RSウイルスで入院!?入院基準や入院期間を徹底解説

スポンサードリンク

RSウイルスは乳児期にほとんどの赤ちゃんが感染する
知名度に反してごくありふれたウイルスです。

しかし、重症化すると入院しなければならないこともあるようですよ。


RSウイルスに感染!? その症状を解説


RSウイルスは、呼吸器系の炎症を引き起こすウイルスです。
「呼吸器系の炎症」と堅苦しく書きましたが、
鼻風邪のようは微熱、鼻水などが数日続きます。

大人の場合には重症化することはめったになく、
「RSウイルスに感染した」ということ自体も
気づかないままということも珍しくありません。

しかし乳幼児の場合はちょっと注意が必要です。

生後2~5か月の乳児の場合、
RSウイルスに感染した約半数が肺炎に至り、
細気管支炎の50~90%がRSウイルスによるものとされています。

特に未熟児やダウン症の赤ちゃんの場合は
RSウイルスに感染しやすいことが知られており、
予防接種を受けることもできるのです。


RSウイルスで入院!? 入院基準や入院期間を徹底解説


赤ちゃんの場合、RSウイルスに感染しても
症状に気づきにくいので注意が必要です。

RSウイルス感染に気づくための最大のポイントは「呼吸」。

RSウイルスに感染すると呼吸がしにくくなるので、
回数が増えたり、お腹や喉を不自然に動かしたりします。
息苦しそうな音も危険信号のひとつです。

また、食欲の低下も症状のひとつとして
ポイントのひとつに加えた方がよいでしょう。

これらの症状を発見したら、すぐお医者さんに診せることが必要です。


RSウイルスに感染した場合、
現代の医学ではウイルス自体を退治することはできません。
様々な方法で症状を緩和する「対症療法」が中心となります。

したがって、入院期間は「症状が軽くなるまで」です。
一般的には3~4日で退院できることが多いですが、
赤ちゃんの体力や免疫力によって多少伸びる可能性もあります。


RSウイルスで入院!? 気になる入院費用はどれくらい??


赤ちゃんの入院となると、つい費用も心配になりますが、
そんなに心配することはありません。

入院費用は入院日数に比例して差はありますが、
RSウイルスによる入院にかかる費用は
平均で7~8万円ほどといわれています。

しかしながら、その全額を負担する必要はなく、
健康保険や自治体による乳幼児医療費助成制度など
負担を軽減する措置がいろいろあります。

親御さんが赤ちゃんの健康だけに集中できるように
いろいろと制度があるので、調べてみてくださいね。


まとめ


RSウイルスはほとんどの赤ちゃんが一度は感染するウイルスですから、
しっかりと知識を持って備えてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ