オクラのゆで時間 味と栄養素を両立させる正解は『○分』!

スポンサードリンク

オクラのゆで時間 味と栄養素を両立させる正解は『2分』!


夏野菜の代表格「オクラ」

オクラ


オクラは生でも食べられますが
さっとお湯で茹でると青臭さもなくなり
鮮やかな緑色になってとっても美味しいのです!

さらにオクラのベーコン巻きなど
加熱するレシピでも調理する時間が短くなります。

買って帰ってすぐに茹でておけば
毎日の調理時間の時短が可能です!

とはいってもさっと茹でるとよくレシピにありますが
このさっとゆでる・・・

ゆで時間が足りないのでは?
またはゆですぎ?

となかなか難しいですよね。

そこで味と食感と栄養素を両立させる
オクラゆで時間についてご紹介です!

さらに!忙しい方のために
電子レンジでのレシピもご紹介しちゃいます!



1.オクラ 味と栄養素を両立させる茹で時間とは?


オクラに含まれる栄養素は熱に弱く
またゆでると栄養素が
お湯に溶け出てしまいます。

さらには野菜ならではの食感が
損なわれてしまわないように・・・
茹ですぎには注意が必要なのです。


そこで、オクラの食感とあのネバネバ
そして大切な栄養素が保てる茹で時間とは?

ズバリ
2分」!!
なのです。

ゆでる


◆なぜ2分がちょうどよいの??

さっとゆでるといえども実際にどれくらい?

この感覚は人によりさまざま。
そこでオクラの特徴

◇ネバネバ
◇歯ごたえ
◇色
◇栄養

を失わないベストな時間を
茹で時間を変えて調査したところ
2分が絶妙なタイミングだったのです!

ネバネバ、歯ごたえ、色は
食べてみてすぐにわかりますが、
気になる栄養素は・・・?

ゆで時間によるビタミンCの損失を調査した結果

生のオクラでは14ミリグラム
2分ゆでた時は13ミリグラム。

と2分ゆでても
ほとんど減少していなかったのです!

2分間ゆでたものは歯ごたえもしっかり
そして嬉しいことに生で食べるときより
粘り・とろみが増していました!

オクラならではのネバネバが
さらに引き立っていたのです。

この調査結果を利用しない手はありません!


◆具体的な茹でかたとは?

茹で時間2分が最適なのは分かりましたが、
茹で方にもコツが必要です。

そこで実際の茹でかたをご紹介!

1.軽くオクラを塩揉みして
  うぶ毛を取り除き水洗いする。
  
2.鍋にたっぷりのお湯を沸かす

3.沸騰したら塩を小さじ1杯弱入れる
  ⇒2%の塩加減(水1Lに塩20g)

4.オクラを入れて茹でる。

5.2分ゆでたら取り上げザルで水切り


これで大丈夫♪

~注意事項~

・必ず沸騰してから入れましょう

・塩もみは色よく仕上げるための下処理です。
 時間がない場合や、さらオクラを煮込む料理に使う場合は省いても大丈夫です。
 塩もみしない場合は、お湯に塩を加えます。

・オクラはお湯に浮きやすいので、
 落とし蓋をするかときどき菜箸で転がすと均一に火が通ります。

・氷水で冷やすと水っぽくなりますので
 急ぎの時だけにしましょう。

 水につけすぎるとどんどん栄養素が水に溶け出すので
 粗熱が取れたらすぐに水を切ります。

・オクラは大きくなりすぎると
 ちょっと固いので大小により時間調整しましょう。

・切ってゆでないように!
 ⇒オクラの中は空洞なので
  切るとお湯が入って
  水っぽくなってしまいます。

・少し固いくらいがちょうどよい目安です。
 ⇒余熱で火が入るので食べるころには
  ちょうど良いやわらかさに!


逆に柔らかめに料理に使いたいという方は
茹で時間を長くするなど
料理や好みによって使い分けると良いでしょう。


2.オクラ 電子レンジで調理するときのポイントは?


忙しくて少しでも時間を短縮したいという方には
電子レンジがオススメ!

レンジ


電子レンジで調理するメリットは

◇お湯を沸かす時間が省ける
◇仕上がりの緑色が綺麗に仕上がる
◇湯がかないので栄養価が失われない

といいことたくさん。
しかし、電子レンジでは水分が失われるので
レンジで加熱しすぎると固くなってしまうことが
あるのでやりすぎには要注意!!


電子レンジでの最適な時間は
1分」!


◆具体的なレンジの方法とは?

1.軽くオクラを塩揉みして
  うぶ毛を取り除き水洗いする。

2.水で濡らしたクッキングペーパーで
  オクラを包む

3.耐熱皿にのせ電子レンジで1分程度加熱(600w)


※電子レンジ対応のクッキングペーパーをご使用下さい。

※クッキングペーパーがない場合は
 レンジ用のふたやラップを軽くかけ
 ましょう。 

※オクラ10本の場合の時間です。
 量や大きさをみて加熱時間は調節しましょう。

以上がレンジで簡単
オクラの調理レシピです。

あとはめかぶや納豆と一緒にご飯に載せるだけで
ヘルシーねばねば丼の完成です!

おかかを混ぜてマヨネーズやポン酢で和えるだけでも
美味しく頂けます。

爆発しないように爪楊枝で2~3箇所適当に穴を開けて、
衣をつけて揚げれば天ぷらの完成です。

すでに火が通っている状態なので
衣が美味しそうな色に変わったら油から引き上げるだけ。

「火が通っていないかもしれない」と
悩む必要はないので簡単お手軽です。

豚バラ肉で茹でたオクラを巻いて焼くだけで、
居酒屋さんのようなメニューが完成します。


3.傷みやすいオクラ オススメの保存方法は?



調理法をマスターしたら次は保存方法!

オクラは意外と
傷みやすいのです。

◆長持ちする保存方法とは

すぐに使わない場合は
冷凍保存しましょう!

オクラは冷凍できる野菜なのです。
冷凍野菜としても販売しており
とっても便利!

冷凍オクラ



冷凍の場合の保存期間の目安は1ヶ月程度
となります。


~オクラの冷凍方法~

1.軽くオクラを塩揉みして
  うぶ毛を取り除き水洗いする。

2.保存袋にいれて冷凍!

※ゆでてからでも生のままでも冷凍OKです。
※刻んでから冷凍すると必要な分だけ使えるので◎
※冷凍したオクラは生で食べるのは避けましょう。

解凍は自然解凍で大丈夫!
もちろん、レンジで軽く温めてもよいです。
刻んだオクラはすぐに火が通るので、
スープの仕上がり1分前にさっと加えれば、
あとは予熱で程よく火が通ります。

~冷凍しない場合は?~

冷蔵庫に入れる場合は要注意!

オクラは冷気にあたると変色して傷みやすいのです。
なぜならオクラは暖かいところでとれる野菜だからです。

そこで冷蔵庫にいれるときは新聞紙にくるんだり
密閉容器に入れて保存しましょう。
野菜室に入れる場合も同様です。

また、下ゆでしたオクラを冷蔵庫に入れる場合も油断は禁物です。
茹でても冷気には弱い野菜だからです。

下ゆでした場合は、
冷蔵庫で保存できるのは1日までと覚えておいて下さい。


4.まとめ


オクラの茹で時間についていかがでしたか?

オクラをゆでるときは
◇ネバネバ
◇歯ごたえ
◇色
◇栄養

を失わないベストな時間で茹でる事が大切。

その茹で時間とは?
2分が絶妙なタイミングです!

茹で過ぎには注意をしてください。

また忙しい方には電子レンジがオススメ!
電子レンジでの最適な時間は
1分

なんとお湯で茹でる時間の半分でキレイに手早く仕上がります。
時短でさくっと仕上げましょう。

そして傷みやすいオクラ
購入してすぐに使わないときは冷凍保存しましょう!

冷蔵庫保存の場合は新聞紙でくるむなど
直接、冷気を当てないことが大事です。

茹でた後のオクラも同様に、冷気には弱いです。
冷蔵庫で保存できるのは1日です。

オクラを上手に使いこないして
お料理美人(?)を目指しましょう!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ