インフルエンザの症状が軽い?ただの風邪との見分け方とは?

スポンサードリンク

「風邪だと思ってたけど、
今思い返してみるとあれはインフルエンザだったかも。
まあ症状の軽かったしいっか。」

インフルエンザの流行する時期になるとそうお考えのあなた。

そこの判断を曖昧にするのはとっても危険です。

インフルエンザは「ちょっと風邪の重いバージョン」ではなく、
死に至る危険性を秘めた重大な病気です。

放置すると症状が悪化してしまい取り返しがつかないことになります。

インフルエンザと風邪についてご説明しますので、
しっかり違いを見分けられるようになりましょう。

1.インフルエンザの一般的な症状とは


風邪の症状としては
くしゃみ、鼻水、咳、たん、喉の痛み、鼻詰まり、発熱
などが挙げられます。

インフルエンザの症状はこうした一般的な風邪の症状に加え、
頭痛・全身の悪寒・筋肉痛・関節痛・全身がだるいなどの症状がでます。

症状が出る期間も約一週間と長いため、
初期の対応が大切になります。

風邪だと思って放置した場合、
気管支炎や脱水症状、肺炎を併発させたり、
最悪の場合脳炎や心不全に至る場合もあります。

また発熱も風邪の時より高めに出ます。

38℃以上の高熱が出た場合は、
インフルエンザを疑いましょう。


2.そもそもインフルエンザと風邪の違いって何?


根本的な原因が違います。

風邪は細菌やウイルスなどの病原体に感染することでかかります。

しかし急激な温度変化や疲労で風邪を引くこともあります。

前者を感冒、後者を寒冒と表現します。

一方インフルエンザの原因は、
インフルエンザウイルスに感染したことです。

潜伏期間を経て(通常1~3日)から症状が出ます。

一気に高熱が出る場合が多く、
全身にその症状が現れます。

また感染力が非常に高く症状も風邪より重いインフルエンザは、
他人からうつされるのはもちろん、自
分が身近な人にうつしてしまう危険性も考慮しないと大変なことに。


3.インフルエンザの症状が軽い?風邪との見分け方とは?

重い風邪の症状と軽いインフルエンザの症状は実はとても似ていて、
なかなか見分けが付きません。

しかし見分けるポイントはいくつかあります。

まず、風邪は全身の倦怠感をあまり伴いません。

全身のだるさを感じたときはただの風邪ではないことを疑いましょう。

鼻水も風邪の場合はひきはじめに出ますが、
インフルエンザの場合はあとから出ます。

その他、頭痛・咳・全身の寒気も風邪の方がゆるやかに出ますから、
「いつもの風邪とちょっと違うな…」と違和感を感じたら
インフルエンザを疑いましょう。


4.まとめ


症状は似ているようでも、ひとつひとつ突き詰めていけば
インフルエンザと風邪は異なる病気です。

違和感を感じたり、
職場や学校で流行っている流行期は特に注意しましょう。

ただの風邪と侮らずに対処することで症状の悪化を未然に防ぎ、
他人に撒き散らす危険性も抑え込めます。

特に忙しい時期に流行する病気ですので、
我慢せず怪しい症状が出たらすぐに病院へ。

初期の段階であれば治療の手段がアレコレありますから、
深刻化することはありません。

きちんと自分の健康管理を行いましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ