の袖ヶ浦市にあるテーマパークである東京ドイツ村。
敷地面積27万坪、東京ドーム約19個分に相当する広大な敷地に、
四季折々の花が咲くフラワーガーデンや、観覧車などの
12のアトラクションなど、色々な施設がそろっていて
カップルから家族連れなど、幅広い層に人気のスポットです。

この東京ドイツ村で注目のイベントが冬の時期に行われるイルミネーション。
2012年に関東3大イルミネーションの一つに指定されたほどです。

このドイツ村のイルミネーション、注目のポイントをまとめてみました。


1.ドイツ村イルミネーションの見所とオススメポット


見どころはやはり、この広大な敷地に施されたイルミネーション。
約200万個ほどのLEDが使用されるそうです。
また、関東3大イルミネーションとは、夜景の知識や目利きのプロである
夜景鑑定士たちが選んだ絶景のイルミネーションなので、
その美しさ、豪華さはお墨付き。

広大な広さなため、歩いてはちょっと、、、とか、きれいでもやっぱり寒いし、、、
という方にも安心。自分の車で移動しながら観覧が可能です。
またドイツ村には観覧車もあるので、地上からではなく、観覧車から見る
イルミネーションもまた違った雰囲気が味わえおすすめです。

また他ではなかなか見ることができないトリックアートを使った3D
のイルミネーションも見ものです。


2.ドイツ村イルミネーションの期間と混雑状況

そんな注目のドイツ村のイルミネーション、今年は11月7日(土)~3月31日(木)
の期間に行われ、点灯時間は16:00~20:00までとなっています。

ドイツ村のイルミネーション、人気のため混雑は避けられないかもしれませんが、
比較的混みにくい時期をチェックしてみましょう。

イルミネーションの期間は11月7日(土)~3月31日(木)。
このうち、12月ごろはクリスマスなどもあるため、混雑は必至です。
年末年始も冬休みと重なり、やはり混雑が予想されるでしょう。
また2月にはバレンタインデーもあるため、デートを楽しむカップルで混みそうです。
これらの日程を避けた、イルミネーション開催初期の11月中や、冬休み明け
の1月中旬から2月初めあたりがねらい目です。


3.ドイツ村イルミネーションのおすすめアクセス方法

ドイツ村へアクセス方法は、車の場合は
館山自動車道、姉ヶ崎袖ヶ浦ICから約3キロ圏央道木更津東ICから約6キロ
となっています。
また、電車の場合はJR内房線、姉ヶ崎駅、袖ヶ浦駅からタクシーで約20分、
久留里線、東横田駅からはタクシーで5分ほどでつきます。

駐車場は3000台ほどが駐車可能ですが、ライトアップの時刻を過ぎると
混雑が予想されるので、午後3時くらいまでに来園するのがいいでしょう。
また、午後3時以降は車1台につき、定額料金で入場できるので、お得ですよ。

他にも浜松町や蒲田などから出発するはとバスツアーもあるので
そちらを利用するのも便利ですね。


4.まとめ 


イルミネーションの開催時期、多い年では60万人もの来場者が訪れる
という東京ドイツ村。
去年イルミネーションは見たしという人も、毎年テーマが違うので
何度行っても楽しめること間違いなし。
また毎年イルミネーションの期間中に、期間限定で花火の打ち上げもあります。

寒さで澄み切った空に打ちあがる花火とイルミネーションのコントラストは
とてもきれいです。
東京ドイツ村のイルミネーション、一度も見たことがないというかたは
今年こそぜひ!必見ですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ