クリスマスローズの花言葉の意味って? 飾るなら知っておきたい知識集

スポンサードリンク


クリスマス前になると、町の花屋さんの軒先が一気に華やぎます。花の少ない冬に彩りを添えてくれるセイントポーチアやクリスマスローズは人気者ですよね。

とくにクリスマスローズは薔薇に似た形状から日本でも人気があり、贈り物としても喜ばれます。

そこで今回はクリスまずローズについてご紹介します。なぜクリスマスローズが人気があるのか、また気になる花言葉について解説します。

花屋さんの前を通る度に気になっていた「クリスマスローズ」について、ばっちり理解できますよ。


1.クリスマスローズ その種類や基礎知識


クリスマスといえばセイントポーチアが人気の草花ですが、最近クリスマスローズの人気が高まっています。クリスマスローズは環境の変化に強い植物のため、とても育てやすいのが人気の秘密です。多年草なので上手に育てると数年にわたり楽しむことが出来ます。

花弁には八重咲きと半八重咲きがあり、花の色も定番の白・ピンク・紫・黄色・緑・茶など様々な色合いが存在します。

夏場は日陰で飼育し、冬場は風が通らない場所で育てればいいので鉢植えで十分です。しかし深く根を張る性質があるため、植木鉢で栽培する場合は深めの鉢を用意するといいでしょう。


2.クリスマスローズの花言葉の意味って?


気になるクリスマスローズの花言葉ですが、「追憶」「慰め」「私を忘れないで下さい」「私の不安をあなたの愛で取り除いて下さい」「中傷」などが挙げられます。
クリスマスローズは水仙のように、若干首を下に垂れた状態で花を咲かせます。どこかうなだれたように咲く花の姿に、古来より人間は様々な想いを重ねてきました。

それ故にクリスマスローズはどこか感傷的な、儚い想いを込めた花言葉が似合います。また古代ギリシャではクリスマスローズの花の匂いが人に正気を取り戻させる力を持つと信じられていました。その信仰から「私の不安を取り除いて下さい」という花言葉が出回っているのですね。


3.クリスマスローズ 花言葉を伝える時に気をつけたいこと 


誰かに花を贈る際、花言葉を添えると喜ばれます。しかしクリスマスローズは「中傷」「スキャンダル」といった、どことなくマイナスのイメージが伴う花言葉も存在します。

そこで誰かに花言葉を伝える際、気を付けておきたいことをご紹介します。

①伝えたいメッセージのみを添える
「実はこの花、マイナスのイメージがあるんだよ」と相手に伝えません。花言葉には時として「マイナス」の言葉と「プラス」の言葉、両方の側面がある場合があります。しかしあなたが何を想って贈る花をチョイスしたのか最初にハッキリ伝えておけば相手にもその言葉が伝わります。自分が何を想い相手に花を贈るのか、最初にきちんと伝えておきましょう。

②イメージを大切にする
相手を思ってクリスマスローズを贈っても、贈る相手のイメージにそぐわない花を贈るのは失礼です。贈る人が一度も頼ったことのない人、いつも明るい人はクリスマスローズの花言葉に合いませんから避けましょう。


4.まとめ


クリスマスローズは多年草で栽培しやすいため非常に人気のある植物です。その花言葉は、「追憶」「慰め」「私を忘れないで下さい」「私の不安をあなたの愛で取り除いて下さい」「中傷」と人を癒やすための言葉が多いです。

花を贈る際は花言葉を添えると喜ばれます。ただしクリスマスローズに限らず、全ての花の花言葉は相反する意味を抱えていることが殆どです。花を贈る際は自分がどんな気持ちを表現するためにクリスマスローズを贈るのかきちんと説明しておきましょう。

また相手の印象と自分との間柄にそぐわないのにクリスマスローズを贈るのは失礼です。きちんと花言葉はふまえておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ