おせち料理の由来 意味がわかれば美味しさ倍増!

スポンサードリンク


お正月に食べるものといえば、まずはおせち料理とお雑煮です。
最近ではコンビニでもおせち料理の注文を受け付けているほど
やはりお正月とおせち料理は切っても切れない関係のようです。

そんなおせち料理、実はふかーい由来がこめられているのです。


おせち料理の由来と意味


おせち料理はもともと「節供 (せちく)」と言いました。
節供とは「節句に出される料理」という意味です。

これを丁寧に「お節供」と読んでいたのが、
語呂よく最後の文字が取れて「おせち」となったのです。

「田楽」が「おでん」になったのも同じですね。

最近では「ひなまつり」と「こどもの日」くらいしかクローズアップされませんが
かつては「人日(じんじつ・1月7日)」「上巳(じょうし・3月3日)」
「端午(たんご・5月5日)」「七夕(しちせき・7月7日)」
「重陽(ちょうよう・9月9日)」と5回の節句を祝っていました。

確かに、上巳の節句(ひなまつり)には菱餅や白酒、
端午の節句では柏餅やちまきなどを食べる風習がありますね。
これらも節供からきているのです。

しかしだんだん簡略化されていき、
最も重要な人日の節句・お正月に供される料理のみを
「おせち料理」と特別に呼ぶようになりました。


□おせち料理 食材の意味を学べば美味しさも倍増

おせち料理にはさまざまな由来や言い伝えをもつ料理が並べられます。

えびは「長寿を祈る(腰が曲がったえびのように)」
数の子は「子孫繁栄を願う(子供がたくさんいます)」
かまぼこは「新しい門出を祝う(日の出に似ているので)」
金団は「金運向上を願う(金色に輝いています)」
黒豆は「健康に過ごせるように(「まめ」に暮らせるように)」
伊達巻は「学問成就(巻物の形に似ていますね)」

などなど、あげ始めたらきりがないほどです。

このほかにも、どんなものがどんな由来で入っているのか
調べてみたら面白そうですね!


正月についつい話したくなるおせち料理の豆知識


おせち料理は甘い辛いがはっきりした味の濃いものが多いですね。
「お正月にはできるだけ火を使わないで済むように」
保存が効くようにするのです。

お正月は年神様をお迎えする時期なのですから、
火を使ってお騒がせしてはならないということなのですね。

味が濃いということは、塩分や糖分が多く含まれており
雑菌が混ざっても水分を吸収されて死んでしまうのです。

ちなみに、数少ない例外のひとつが「お雑煮を煮ること」です。
お雑煮もお正月には欠かせない料理ですが、
「年神様にお供えしたお餅や野菜のお下がりを一緒に食べる」
という意味合いがあります。

この「神様にお供えしたものを一緒に食べる」ことは、
神様のお祭りに重要な意味を持っています。
例えば五穀豊穣を祝う新嘗祭(勤労感謝の日のお祭り)は
天皇陛下が取れた新米を神様にお供えし、
一緒に食べることで感謝を示すお祭りです。

お雑煮もそう思って食べると、一味違うかもしれませんよ。


まとめ


お正月に食べる料理にも、いろいろ昔ながらの由来があるのですね。
最近はおせち食べてなかったな、と思った人、
もう一度「おせち再発見」してみませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ