坐骨神経痛の原因究明 ストレッチで治療するポイントとは?

スポンサードリンク


何となく腰が痛い、しかし我慢するしかないと思っている方。それ、実は座骨神経痛かも知れません。たまに耳にはするけど実際、どんなものかよく分からない方必見!座骨神経痛の症状から原因、さらには改善のためのストレッチ、ツボまでご紹介します。実は身近な座骨神経痛なだけに、対処方法はきちんと知っておきたいところ。自分だけの問題ではなく、家族が必要とする日が来るかも知れません。原因をよく理解した上でストレッチにチャレンジしてみましょう。


1.坐骨神経痛の症状を徹底解説


ほとんどの場合、まずは腰痛が発症します。次第にお尻、太ももの後ろ、すね、足先に痛みや痺れが生じるようになり、放置していると麻痺や痛みによって歩行障害を伴うことにもなります。

痛みの程度は原因によって様々です。いつもお尻に痛みを感じる人もいれば、足腰の痛みのせいで少し歩くと歩けなくなってしまう場合もあります。腰だけが痛いイメージがありますが、お尻、ももなど下半身全般に症状が見られるのが特徴。酷い場合、安静にしていてもお尻や下半身が痛みます。


2.坐骨神経痛の原因を徹底究明


そもそも座骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「座骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることで起きます。原因としては主に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄が考えられます。

背骨には身体を支える役目の他に、脳からのびている神経を守る役割もあります。この神経が走っている背骨の隙間を「脊柱管」といいますが、腰部脊柱管狭窄はこの脊柱管が圧迫された状態を指します。これは老化とともに起きる現象と考えられ、若いと椎間板ヘルニアが原因となります。椎間板ヘルニアは椎体という骨と、その間でクッション剤の役割を果たす椎間板の間の髄核が押し出され神経を圧迫している状態です。


3.坐骨神経痛 ストレッチで治療するポイントとは?


座骨神経痛を患った場合、基本的には手術は最終手段です。まずは薬物治療、リハビリなどで症状を和らげることから始めます。

痛みが酷いと動くのもおっくうですが、症状を和らげるためのストレッチは日常生活での不便を解消するのに役立ちます。痛みを取るだけでなく、血流をよくすることで痛みの原因となる物質を除去することも出来ます。

気を付けるべきポイントは①安定した平らな場所でストレッチすること②無理に行わないこと(身体の柔らかさは個人差があるので、無理な力を加えると逆に悪化します。)③はずみをつけず、ゆっくりと動くこと、以上の注意点に留意しましょう。


4.坐骨神経痛 治療と対処に効果的なツボとは?


人間の身体は不思議なもので、あるポイントを押すと症状が和らぐとされる「ツボ」なるものが存在します。美容にも深く関わっているツボですが、中には座骨神経痛に効くツボも!自分でも触りやすいツボをご紹介します。

まずは座骨点。座骨神経痛に効くツボである「座骨点」を押すことで改善します。座骨点はお尻の出っ張りの一番高い場所(お尻の左右)にあります。親指でぐっぐっと押すといいでしょう。痛みを感じる場合は座骨神経痛を患っている証拠です。あまりにも痛い場合はあまり力を入れず、「気持ちいい」と感じる程度の力を加えるといいでしょう。

膝の裏側にあるへこみは「委中」と呼ばれ、痛みを取り去るのに即効性があります。お試し下さい。


5.まとめ


じわじわとした痛みから常に身体を蝕む痛みまで、座骨神経痛は様々。とはいえ対処法は様々ですから、不安を覚えた人は病院に一度行くことをオススメします。早期に手を打てば、手術することなく体質を改善することが出来るからです。とはいえ、やはり病院に行くのにハードルが高い、という人はストレッチやツボ押しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

背骨は生きていく上で一生付き合う大切なパーツですから、きちんとメンテナンスしてあげたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ