大掃除を効率的に終わらせるリストを大公開!ポイントは計画段階にあり!

スポンサードリンク


毎回、気合いを入れて大掃除を開始するのに失敗に終わってしまう、という方いらっしゃいませんか?気合いは十分だったはずなのに、なぜ失敗してしまうのでしょうか。

実は成功するためのコツは大掃除リストを作ることだとご存じですか?でも、具体的にどのようなリストを作ればいいのか分からないという方のために、大掃除リストの作り方をまとめてみました。また失敗例もまとめてみましたので反面教師としてご覧下さい。

今年こそは大掃除を成功させるための参考にどうぞ。


1.大掃除 ついついやってしまう失敗事例


「失敗は成功の母」とも言います。大掃除を効率的に行うためにも、まずは失敗に関する「よくある失敗事例」を見てみましょう。

①張りきって大掃除をしたら体調を崩してしまった
 実はよくある事例は、「大掃除をしたら体調を崩した」というもの。大型家具を移動しようとして腰を痛めた人、密封空間で使用した洗剤が原因で体調を崩した人など様々です。

大掃除にはゴム手袋、マスクがあると安心です。換気もお忘れなく!

②洗剤で変色した
 洗剤が散って洋服が脱色してしまったり、目的場所以外に垂れて変色してしまったなどの事例があります。必要以上の洗剤を使用しない、異素材を組み合わせた場所で洗剤を使う場合は、ビニール袋などで清掃場所以外は養生するなどの対策で防げます。

③途中で諦めた
 これもよく聞く失敗話。張りきりすぎて、途中で力尽きた例です。大掃除は必ずしも1日で終了させる必要はありません。しんどい場合は分散して掃除しましょう。


2.大掃除を効率的に終わらせるリストを大公開!計画段階が命!


大掃除を始める前に、まずはリスト作りをオススメします。何故なら、行き当たりばったりで大掃除を始めるとやり残しや時間配分の失敗で、結局時間が足りなくなるからです。家族のいる方は、大掃除が必要な場所をリストアップすることで分担を決め、効率的に終わらせることが出来ます。

それに洗剤や道具が必要な場所は、予め用意していた方が当日スムーズに始められます。

リストに書き出すのは「掃除する場所」「掃除にかかる時間」「誰が掃除するか」「用意する道具」です。

一覧を書き出すことで「1日で集中して終わらせることが出来るか」「何日かに分けて行うか」がハッキリとつかめます。
こつこつ掃除派も、一気に掃除する派も、まずは大掃除のためのリストを作りましょう。


3.大掃除リスト その実行を助けてくれるグッズや道具ご紹介


大掃除リストを作れば後は実行するだけですが、目標時間内に作業を終わらせるためには便利グッズが役に立ちます。時間を節約できればその分、他の掃除にまわしたりもっと念入りに掃除することが出来ます。あると便利な大掃除お助けグッズをご紹介します。

・着なくなったTシャツやストッキング
 適度に柔らかい布は拭き掃除、油汚れ掃除にぴったりです。洋服の整理も兼ねて、大掃除前にクローゼットを片付けてみませんか?時間のかかるクローゼットの片付けは大掃除とは別の日に行うと時間節約になります。

・ワックスコートシート
 床のワックス掛けは大仕事ですが、シートタイプのワックスコートは専用器具に取り付ければ手を汚すことなく簡単に終わらせることが出来ます。


4.まとめ


大掃除を効率的に終わらせるには、まず計画を立てることが重要です。大掃除リストを作ることで、失敗事例に見られるような失敗は改善することが出来ます。

大掃除する場所、どれくらいの作業時間がかかるのか、誰が大掃除を担当するのかを書き出すことで、やり残しや途中で力尽きるという事態を回避できます。また、目標作業時間内に大掃除を終わらせるためには、掃除道具の準備が不可欠です。大掃除リストに沿ってしっかり準備しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ