ストレスと吐き気の関係とは?ストレスチェックと解消方法をご紹介!

スポンサードリンク


現代社会は「ストレス社会」とも呼ばれ、常に何らかのストレスにさらされながら日本人は生きているとも言われています。日常会話でも、形容詞のように「あーストレス溜まるわー」「地味にストレスになるよね」といった会話、身近な人と交わしていませんか?

たまに「ストレスなんか感じたことがない」と仰る方もいらっしゃいますが、もしかして自分自身が感じているストレスに気付いていないだけかもしれません。

そこで今回はストレスの正体とそのチェック方法、解消方法までご紹介します。またストレスと吐き気の意外な関係についても解説します。


1.そもそもストレスって何なのだろう?その正体に迫る!


ストレスとは元々、物理学の用語です。物理学では「外部の力を受けて生じた歪み=ストレス」と定義しています。

医学上のストレスとは、「何らかの刺激が身体に与えられたことにより、身体が示す変化のこと」と定義されています。刺激によって生じた心身の歪みを「ストレス」と呼び、歪みを生じさせる原因を「ストレッサー」と呼びます。ストレッサー(ストレスを生み出す要因)は以下の五つに分類されます。

・物理的要因(気温、天候、気圧、放射線、騒音など)
・化学的要因(薬害、栄養不足、酸素濃度など)
・生物的要因(病原菌の侵入など)
・社会的要因(仕事・家庭の環境、社会情勢、経済情勢など)
・精神的要因(精神的な苦痛・不安、人間関係のトラブル、怒り・悲しみ・憎しみ・緊張など)

このうち最もストレスとして認識されやすいのが精神的要因で、最も原因解消が難しいのも精神的要因となります。


2.ストレスと吐き気の関係とは?


過度のストレスに晒されると、「吐き気」という症状が現れる場合があります。吐き気以外にも、頭痛や腹痛、めまいなどの症状が現れることがあります。

こういったストレスによる吐き気は「心因性嘔気」「神経性嘔気」と呼ばれ、病院で診察を受けてもハッキリとした病名が付くことはあまりありません。

そもそもなぜ、ストレスを受けると吐き気を感じるのでしょうか。以下のような理由が考えられています。

・ストレスによる自律神経の乱れ
・ストレスにより胃の中の腹圧が変化し、胃の内容物が逆流することで吐き気を感じる
・ストレスが原因で胃酸過多になる

そもそもの原因がストレスの場合、内科や脳神経外科では原因を特定することができないのです。

心療内科の場合、原因となるストレスを解明することができるかも知れませんので、通常の病院を受診しても原因がハッキリしない、しかし症状が続く場合は心療内科を受診してみてはいかがでしょうか。


3.ストレスチェックと解消方法をご紹介!


まずはストレスは「自覚すること」から始まります。

しかし多くの人が「自分がストレスに負けるワケがない」と考える傾向にあります。

こちらのサイトから5分でできるセルフチェックが可能ですのでご利用下さい。

参考URL:こころの耳「チェックリストなどのツール(働く方へ/ご家族の方へ)」

http://kokoro.mhlw.go.jp/tool/worker/

解消方法のコツは、「ストレスが日をまたがないようにする」ことです。今日感じたストレスは、今日中に解消しておきましょう。放置していると雪だるま式にストレスは増加します。解消方法は、以下のようなものがあります。チャレンジしてみて一番自分に合ったものをストレスを感じた日に実践しましょう。

・ストレッチ
・たっぷり睡眠を取る
・栄養のあるものを食べる

ストレスには「3R」が効果があります。「rest(休養)・refresh(気分転換)・relax(くつろぐ)」の三つです。気分転換できる打ち込める趣味を持つのも、良いストレス発散方法です。


4.まとめ


ストレスは何らかの刺激によって心身に影響を受ける状況を指します。様々な要因が考えられますが、中でも「精神的要因」は最も原因を特定しづらく、また解決し難い問題です。

ストレスは吐き気や頭痛、腹痛、めまいなどの身体症状も伴いますので早めに解決した方がいいです。しかし原因そのものを除外することは中々難しいですので、受けたストレスを解消する方法を身につけることが重要になります。「今日感じたストレスは今日中に解消する」をモットーに、最も自分に合うストレス解消法を見つけて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ