年越しそばの意味って? おいしさ倍増の豆知識

スポンサードリンク


1年が終わる大みそかの日、食卓を囲んで
年越しそばを食べる人は多いでしょう。
でも、なぜ大みそかにそばなのでしょうか?

今日はそんな年越しそばの由来についてです。


年越しそばの意味って? おいしさ倍増の豆知識


なぜ年越しそばを食べるようになったのか、
人によっていろいろな説が唱えられます。

そばのように「細く長い」人生を送りたいという願いを込めて。

そばの団子で金箔の粉を集めたことにちなんで、
1年お金がざくざく集まりますようにと願って。

そばを食べると健康になると信じられていたため、
あくる年も健康に過ごしたいという願いから。

大きくはこんなところでしょうか。

しかし何事も、理屈だけでは人はなかなか動いてくれません。
それが根付くのには、たぶんもっと具体的な由来が
あったのではないかとも思えてしまいます。


年越しそばの意味って? その由来に迫る!


年越しそばの風習は、江戸時代にさかのぼります。

意外に新しいと思われたかもしれませんね。

実は江戸時代より前には、そばは今のように
「そば切り(麺)」として食べられていなかったのです。
今でいう「そばがき」、団子状にこねて食べていたのですね。

そば切りの最初は「もりそば」が一般的でした。
しかし、茹でたそばをそのままにしておくと
くっついて食べづらくなってしまいます。
そんなそばは「もり」では食べにくいため、
温かいつゆをかけてほぐして食べる「かけそば」が登場しました。

江戸時代の商家では、大みそかは1年でたまった
「つけ」を回収する忙しい日でした。
この「忙しい日」に食べるごはんとして
たっぷりの茹で置かれたそばにつゆをぶっかけるだけで
めいめいが空いた時間にざくざく食べられる
かけそばが重宝したのではないでしょうか。

この商家の習慣が一般に広まっていったのが
年越しそばの始まりなのかもしれません

ちなみに江戸の町で「そばは健康に良い」と
信じられていたのは事実です。
江戸の町では白米しか流通していませんでしたから
(運んでから精米するより、精米してから運ぶ方が分がいいですから)
ビタミンB1が不足し「脚気」に悩む人が多かったのです。

ビタミンB1をたっぷり含むそばは、
江戸の町人を脚気から救うヒーローだったのですね。


年越しそば その意味を踏まえたおすすめ食べ方はコレ!


年越しそばのきっかけが江戸時代の商家だったとすれば、
当時の風習にあやかって「かけそば」でいくのもアリですが、
今となっては縁起ものですから
ちょっと豪華に行きたいところですね。

天ぷらそばはやはり一番人気です。
だしを吸ってふやける分厚い衣と、油玉の浮いたつゆとを
もろもろっと一気に吸い込むのは至高のうまさです。

寒い時期ですから、鴨南蛮もおいしいですね。
「南蛮そば」とは「ねぎ入り」という意味です。
ねぎといっても刻みねぎではなく、
数センチの筒状に切って香ばしく焦げ目をつけたもの。
鴨の油とねぎの相性の良さは言うまでもありません。

大みそかにゆったりとそばを食べる時間があれば、
「もり」のスタイルでも全く問題はありません。

「天せいろ」「鴨せいろ」など、具はおなじでも
濃く温かいつゆで冷たいそばを食べる
「せいろそば」は通好みのおススメです。


まとめ


年越しそばの由来、大胆に推理してみましたがいかがでしょうか?
今となっては食べ方に決まりはありません。
お好きなスタイルで楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ