タイヤ交換の工賃をできるだけ安くするには?

スポンサードリンク


車検をお願いしたときに、
「タイヤ、交換したほうが良いですね」
なんていわれてことがある人は多いのでは?

でも、その料金、気にしたことありますか?


タイヤ交換 最低限知っておきたい基礎知識


今ではタイヤはいろいろな方法で買うことができます。
中でも、カーディーラー、タイヤ量販店、カー用品店、
それにインターネット通販が主なルートでしょう。

それぞれメリット・デメリットがあります。

例えば同じタイヤでも、値段だけを比較すると

 ディーラー>量販店≒用品店>ネット通販

となります。

こんなことが起きるのは流通過程のせい。
タイヤメーカーからそれぞれの業者までの段階が多いほど
タイヤの価格は高くなってしまうのです。


タイヤ交換の場所と工賃を徹底比較!


タイヤの値段だけを比べると、
ネット通販で買えば安く上がるように感じますが、
必ずしもそうとばかりは言えません。

タイヤは車に装着して始めて使えるようになりますが、
ではどうやって交換するのでしょうか?

最も安く上げる方法は
「ネット通販で買って自分で交換」
ですが、パンク時の応急処置ならいざ知らず、
技術を持った人にお願いするのが
安全のためにも良いでしょう。

その点からみると、きちんと施設を持っている
ディーラーが一番安全でしょう。
タイヤを購入すれば諸経費無料(交換料・廃棄料込み)
というところもあります。

また夏冬でタイヤを履きかえる場合、
タイヤを預かるサービスを行っていることもあります。

ネットでの購入の場合、どこかに持ち込んで
交換してもらうことになりますが、
カー用品店などの中には持ち込みタイヤは
受け付けてくれないこともあります。


タイヤ交換の工賃をできるだけ安くするコツとは?


タイヤ交換の工賃を安くする最大のポイントは
信頼できる技術を持った人のいる店を探すことでしょう。
タイヤ本体の価格は安くとも、
新人アルバイトに傷を付けられたりしたら
「安く上がった」とは言えないのではないでしょうか?

またタイヤ本体の価格も
安ければよいというものではありません。

磨り減ったトレッドゴム(タイヤ表面のゴム)を巻きなおし
再利用する再生タイヤというものがあります。
台となるタイヤは古いままなので、
新品に比べれば多少劣化していることは否めません。

真っ当な業者は安全性に配慮して再生タイヤを作っていますが、
再利用できないほどの古いタイヤが使われる場合も起こり得ます。
古いタイヤによってバースト事故を起こしたら
タイヤの価格の安さの比ではありませんね。


まとめ


タイヤは日常的に使う重要なものです。
きちんと信頼できる人にお願いして交換してもらうのが
一番安上がりな道なのかも知れませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ