片付けのコツ リバウンドを防ぐプロのワザを丸裸に!

スポンサードリンク


あなたの家、突然の来客にも対応出来るくらい片付いていますか?外出から帰ってきてそのまま放置している上着やバッグ、そこら辺に転がっていませんか。あるいは納まりきれない生活雑貨が物置からはみ出したりしていませんか。仕事をてきぱきとこなすのは得意なのに、「片付けだけはどうにも苦手」という方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にぜひ読んで頂きたい、片付けのコツ、プロの技をご紹介します。「そこまでズボラじゃない」という方も知っておいて損はない内容です。


1.片付けのコツ おすすめ順番と収納のコツ、捨てる極意とは?


「さあ、片付けるぞ!」と気合いを入れたところで、何から手をつけるべきか途方に暮れること、ありませんか?ストレスを感じない、合理的な片付けの手順は

①収納スペースから全ての物を取りだす
②目的別に物をグループ分けする
③よく使うものは取りだしやすい場所に収納し、あまり使わないものをその後に収納する
④掃除をする

以上の4ステップです。

最初に全て収納場所から出してしまうのは面倒に感じるかも知れませんが、すぐに散らかってしまうのは収納場所に問題があるからです。よく使うものを奥に仕舞い込んでいたりしませんか?
一度全て出してしまって収納場所を変えると解決しますよ。

その際、不要になった物は思い切って捨てましょう。極意は「最後に使ったのはいつか思い出せるかどうか。」です。「いつか使うかも」と思ったものは、「いつか」が来たときに用意すればいいのです。捨ててしまいましょう。


2.片付けのコツ 気をつけたいリバウンド


気合いを入れて片付けた結果、家は綺麗になりました。しかし、いつの間にか原状回復してしまっている人も多いのではないでしょうか。綺麗に片付けたはずの家の中が再び散らかってしまうことを「片付けのリバウンド」と呼びます。

「きれいな部屋をキープするなんて無理」とあきらめていませんか?部屋が散らかる度に片付ける、そんなことのくり返しだと思っていませんか。そんなことはありません、コツをつかめば片付けのリバウンドとはおさらばできます。片付ける必要のない、常に整理整頓された部屋にはコツがあります。


3.片付けのコツ リバウンドを防ぐプロのワザ


リバウンドを防ぐために最も重要なのは、「散らかりにくい構造にする」ことです。つまりよく使うものはすぐに取り出せる場所へ、たまに使うものは奥に収納すれば良いのです。よく使う爪切りをクローゼットの奥の奥に収納してしまうと、使用後元に戻すのが面倒で机の上に放置してしまいますよね。頻繁に放置している物は、そこが一番便利な場所である可能性が高いので、放置している場所付近に収納場所を確保しましょう。

また、収納スペースがない事も物が散らかる原因になります。物の定位置を決めたら、ぱんぱんに詰めたりせずに8割程度に抑えておきましょう。取り出しもスムーズで、買い足した物があってもストレスなくしまうことができます。

しかし最も片付けられない原因はあまりにも物が多いこと。不要だからと捨てる前に、購入の時点で本当に必要な物か考えることも重要です。捨てる決意を固めることに比べれば心理的負担は少ないです。


4.まとめ


収納アドバイザーなどのプロの片付け師は、実に鮮やかに物を目的別に区分けしていきます。なかなか真似できないスキルですが、「よく使うモノは取りだしやすい場所に片付ける」「あまり使わないものは奥に片付ける」というコツなら実践できます。不要品を捨てるのが難しい、という人の場合は、そもそも購入する時点で本当に必要な物かよく考えればいいのです。

片付いている部屋に住むということは、「片付けなくていい」ということです。リバウンドしない部屋を目指し、参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ