年賀状一言 これで安心!親戚への文例

スポンサードリンク


年の瀬になると気になるのが年賀状のこと。
毎年のように慌ただしく書いている人も
多いのではないでしょうか。

特に親戚に年賀状を送るときは
何を書けばいいのか気になってしまいますね。


年賀状一言 親戚に送るときの失敗しないポイントとは?


もともと新年のあいさつは、
直接出向いて伝えるものでした。

しかしお正月の晴れ着で遠出するのは難しいので、
略式の書面で挨拶をするようになったのです。
あくまで「失礼ながら」のものだったんですね。

ですから、親戚に送る年賀状は、
「本来ならば直接出向くべきですが」という気持ちを込めて
しっかりと普段からの謝意を伝えるものと言えるでしょう。

一方で、たまに顔を合わせる親戚であれば、
わざわざ改まる必要はないと考えている人も
増えているのかもしれませんね。

そんなわけで、今日は親戚あての年賀状の文例を
2テーマからご紹介します。


年賀状一言 これで安心!親戚への文例 健康は万人の関心事


年齢を重ねていけば、人間も機械も
あちらこちらに不具合が出てくるものです。

健康の話は誰にとっても関心事なのですね。

ちょっとした健康のコツなどを織り込んで、
こんな年賀状はどうでしょうか?

「明けましておめでとうございます。
 最近お体の調子はいかがですか?
 最近、楽しんで散歩をするようになりました。
 朝のさわやかな空気を味わうのが今の楽しみです。
 本年も益々のご健康をお祈り申し上げます」


年賀状一言 これで安心!親戚への文例 結婚関係は鉄板です


健康と並んで誰もが持っているのが家庭の悩みですよね。
それでも、家庭がきちんと回っていることが
何よりの幸せだったりするのです。

新しい年の始まりにそのことを思い出す、
こんな文面はいかがでしょうか?

「明けましておめでとうございます。
 家族ともども旧年中はお世話になりました。
 今年は家内安全を目標として
 大切な家族に「大切だ」と伝えられる
 一年にしたいと思っています。
 本年もよろしくお願い申し上げます」


まとめ


いかがでしたか?
ちょっとしたコツを見てきましたが、
受け取る相手の状況も考えながらアレンジしていけば
きっとあなたらしい年賀状になりますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ