rsウイルスに感染!? 保育園はいつまで休まなきゃいけないの??

スポンサードリンク

rsウイルスに感染!? 保育園はいつまで休まなきゃいけないの??


生涯にわたってくり返し感染すると言われているrsウイルス。

厄介なのは感染力が非常に高いこと、
それなのに風邪とあまり区別が付かないこと。

乳幼児期には重篤化する恐れもある病気ですから、
流行期である冬から春には細心の注意が必要です。

とはいえ、いざ自分の子供が感染してしまった場合、
どれくらい保育園をお休みさせればいいのでしょうか?

他の病気とは違う注意点とかあるの?
そんな疑問に対する回答を集めてみました!


1.rsウイルスってこんなヤツです


rsウイルスは呼吸器系に感染するウイルスです。

このウイルスに感染することによって起きるのがrsウイルス感染症。
主に咳、鼻水、発熱という症状が出ます。

症状が出てから1週間ほどでおさまりますが、
ウイルス自体の感染力が強く、
一見「治った」と思える状態でも、周囲に与える脅威は去ったとは言えません。

風邪に似ていますが、免疫が十分に作られていない
と肺炎や急性細気管支炎など重篤化する場合もありますので、
小さいお子さんがいる家庭では注意が必要です。

1歳未満の子供や初めてrsウイルスに感染する子供は
特に重症化しやすいので注意が必要です。

またrsウイルスは進行が早いのも特徴です。

「もう何度か発症したことがあるからうちの子は大丈夫」と軽く見ていると、
急に容体が変化した際に対応できなくなる恐れがあります。

rsウイルスに感染した場合は
周りの保護者が注意深く経過を観察する必要があります。

夜間窓口など、緊急の際に受診できる病院についても
改めて番号確認などもしもの際に備えましょう。

主に飛沫感染や接触感染で拡大し、
潜伏期間が2~8日もあります。

さらに症状が消えたと思っても、1~3週間は感染する力があるため
その気はないのに集団感染の原因になってしまった!ということも。。。

もしも感染した場合は、行動に注意が必要です。


2.rsウイルス感染したら保育園はいつまでお休み??


そもそも、インフルエンザや百日咳などと違って、
rsウイルスは現状では政令上の登園停止期間が定められていません。

もしかしたら保育園によっては独自のルールが
存在しているところもあるかもしれません。
その場合は感染して発症したら保育園のルールに従って休みましょう。
しかし問題は規定がない場合です。

感染力が強いのだから、
熱が下がってすぐに子供を保育園に連れて行って感染源となり、
周りの保護者の視線や保育士の視線が痛・・・という事態は避けたいです。

かといって、共働きの家庭では
いつまでも子供のために有休を使って休むわけにもいきません。

病児保育は費用もかかりますし。

ではどうすればいいのか。

ずばり、症状がどこまで治まったか、がポイントです。

熱が下がったか、だけでなく
「咳が治まったか」
「食欲が出てきたか」
「水分を取れるようになったか」という面も見て、
判断して下しましょう。

特に咳や痰、呼吸困難などの消化器系の症状がまだ出る場合は、
一見元気に見える場合でも登園は見合わせた方がいいでしょう。
まだ体内でrsウイルスが活発に活動している証だからです。
また消化器症状がでたままだと、まだまだ周囲に対する感染力は健在です。

それも難しい場合は、かかりつけのお医者さんに聞いてみると良いでしょう。
医療関係者の助言は説得力があります。


3.rsウイルス 保育園に登園する際の注意事項とは?


最長で3週間も感染力を保有するrsウイルス。

当然、大事を取って3週間休ませる、なんて現実的であるはずもなく、
症状が和らいだところで登園となります。

しかしrsウイルスは感染者の唾液がついた手で遊んだおもちゃを、
他の子供が遊ぶことでも感染します。

他の子にうつさないようにする配慮が必要です。

まずは子供にマスクを着用させましょう。

飛沫感染を防ぐ事が出来ます。

最近は可愛い柄のマスクも増えてきましたし、
保育園で禁止されていなければ
子供の好きな柄を着用させてあげるといいでしょう。

また保育園側に口頭でいいので説明をしておきましょう。
保育園で集団感染なんてことにならないためにも、
情報共有は重要です。

さらに、うがいや手洗いもいつも以上に徹底させます。
くしゃみだけではなく、
唾液がついた手で遊んだ玩具やドアの取っ手、
家具などを介しても感染は拡大します。

消毒も有効なので、
アルコールや家庭用塩素系漂白剤で
持ち物や家の中もこまめに消毒します。

保育園だけではなく、
家庭でも感染が拡大するおそれがあります。

大人でもまれに発症することがありますので、
看護する側にも注意が必要です。


4.まとめ


rsウイルスの怖い点は、
風邪と区別がなかなか付かないことです。

知らないうちに感染して、
知らないうちに周囲に拡散させているかもしれません。

特に保育園や幼稚園は子供が集まる場所ですから、
知らず知らずのうちに感染してしまいます。

予防することはなかなか難しいですが、
ひとりひとりの家庭が適切な行動を取ることで
爆発的な感染拡大は防げます。

きちんとした知識をもつことが予防の第一歩ですから、
流行期には知識を活用して対応して下さいね!


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ