ロケットストーブの作り方 原理と構造から徹底解説

スポンサードリンク


木枯らしが吹く中を歩いていると、
ついつい焚き火が恋しくなってしまいますね。
炎が燃えるのを見ると心が落ち着くという人も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今年の冬はさらに強力な
ロケットストーブに挑戦してみませんか?


ロケットストーブの作り方 原理と構造を解説!


ロケットストーブというものを聞きなれない人でも
薪ストーブなら聞いたことがあるかもしれませんね。
かつて西洋で使われていた暖炉のように
屋内で薪を燃やしてその熱を利用する暖房器具です。

鋳鉄で覆われた燃室で薪を燃やし、
パイプを通して屋外に排気するので
部屋中が灰や煤まみれ、ということはありません。

しかし、この薪ストーブよりも
さらに効率よく熱を取り出せるようにしたのが
ロケットストーブなのです。

原理もそれほど難しくありません。

L字型に曲げたパイプの水平部分で焚き付けを燃やします。
すると、起きた熱によって上向きの上昇気流が起きます。
この気流によって焚き付けから出た可燃性ガスが
パイプの垂直部分に流れ、それが燃えてエネルギーが取り出せるのです。

普通の薪ストーブでは、
可燃性ガスは煙と一緒に排出してしまうので、
より少ない燃料で大きなエネルギーを得ることができます。


ロケットストーブの作り方 簡単・安全な方法をご紹介


ロケットストーブの大きなエネルギーは
可燃性ガスをどう燃やすかでした。

薪ストーブでこのガスが燃えないのは、
発生したガスを煙突で排気してしまうからです。
煙突を通るうちにガスの温度が下がり、
燃えなくなってしまうのですね。

モノが燃えるのには、十分な酸素と熱が必要です。
酸素は上昇気流によって得られますから、
あとは熱を逃がさない工夫が必要です。

簡単な作り方としては、一斗缶を利用する方法があります。

一斗缶に穴を開けてL字型に曲げたパイプ(煙突など)を通し、
そこに砂利状の保温材を詰め込むのです。

こうすることで、ガスの温度はパイプの中で下がらず燃え、
その温度は500~600度にもなるそうです。


ロケットストーブの作り方・使い方豆知識


ロケットストーブの燃料は焚き付け程度の木切れで十分です。
大きな薪だと温度が上がりきらずうまく付きません。

強力な火力が簡単に得られるので
キャンプなどのアウトドアでは重宝します。

実際、ロケットストーブが日本で広く知られるようになったのは、
東日本大震災のときに火力を得るために
避難所で使われたのがきっかけでした。

燃料が細切れでよくすぐに入手できること
(薪はしばらく乾かさなければ使えません)、
燃料を追加しなければすぐに消火し安全なこと、
慣れれば30分程度で作れることなど、
利点をあげればきりがないほどです。

一斗缶で作るロケットストーブは屋外専用ですが、
もう少しきちんと製品化されたものには
発生した熱風をパイプに通して部屋をめぐらせることで
効率よく部屋中を暖める暖房器具として利用可能なものもあります。

まとめ


ロケットストーブは焚き火よりも
効率よく熱を得られます。
この冬は焚き火代わりに、ロケットストーブに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ