二十四節気の読み方・意味 2016年カンレダーも紹介

スポンサードリンク


二十四節気と言われピンとくる方はあまりいないかも知れませんが、「春分」「秋分」などは祝日ということもあって意味を知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。春分も秋分も二十四節気の中の区分の一つです。暦や天文学的な意味の他に、日本人の生活に根ざした様々な意味を持つものです。意識しない間に生活に浸透しています。

今回は知っていると便利な「二十四節気」の意味、読み方、由来からオススメの2016年カレンダーまでご紹介します。


1.二十四節気の読み方


二十四節気(にじゅうしせっき)の名称は、考案された当時の呼び名がそのまま使用されているため、なじみが薄く、漢字だけで読むのは難しいです。

〈春〉
立春(りっしゅん)→雨水(うすい)→啓蟄(けいちつ)→春分(しゅんぶん)→清明(せいめい)→穀雨(こくう)

〈夏〉
立夏(りっか)→小満(しょうまん)→芒種(ぼうしゅ)→夏至(げし)→小暑(しょうしょ)→大暑(たいしょ)

〈秋〉
立秋(りっしゅう)→処暑(しょしょ)→白露(はくろ)→秋分(しゅうぶん)→寒露(かんろ)→霜降(そうこう)

〈冬〉
立冬(りっとう)→小雪(しょうせつ)→大雪(たいせつ)→冬至(とうじ)→小寒(しょうかん)→大寒(だいかん)

年ごとに二十四節気の月日は変わります。毎年同じ月日にくるものではないので、注意が必要です。これは二十四節気が太陽の高度と関係しているためです。


2.二十四節気の意味


二十四節気とは古代の中国で考えられたもので、日本へは江戸時代に入ってきました。1年を24等分し、その区切りと区切られた期間それぞれに違う名称がついています。季節を表現する言葉で、日本では手紙の冒頭に添える時候の挨拶などで今でも使用されています。中国の生活をベースにしているため、日本古来の農作行事や気候が含まれない部分もあります。二十四節気の他に「土用」「八十八夜」などが存在しているのは、日本の気候的な特徴をカバーするためです。

もともとは太陰暦(月の満ち欠けを元にした暦)だけでは季節に一致させることが出来ない1年の流れを捕捉するために考えられた暦です。現在は太陽暦で1年を表現しますが、旧暦に則った行事などは、月日の計算のためにこの二十四節気を活用しています。


3.二十四節気 2016年カレンダー紹介


毎年の二十四節気は日付がずれています。正しく算定するためには定気法で算出する必要がありますが、ちょっと面倒です。ですから今回はあらかじめ二十四節気が記入された2016年のカレンダーをご紹介します。これさえあれば、二十四節気が一目瞭然です。

参考URL:新日本カレンダー株式会社

http://www.543life.com/

こちらのカレンダーは可愛いイラスト入りで二十四節気と月の満ち欠けが表示されています。二十四節気の説明まで入っているので便利で見やすく、ためになります。

参考URL:国立天文台天文情報センター暦計算室
     http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/

すでにお気に入りのカレンダーがある方は、自分で二十四節気を書き込むという方法もあります。こちらのサイトの「こよみア・ラ・カルト」から二十四節気の区分を知ることが出来ます。ダウンロードか印刷して使用しましょう。またGoogleCalendar(Web上の無料カレンダー)をお持ちの方は、こちらに表示させる事も出来ます。


4.まとめ


季節の変わり目を感じることの出来る二十四節気は、生活の節目に大切な存在です。太陽高度によって1年を大きく四つに区切る春分、夏至、秋分、冬至から気温や気候を示す言葉まで、様々な知恵が詰まった暦と言えます。手紙の時候の言葉として添える他、冠婚葬祭のマナーにも、なくてはならない存在です。また二十四節気に応じ様々な伝統行事が行われます。

意味を知っていると、季節の変化についての会話も弾みます。会話のアクセントに役立てて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ