しめ縄の作り方 手作りで簡単に出来る方法ご紹介

スポンサードリンク

お正月の恒例行事というと、どんなものが浮かびますか?
年越しそばや、お年玉、年賀状など様々ですが、お正月飾りもその一つ。
しかし、最近は飾らないご家庭もあるかもしれません。

しめ縄には、周囲のけがれを断つ、神聖な場所に飾るもので、神域と現世
を隔てる結界という意味があります。

新年に外から邪気や災いが入りこまないように玄関、床の間、台所
などに飾るのです。

そのしめ縄、かざっているところはよく目にしますが、
いったいどうやって作っているのでしょうか?


1.しめ縄の作り方 神社ではこうしてるんです


よく目にする、神社に飾られている大しめ縄。
これはどうやって作るのでしょうか?

最初に行うのは「藁選り(わらすぐり)」です。
きれいな茎の藁を櫛のような道具で選別します。

選別された藁はお湯をかけたり、
石と木づちでたたいたりして柔らかくし、
編みやすくしていきます。

そして大人数の人で藁によりをかけて巻き込みながら少しずつ継ぎ足し、
藁の量を増やしていき完成です。

豆知識として通常縄は右巻きで巻きますが、
しめ縄のような神様にかかわる神聖なものは左巻きで巻きます。

またなぜ藁を使用するかというと、
「今年の収穫に感謝し、来年の豊作を神様に祈願するため」です。

神社で使用されている藁がその土地で収穫された米の藁から使用されるのは、
こういった願いがこめられているからですね。


2.しめ縄の作り方 手作りで簡単に出来る方法 本格版


せっかくの年の初めの正月飾り、藁から本格的に手作りしてみましょう。
しめ縄づくりに肝心な藁の調達。いったいどこにあるの?と思うかもしれませんが、
ホームセンターや、通販でも購入可能です。

藁が手に入ったら、早速しめ縄づくりの開始です。
最初の工程は神社と同じ。藁を湿らせておきます。

そして、木づちなどでたたいて柔らかくします。
その藁を20~30本の束にして端を輪ゴムなどでとめたものを3つ作ります。

まず一束目を左巻きでねじあげていき、二束目も同様にねじあげていきます。
この2本を合わせて左巻きで編み上げます。

そして、三束目、同じようにねじあげておいたものを先ほどの二束合わせたもの
に左巻きで編み上げ、端をしっかりと固定して、輪っかにして結べば完成です。

藁は扱いにくいという方は、
藁に似ていてカラーも豊富に揃っている「ラフィア」はいかがでしょうか?

帽子やバッグを編むのに使用される素材で、
手芸用品店やホームセンタ-、インターネットで手軽に手に入れることができます。

植物由来の素材なので藁に似た質感がありながら、
藁より格安なのも初心者向けです。


3.しめ縄の作り方 手作りで簡単に出来る方法 お手軽版


しめ縄が手作りで?と興味があるけど、
藁から手配するのはちょっと。。。という方には、
しめ縄も通販などで購入可能です。

直線状の形のものがあるので、自分で好きな大きさの輪を作り、
水引や松の葉、椿などの花を自分の好みで配置するだけで、オリジナルの
すてきなしめ縄が簡単に完成します。

飾りは縁起を優先させるなら
「夫婦円満・潔白」を象徴する裏白、
「長寿」を象徴するエビ、
「子孫の繁栄」を象徴する橙
が定番です。

お正月の華やかさやめでたさを表現したければ、
牡丹やダリア・薔薇などの大輪の花をいくつか、
季節を示す梅の花や椿を飾るといいでしょう。

生花も素敵ですが、手入れが大変なので
松の内の間飾りを維持したい場合は造花が無難です。

扇なども新春らしいめでたい縁起物ですが、
ガーリーに仕上げるのであれば鳥の飾りをつけるのもおすすめです。

正月らしい紅白の色でまとめたり、
パステルカラーでまとめたり、
緑×紫のシックな色合いでまとめるなど、
テーマを統一して飾りをつけると一体感が出てキレイです。

もっと簡単に済ませるなら、すでに完成している既製品のしめ縄を購入してきて、
ちょっと物足りないな?と感じる部分にグルーガンなどを使って、
飾りをチョイ足し!

これだけでも、他にはないオリジナルなしめ縄になりますよ!


4.まとめ


自分で手作りするなんて発想がなかったしめ縄も、
結構間単に自宅でDIYが可能なんです!

普段は既製品の購入で済ませていた方も、飾ったことがない方も、
ちょっとの時間で簡単にできるしめ縄。

今年はぜひチャレンジしてみませんか?

お子様と一緒にしめ縄の意味を理解しながら作ってみるのも
なかなか楽しいですよ!

手作りの正月飾りなら、新年から気分も運気もあがりそうですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ