石油ストーブの燃費って?様々な暖房器具で徹底比較!

スポンサードリンク


寒くなってくると急に恋しくなるのが暖房器具。

家電量販店や大型家具専門店にでかけて関連コーナーを見てみると、
多種多様な暖房器具をそろえていて、
正直どれにすればいいのか悩みますよね?

奇抜な最新式の暖房器具もいいですが、
やはり勝手が分かっている分、
石油ストーブがいいと思っている方も多いのでは?

特に最近は災害などの非常時には外に持ち出して活用できる
石油ストーブの便利さが見直されつつあります。

でも実際のところ、燃費ってどうなのか気になりますよね。
長く使うためにも燃費の善し悪しはハッキリさせておきたいところ。

今回はそんな気になる石油ストーブの燃費について、ご紹介します。


1.石油ストーブの燃料と動作原理って?


そもそも石油ストーブとはどのように動いているのでしょうか?

まず石油ストーブの燃料は灯油です。
気化させた灯油の気化ガスを燃焼させる際に生じる
熱エネルギーを利用して空気を暖める作用があります。

しかし構造によって、空気の暖め方は若干異なってきます。
対流式と反射式の2種類があり、
室内のどの位置に石油ストーブを設置するかによって使い分けます。

対流式は機器の真ん中に燃焼筒があり、
炎は燃焼筒の中で立ち上がります。

燃焼筒を中心に空気は暖められますが、
暖められた空気は上昇し、対流が発生します。

対流によって部屋全体を暖めることが出来るので、
部屋の真ん中に置いて使用するのに適しています。

反射式は燃焼筒の奥に反射板を備えています。
反射板によって一方方向を暖めるのに適しているため、
壁を背に前面を暖めるのに適しています。


2.石油ストーブの燃費って?様々な暖房器具で徹底比較!


暖房器具と言えば思い浮かぶ石油ストーブを筆頭に、
石油ファンヒーター、エアコン、最近はオイルヒーター、床暖房、セントラルヒーティングと
様々な暖房器具が発達しています。

1時間あたりにかかる燃料費を比較してみます。

ただしセントラルヒーティングと床暖房は初期費用と維持・修繕費などを考慮すると、
簡単にはコストを比較できませんので今回は外します。

各社ごとの暖房器具のスペックの違いもありますが、
基本的に燃料費が安い順に

エアコン>石油ストーブ>石油ファンヒーター>ガスファンヒーター>オイルファンヒーター>電気ファンヒーター
となります。

ただし!エアコンの電気代が安くつくのは8畳サイズまで。

それ以上の広さの部屋に対してはがくんと電気代が上がり、
その分石油ストーブの方が燃費が上がります。

使用する予定の部屋の大きさに応じた選択が必要です。


3.石油ストーブの燃費を良くするコツとは? 


さて広い部屋で使用するには最も燃費の良い石油ストーブですが、
どうせならもっともっと燃費をよくしたいですよね!

石油ストーブの燃費を良くする方法をご紹介します!

①安く灯油を買う!

当然のことながら灯油を安く購入することが燃費節約の第一歩です。

でも、灯油の値段は細かく上下するから運次第でしょ、
とお考えではありませんか?

実は購入する場所によって大きく異なるのです。

基本的に灯油が安いのはセルフ式のガソリンスタンド。
その次にホームセンター、移動販売車と続きます。

同じような距離にセルフ式スタンドとホームセンターがある方は、
安い方でご購入なさることをオススメします。


②対流をよくする

石油ストーブの弱点は特定の場所しか暖められないこと。
しかしサーキュレーターなどを使い、暖かい空気を空気中に循環させることで
部屋全体を効率よく暖められます。

サーキュレーターの消費電力は一ヶ月数十円ほど。
ほとんど気になりませんからオススメです。


③こまめにオンオフを繰り返す

エアコンはこまめにオンオフを繰り返すとかえって電気代を消費するためおすすめしませんが、
石油ストーブの場合は室内がある程度暖かくなってきたら消火し、
また寒くなってきたら点火する、を繰り返すとかなりの燃費節約になります。

石油ストーブは石油ファンヒーターと違い温度設定が出来ませんので、
時には汗ばむほど室内を暖めすぎてしまう場合もあります。

そんな場合は思い切って消火しましょう!
広い部屋だとなかなか勇気のいる行動ですが、
狭い場所を暖めているのであれば一度暖めた空気はなかなか冷めませんから、
こまめに石油ストーブをつけたり消したりを繰り返してもそこまで寒い思いをしないで済みます。


④冷気が侵入しないようにする

すきま風が入り込むような場所で石油ストーブを使用すると、
なかなか室内が暖まらずに燃費も落ちます。

窓がある場合は、カーテンをひくと冷気の侵入を防ぐことができます。
すきま風が入る場合はテープなどで目張りするとある程度防げます。

ホームセンターに出かけると、
室内のすきま風対策に使えるグッズがいろいろと揃っていますので、
見てみるのも楽しくためになりますよ。


4.まとめ


部屋の大きさにも左右されますが、
すぐに部屋を暖められて燃費も良い石油ストーブはとっても便利な存在です。

換気に気を付ける必要はありますが、
使用する動力は灯油だけなのでとっても経済的。

より広い範囲を暖めるためにはサーキュレーターを併用すると効果的です。

サーキュレーターは夏場のエアコンと併用して使用することが出来ますので、
年間を通して大活躍するのでオススメです!

石油ストーブの機種によっては同時に調理もできますから、
災害時の保険としてもとっても心強い存在になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ