タイヤチェーンはレンタルで 雪山ドライブの必須アイテム

スポンサードリンク


めったに雪が降らない地域に住んでいると
雪道のドライブへ備えなくても済んでしまいがちです。
しかし「スキーに行きたい」「雪国を旅行したい」など、
いつ雪道を走ることになるかはわかりません。

最近はスタッドレスタイヤなんて便利なものもできましたが、
昔はタイヤチェーンが雪道への味方でした。
チェーンは着脱が大変というイメージもありますが、
果たしてどうなのでしょうか?


タイヤチェーンのすごさ! スタッドレスとの性能比較


タイヤチェーンは、昔は文字通り金属製の鎖でできた網で
このチェーンが雪に食い込むことでタイヤの駆動を伝え、
滑らずに走れるようにしたものです。

一方、スタッドレスタイヤはタイヤ自体に
形状や材質などの工夫を加えて、
チェーン装着と同じような効果が出るようにしたものです。

ちなみに「スタッド」とは「鋲(びょう)」のこと。
かつては雪道用として鋲のついたタイヤが一般的でしたが、
雪道以外の場所で走るとアスファルトを削ってしまったりするので
「鋲のない雪道用タイヤ=スタッドレスタイヤ」が普及したのです。

スタッドレスタイヤは大変便利なものではありますが、
雪道のパフォーマンスではやはりチェーンの方が効果的です。
一方で、スタッドレスタイヤは雪のない道も自由に走れますが、
チェーンは雪がなくなったらすぐに外さなければなりません。

突然の雪への備えとしてはスタッドレスタイヤを履いておき。
最初から雪道を走ときにはタイヤチェーンを準備する、
用途に合わせてうまく使い分けるのが良さそうです。


タイヤチェーンはレンタルで! 雪山に行くときの必須アイテム


冬場になったら履いておけばよいスタッドレスタイヤはともかく、
「雪道専用」のチェーンをわざわざ買うのは気が引ける人も
少なくないかもしれませんね。

そんな人におススメなのが「タイヤチェーンのレンタル」です。
これなら旅行の日程に合わせて必要なだけ使えますし、
保管の場所も必要ありません。

最近では店舗にわざわざ借りに行く必要もなく、
郵送でのレンタルサービスを行っているところもあります。
価格は一日2千円前後から。
使用頻度に合わせて考えるのがよいでしょう。


タイヤチェーンのつけ方 一度は予行練習しておこう


一昔前のタイヤチェーンといえば、
ジャッキで車を持ち上げて装着するという大変なものでした。

最近のチェーンは

バイアスロンタイプ(フックで留めるもの)
金属製ワンタッチタイプ(ゴムの力で締めるもの)

など、取り付けが簡単なものが増えてきています。

しかし、簡単になったとはいえ
一度も経験がない人には難しく感じられますし、
いい加減な装着はドライブの安全性にも関わります。

必ず出発前に予行演習をしておくことをおおススメします。


まとめ


タイヤチェーンは強い味方ですが、
「チェーンを装着したから普通に走れる」
というものではありません。

あくまで「雪道を走っているんだ」という
心構えで運転するのが大切です。

雪のレジャー、安全運転で楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ