人感センサーライトの選び方や電気代の解説! 屋外・屋内で異なる!?

スポンサードリンク


朝早くに家を出て夜遅くに帰宅する。そんなとき灯りが付いていたら、なんて思いませんか?もしくは室内で動物を飼っている方、人間が寝静まった後の暗闇で、うっかり踏んじゃった!なんて経験がある方は?とはいえ、必要かどうかも分からないのに灯りの点けっぱなしは電気代が気になりますよね。こんな時心強いのは人感センサーライト。今やホームセンターや家電量販店にも売られている心強い味方。今回はそんな人感センサーライトについてご紹介します。


1.人感センサーライトの種類と選び方 屋外編


人感センサーは大まかに分けて二種類が存在します。暗くなると作動する「照度センサ」と人が近づくと作動する「熱察知センサ」。どちらも自動的に点灯するので便利ですし、防犯対策にもなり安全です。さらに商品によってはタイマー式やフラッシュタイプも。フラッシュタイプは人が近付くと反応し、不審者を威嚇することが出来ますのでより防犯向けです。

ではどれが一番屋外での使用に適しているかというと、場所により求めるスペックが異なります。まず防犯対策として一晩中灯りが点いていた方が好ましい門まわり、庭は照度センサが適しています。玄関・車庫・勝手口は人の気配に対応して点灯した方が便利で防犯対策にもなりますので、熱察知センサが適しています。


2.人感センサーライトの種類と選び方 屋内編


屋内に適してるセンサーライトは大きく分けて二種類あります。手をかざすだけで点灯する「近接センサ」、人の気配に反応する「人感センサ」です。

こちらも場所によって求められるスペックが異なります。まず近接センサはスイッチに触れられない場合、手が濡れていたり両手が荷物でふさがっている場合に便利です。玄関・キッチン・トイレなどに使用するのに適しています。次に人感センサですが、こちらは人の気配に反応するため消し忘れがなくなります。廊下、階段、クローゼットなどがオススメです。消し忘れが心配な場合、玄関とトイレに設置するのもいいでしょう。


3.人感センサーライト 気になる電気代ってどうなの??


ところで気になるのは電気代。最近の電球は省エネを謳っているだけあって一昔前とは消費電力が違いますし、LED電球ならば寿命も長持ち。人感センサの待機電力を考えたらどっちもどっちになる?

まず電球一晩点けっぱなしと人感センサーライトの電気代ですが、センサーライトの方が断然お安いです。待機電力は計算するのが面倒なほどかかりませんので、気にしなくても大丈夫です。LED電球ですと人感センサーライトとの電気代の差はあまりありませんが、耐久年数は人感センサーライトの方が高いのでコストパフォーマンスは人感センサーライトに軍配が上がります。さらに人感センサーライト機能付きLED電球もありますので、電気代のことを考えてもLEDは人感センサーライト付きにした方が断然お得です。


4.人感センサーライト 屋外・屋内迷った時のおすすめはコレ!


人感センサー付きLED電球はコストパフォーマンスが最高ですので、迷ったらまずこちらからトライしてみることをオススメします。アイリスオーヤマの「エコハイルクス」は屋内用ですが、夕方以降に人が近付くと自動で点灯し、遠ざかると消えるためとても便利。玄関や廊下に最適です。但し、昼間は反応せず夕方以降に反応するということは、明るい場所での使用は適していないという事。居間などでの使用は不向きです。

屋外向けには簡単に取り付けができるRITEXのセンサー付きLEDソーラーライトがオススメです。ソーラータイプなので電気代の心配が殆どなく、二灯式なので十分明るいです。またライト側にもソーラー側にもクランプが付いているため、特殊工具なしで設置できます。


5.まとめ


防犯や安全に欠かせない人感センサーライトは、灯りの点き方など細かな違いが存在します。使用する場所や用途に応じた商品を選ぶことで、より効果を引き出すことが出来ます。

一晩中灯りが必要になるのか、人が近付いたときだけ点灯すれば良いのか、今回のお話を購入の際の参考にして下さい。屋外にセンサーライトを設置する場合は、ご近所迷惑にならないように気を配るのもお忘れなく。特にフラッシュタイプは、光の向きによりご近所さんに迷惑をかける可能性があります。試しに点灯してみて、角度を変えたり相手の家に一言断りを入れたりしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ