謹賀新年の意味 恥をかかない様に知っておくべきこと

スポンサードリンク

年賀状や年賀メールはすっかり新春の風物詩。いつも会う人の意外な一面を知ったり、しばらく会えなかった人の近況を知ることが出来たりと、もらうと嬉しいものです。

しかしさて、自分が書こう!という時に意外と悩むのが最初の挨拶。親しい間柄ならば「明けましておめでとう」でも「HAPPYNEWYEAR」でも良さそうですが、ちょっと改まった仲の人に出すにはフランクすぎる…?とりあえず無難に「謹賀新年」を使っている人、きちんと意味を理解して使っていますか?知らない間に失礼をはたらかないよう、謹賀新年の意味と正しい使い方、ご紹介します。


1.謹賀新年の意味 徹底解説しちゃいます!


謹賀新年の意味、きちんと説明できますか?「謹賀」とは使用されている漢字が示すように、「謹んで喜びを申し上げます」という意味です。ですから謹賀新年とは、「謹んで新しい年の喜びを申し上げます。」という意味になります。

似たような言葉に「恭賀新年」という言葉があります。「恭賀」とは「恭しく(うやうやしく)喜びを申し上げます。」という意味。つまり恭賀新年は「恭しく新年の喜びを申し上げます。」という意味です。

どちらの言葉も丁寧に言葉を並べている印象を相手に与えてくれる言葉です。


2.謹賀新年 正しい使い方はコレです


実際、「謹賀新年」はどんな使い方をするのが正しいのでしょうか。
ずばり、「目上の人に対する挨拶」です!

「謹んで」という言葉自体が、自分をへりくだって使う言葉ですので、目下の者が目上の存在に対して使う言葉なのです。ですから仕事の関係者(上司、取引先など)やお世話になった先生、年上の親戚などには新年の挨拶として「謹賀新年」を使うといいでしょう。

「謹賀新年」は「明けましておめでとうございます。」の丁寧な言い方ですので、「謹賀新年 明けましておめでとうございます。」とあわせて使うことはNGです。お気をつけ下さい。


3.謹賀新年以外にも意味を押さえておきたい言葉集


「謹賀新年」以外に、新春の挨拶としてよく使用される言葉が「迎春」「新春」「賀正」です。この三つの言葉の意味は、「新しい年を迎えました」というシンプルなもの。事実を述べているだけ、とも言えます。

さらに年賀状の中にはイラストで「寿」「福」「賀」の文字が入っているもの、ありませんか?年賀状は縁起を担ぐために、お祝い事を示す文字が入るのです。
いずれも「賀詞」といって、お祝いの気持ちを示すための文字です。ただし文字数が多くなれば多くなるほど、込められる意味は多くなっていきます。

目上の人への新春の挨拶では、いくらおめでたいからといって「迎春」で済ませるのは、「新しい年が来ましたよ。」と言っているだけに過ぎません。同僚や親しい間柄の人には問題ない言葉ですが、目上の人には最もおめでたい言葉である「謹賀新年」を使いましょう。


4.まとめ


改めて謹賀新年の文字を見てみると、色々な意味合いが込められていることが分かります。漢字の奥深さと込められた想い、お分かり頂けたでしょうか。
新年を祝うおめでたい言葉だからこそ、きちんと礼節を弁えて使いたいものですね。

目上の人にはもちろんですが、誰に使っても失礼のない「謹賀新年」はとても便利な言葉です。新春の挨拶に困ったら「謹賀新年」使ってみてはいかがでしょうか。ついでに言葉の意味についても触れられたら、話が弾むかも知れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ