正月飾りは手作りで!お子さんと一緒に楽しもう!

スポンサードリンク

年末が近づくと、
あちこちで正月飾り作りのワークショップが開かれます。

やはり手作りの正月飾りは思い入れも深いもの。

親子での参加を想定しているイベントも多いですし、
子連れもそうでないおうちも気になりますよね!

とはいえ、ただでさえ忙しい年末。

ワークショップに参加する時間なんて取れない。。。
だから手作りなんて夢!

と思っていらっしゃる方。

じつは、ご家庭でも簡単に手作りのお正月飾りが作れるんです!

今回はお子様と一緒に楽しめる正月作りの情報を紹介しちゃいます1


1.正月飾り 手作りでもココまで本格的にできるんです!


注連飾りは藁を用意して編み込んで。。。
とはちょっと手間がかかりすぎてハードルが高いです。

ですからココは思いきって、
「正月風リース」なるものを作ってみるのはいかがでしょうか?

100円ショップや雑貨店では正月飾りにもなる縁起物のパーツが売られていますので、
自分のセンスで飾りを作ることが出来ます。

土台となるリースに飾りをグルーガンで固定すれば終了のお手軽さ。

写真入りで解説しているサイトもあります!

参考URL:手作り正月飾り④正月向けリースの簡単な作り方★クリスマスリースからの華麗なる変身も!?
    http://もとはる.jp/4882.html

一目見て「これはお正月用の飾り!」と見た人に思わせるコツは、
なんといっても「新年を象徴する飾り」を活用することです。

ミカンにも似た橙は
「代々、家が繁栄しますように」という願いがこめられた飾りです。

一緒に添えられることが多い緑色の葉っぱは「裏白」と呼ばれ、
一年を通して同じグリーンを保つことから
「不老長寿」または「清廉潔白」を示すものです。

またユズリハが飾られることもありますが、
これは「子孫繁栄」の意味があります。

ユズリハは必ず新しい芽が出てから古い葉が落ちるために、
「順当に代替わりする」という願いがこめられています。

また「よろこんぶ」ということで「昆布」もよく飾られます。

「腰が曲がるまで長生きできる」象徴として
エビも正月飾りには欠かせない存在です。

お節と一緒で、新年の家族の健康や幸福を願って
どんな縁起物で飾ろうか考えるといいでしょう。


2.正月飾り 簡単に手作りするならコレ!


もっと簡単に、更に言えば自宅にある物だけで
ナントカできないのか?

あるんです!

門松なんていかがでしょうか。

竹を切り出すのが面倒な方はトイレットペーパーの
芯を竹に見立てて飾るという手があります。

トイレットペーパーではなくラップの芯でも可。

生花は手入れが大変なので、
100円ショップで門松にあしらう梅の花の造花、
松の枝を買ってきて飾り付けるとより本格的な装いになります。


注連飾りも、しめ縄自体が100円ショップで売られていますので、
自分のセンスで縁起物を飾ればゴージャスに仕上がります。

参考動画:トイレットペーパー芯 「門松」 の作り方【簡単お正月工作】
    https://www.youtube.com/watch?v=jAHgXVjmpDo

簡単かつ見栄え良く飾るのであれば、やはりお花は欠かせません。

生花であれ造花であれ、シーンにあった花は空間を華やかに演出してくれます。

門松に最もオススメの花は「梅」です。梅は開運や出世の象徴です。

男子にとっても女子にとってもあやかりたい運気を運んでくれますので、
ぜひ取り入れてみて下さい!

また蘭など香りが高いお花もその高貴さで好まれます。


3.正月飾り お子さんと楽しみながら手作りするならコレ!


どうせならお子さんと一緒に正月飾りを作りたい!という方は、
折り紙なんかいかがでしょうか?

簡単に作れるのに見栄えがして、
しかも楽しく作れます!

参考動画:折り紙 「門松」 の折り方|お正月飾り
     https://www.youtube.com/watch?v=B_A6oIj6ztA

折り紙を三枚使ってひとつの門松を折ります。

折り方自体は単純ですが、
とても凝った作りをしているので見栄えが良いです。

参考動画:折り紙 「鏡餅(台付き)」 の折り方|お正月飾り
     https://www.youtube.com/watch?v=nARzW4JVgKo

折り紙二枚で三方(台座)付きの鏡餅が作れます。てっぺんに乗ったみかんが可愛いらしい!

参考動画:「ダルマ」折り紙 Daruma Doll/Origami
     https://www.youtube.com/watch?v=qcgNvs4QSMY

とにかく簡単にだるまさんが作れます。

お子さんが折り紙が苦手。。。という場合は、
親がだるまさんを折り、お子さんは顔を描く、
と分担を決めると親子で楽しく作成できますよ!!


4.まとめ


工夫次第で、正月飾りは手作りできます。

生花は取り扱いが難しいですが、
造花ならば手軽に加工できるので便利です。

お正月ならではの赤や黒、金色などを使った
ゴージャスなアレンジが出来るのも魅力的。

またお子さんと一緒に折り紙で正月飾りを作っても、
それはそれで思い出に残る年越し準備となりそうです。

出来上がった正月飾りは名残惜しい気もしますが縁起物なので、
松の内が明ける1月7日頃には片付けるといいでしょう!




綺麗に飾り付けて年神様をお迎えしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ