お雑煮の作り方 鶏肉で簡単お手軽にグレードアップ!

スポンサードリンク


お正月と言えばお雑煮ですが、地方によってだしの取り方から使用する具材まで様々な地域色が出ることで有名ですよね。「結婚して初めて過ごした義両親の家で、あんこ入りの餅が入った雑煮が出てびっくりした。」という人も。しかし一方でお雑煮を作る人も減っているとか。またいつも「なんとなく」で作っていて、作り方に今イチ自信がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は基本のお雑煮の作り方から、簡単に美味しくできるコツまでご紹介します。ここ数年お雑煮とは縁がなかった人も、来年こそは作ってみませんか?


1.お雑煮の作り方 基本編


地域毎に作り方の違うお雑煮ですが、大きく分けると関西風と関東風のお雑煮があります。それぞれの作り方をご紹介します。

【関西風】
白味噌仕立てのまろやかな味わいが特徴です。丸餅を入れます。
〈作り方〉
①面取りした里芋、人参、大根を下ゆでします。
②鍋にはった昆布だしに西京味噌をいれます。
③餅を柔らかく煮ておきます。
④①と②の具材をお椀に盛りつけ、③を注ぎます。
⑤花かつおをふんわりと飾り付けます。

【関東風】
醤油ベースのすまし汁風が特徴です。角餅を入れます。
〈作り方〉
①だし汁に日本酒と醤油で味付けします。
②一口大に切った鶏肉、もどした干し椎茸、カットした人参を①に加え火が通るまで煮ます。
③こんがりと焼いた餅と、下ゆでした小松菜をお碗に盛ります。
④③のお椀に②を注ぎ、三つ葉と柚子を飾ります。


2.お雑煮の作り方 出汁で差をつけるポイントとコツ


お雑煮の味付けはやはりだしで変わります。どの具材からだしをとるかは地域により差があるようですが、今回はスタンダードに美味しいだしの取り方をご紹介します。「だしなんて面倒くさいもの、いちいちとっていられない」という方も、ぜひチャレンジしてみて下さい。

〈材料〉
出汁用昆布  5㎝×5㎝
鰹節 20g
水      800cc

〈だしの取り方〉
①鍋に水を張り、昆布を入れて30分放置します。
②①を中火にかけます。沸騰直前、お湯がふつふつしてきたら鰹節を入れます。
③再び沸騰してきたら火を止め、ざるの上にキッチンペーパーを敷いて②をこします。
以上の3ステップで出来上がりです。ざるでこすのが面倒な方は、金網で昆布と鰹節をすくうだけでもOKです。コツは、「もったいない!」と思ってだしがらをぎゅうぎゅうに絞らないこと。また分量以上に鰹節を入れると魚臭さがたってしまうので量を守ること。以上の二つだけです。


3.お雑煮の作り方 鶏肉で簡単お手軽にグレードアップ!


お雑煮になくてはならぬ鶏肉ですが、地域によってはただゆでるだけではなく、出汁も出るように事前に味付けを施す場合もあるようです。
いつもと違う濃厚な味付けのお雑煮になりますし、鶏肉特有の臭みも消えますのでぜひお試し下さい。

〈材料〉
鶏もも肉   一枚
醤油     50cc
砂糖 15g
酒      25cc
水      25cc

〈作り方〉
①鶏もも肉を半分にカットし、斜めに包丁を入れそぎ切りする。
②調味料を全て鍋に入れ中火にかける
 沸騰したら①を加え2分半加熱する。
③火を止めたら粗熱がとれるまで放置する。

粗熱を取ると、煮こごりのようなゼラチン質のものが鶏肉を包み込みます。このぷるぷるしたものが旨味の塊です。あとは煮こごりごと鶏肉をお椀に盛りつけ、だし汁を注ぐと濃厚な味わいのお雑煮が出来上がります。


4.まとめ


お雑煮の作り方は地域によって差があります。関西風は白味噌仕立ての丸餅入り、関東風はすまし汁風で角餅入りです。どちらもだしが味の決め手です。関西風は昆布だしですが、関東風は昆布とかつお節でとる合わせだしにすると味に深みが出ます。正月料理におだしは欠かせないものですから、たくさん作っても重宝しますよ。

また鶏肉を事前に時雨煮風に味付けしておくと、濃厚な味わいのお雑煮が出来ます。
来年のお正月はだしの取り方、鶏肉の味の付け方を参考に作ってみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ