おせち料理の意味 あの定番食材の由来に迫る!

スポンサードリンク


お正月と言えばおせち料理です。最近は有名料亭監修おせちや洋風おせちが人気を博していると聞きますが、まだまだ家庭で作るおせち料理も健在です。

手作りであれ、買ったものであれ、やはりおせち料理を食べないことには「お正月を迎えた」という気持ちになりませんよね。そんな伝統食ですが、ひとつひとつに込められた意味をご存じでしたか?おせち料理にはさまざまないわれがあるのです。

知っていると1年の幸福が倍に感じられる豆知識、ご紹介します。


1.おせち料理の意味 その起源について解説!


おせち料理とは「御節」とも書き、その名の通り暦上の区切りを示します。本来は「お節供」(おせちく)と呼ばれ、その起源は平安時代にさかのぼります。当時、貴族たちが宮中で行っていた行事で神様にお供え物をして宴を開いていたのが「お節供」です。平安時代に中国から伝わりました。その後宮中行事が年を経て、江戸時代後期頃には庶民も行うものとなり様々な地方の風習も加わり現在のような形に落ち着いたと考えられます。

かつては暦上の区切りに行われていた行事ですが、お正月に振るまわれる御馳走を「おせち料理」と呼ぶようになりました。


2.おせち料理の意味 あの定番食材の由来に迫る!


そんな暦の区切りを祝うためのお節料理でしたが、江戸時代になると武士の新年の豊作を祈る儀式と、庶民の新年を祝う風習が混ざり合い、1年の幸福と豊作を祈願する縁起物を模した料理が出されるようになりました。
定番料理の意味を解説します。

【黒豆】
「まめ(豆)まめしく1年働きますように」との願いが込められています。

【数の子】
たくさんの卵が集まっているため、「子宝に恵まれる」という願いが込められています。

【海老】
海老は腰が曲がった老人の象徴で「長寿」を意味します。

【田作り】
五穀豊穣と豊作を願います。

【きんとん】
その色が小判に似ているため、「金運に恵まれますように」という願いが込められています。

【昆布巻き】
昆布は「よろこぶ」と語感が似ているため、日本の伝統的なお祝い事には欠かせない食材です。

【紅白なます】
お祝い事には紅白の飾りが欠かせないことから、おせちにも使われるようになりました。


3.おせち料理や定番食材を英語で言えますか?


和食が世界遺産に認定され、外国人観光客が増えた昨今、日本の伝統食も注目されています。

もしかしたら知っていると役に立つ日が来るかも知れない、おせち料理の英語表記をご紹介します。お正月に知識を披露すると、盛り上がるかも知れません。

・おせち→osechi ,osechi dish
 おせちはそのままで「日本の伝統的な新年を祝う料理」という意味になります。

・黒豆→kuromame
cooked sweet black beans
黒豆もそのままの表記です。どのような食材を示すかは英語で説明できます。基本的には単語の羅列なので、英語が苦手な人でも簡単に説明できます。

・田作り→ tazukuri
     sweet fried sardines
田作りの原料はカタクチイワシを使用することが多いので「sardine」=イワシ、で説明できます。


4.まとめ


お節料理の起源は平安時代の宮中行事です。その後長い年月をかけて、武士の風習や庶民の風習を取り入れ現在の形になりました。年の初めに、1年の無病息災や繁栄を願う縁起担ぎの料理でおせちは構成されており、その全てに意味があります。

また和食は世界遺産にも認定され、独自の文化として世界に認知されていますから、そのままの名称で英和辞典でも紹介されています。どのような料理か英語で説明することも出来ますので、もしも異文化交流をする機会があれば英語で説明してみて下さい。きっと喜ばれますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ