年賀状一言添え書き もう悩まない!鉄板文例はコレだ!

スポンサードリンク


年が明けてお正月、最初に届く年賀状を
楽しみにしている人は多いことでしょう。

自分も早く書かなければと思いつつ、
なんとなく年の瀬の慌ただしさにかまけて
先延ばしにしてしまったり。

今年はしっかりと元日に年賀状を届ける!
悩む前に文章のポイントをご紹介します!


年賀状一言添え書き もう悩まない!鉄板文例とポイント紹介


まず、最初に賀詞を選びましょう。

賀詞とは「謹賀新年」「賀正」「明けましておめでとう」など
年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉のことです。

会社の上司や恩師など、目上の人の場合には
「寿」「賀正」「頌春」といった、
一、二文字の賀詞は避けるのが賢明です。

「謹賀新年」「明けましておめでとうございます」
「謹んで新年の喜びを申し上げます」といった、
かしこまった賀詞を選びましょう。

誰にでも無難なのは「明けましておめでとうございます」
または英語で「A HAPPY NEW YEAR」といったところです。
スペースやレイアウトとの兼ね合いも合わせて考えましょう。


年賀状一言添え書き 鉄板文例はコレ!友人編


親しい友人に送る場合は、
堅苦しい決まりごとに深く悩む必要はないでしょう。

一年を振り返って思い出を書いたり、
普段伝えられないことを改めて伝えたり。

思うがままに、ありのままを書けば
一年をともに喜んですごすことができるでしょう。

「旧年中は大変お世話になりました。
 ○○への旅行、楽しかったね。
 今年も一緒に旅行行きたいな。
 今年もよろしく」


年賀状一言添え書き 鉄板文例はコレ!上司編


気の置けない友人ならさておき、
仕事上でもお世話になっている上司となると、
年賀状にも多少の気遣いが必要になってきます。

とはいえ、基本はそんなに難しいことではありません。
目上の人に対する敬意をしっかりと表現することです。

文字数の少ない賀詞は、言うなれば略式。
お世話になっている目上の人には、
略式で「済ませる」ことはせず正対して祝意を述べましょう。

「旧年中は大変お世話になり、
 誠にありがとうございました。
 本年もご期待に添えるよう精進いたす所存です。
 昨年同様ご指導の程をお願い申し上げます。」


年賀状一言添え書き 鉄板文例はコレ!恩師編


学生時代の恩師と定期的に顔を合わせる人は
めったにいないのではないでしょうか。

そんな人への年賀状の文例は、
近況報告を中心にするとよいでしょう。
教え子の近況は気になるものだったりします。

「お変わりなくご壮健の事とお慶び申し上げます。
 昨年は○○部へと異動し、
 ますます忙しい日々を送っております。
 新しい年がすばらしい年でありますよう
 心からお祈り申し上げます」


まとめ


そんなわけで、文例をいくつか見てきましたが
それほど真剣に思い悩む必要はないと思います。

丁寧に挨拶したいという気持ちを伝えることが
一番大切なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ