日傘はやっぱり完全遮光!99%じゃダメ? 熱中症予防にも!

スポンサードリンク

日傘はやっぱり完全遮光!?

日傘って、昔からあるのですが、
最近はオシャレなやつが増えてるみたい。

それどころか、男性が日傘を使うシーンも
見られるようになりましたね!

そんなニーズが増えつつある日傘。
最も大切なのはどのくらい光を遮ってくれるか?

いわゆる、遮光性。

でもですね、
実は日傘の性能ってそれだけじゃ
分からないんです・・・






1.日傘の遮光性能の表し方


日傘 遮光性能

そもそも、遮光性能は
どのような表し方があるのでしょうか?

実は遮光性能の表示には、

完全遮光
遮光1級
遮光2級
遮光3級
遮光性

があります。

遮光等級の基準は
以下のようになっています。

遮光1級:遮光率99.99%以上
遮光2級:遮光率99.80%以上、99.99%未満
遮光3級:遮光率99.40%以上、99.80%未満

『完全遮光』及び『遮光性』については
基準がありません。



2.日傘の性能は遮光だけじゃない!


parasol

日傘といえば、光を通さない傘なので、
その性能は遮光性で表現される!
と思いますよね?


実はそうじゃないんです。


日傘の性能には
遮光率
UVカット率
があります。

遮光率は先ほど述べたとおり光を遮る率。

UVカット率は紫外線のカット率で
日焼けを防ぐ力のことです。

そして、見落としがちなのが、
数値化されてない「涼しさ」。

遮光率、UVカット率に加え、
傘の色や素材、生地の厚みなど
総合的な要因により決まってます。


日傘を選ぶ際の評価ポイントは

①まぶしさを防ぐ ・・・ 遮光率
②日焼けを防ぐ  ・・・ UVカット率
③暑さを防ぐ   ・・・ 傘の総合力

の3つを押さえておけば良いでしょう!



3.日傘の色による違い


日傘 色

日傘にもオシャレなものから無骨なものまで、
様々な種類がありますよね!

出来るならオシャレな日傘の方が
良いでしょうが、肝心の性能が悪いんじゃ
本末転倒ですよね!

そこで、日傘の色による違いを簡単にまとめてみました。


 熱を持たないため涼しいです。

 ただし紫外線のカット率が低く
 80%台の数値しか出ません。
 (UVカットコーティング加工があれば問題なし)


 熱を吸収するので傘自体が熱を持ちます。
 紫外線のカット率が高く、90%以上は確実です。

表面が黒地で内側シルバー地
 傘自体が熱を持ちます。
 コーティングされているので
 紫外線のカット率は高いです。
 内側のシルバーは反射光や散乱光に含まれている
 紫外線を再反射する傾向があります。

表面がシルバー地で内側黒地
 直射日光の強い台湾でポピュラーな日傘です。
 表面のシルバーコーティグで光を跳ね返します。
 熱は持ちにくく、紫外線のカット率も高いです。
 最大の欠点は、その見た目の悪さです。。。


4.完全遮光日傘のおすすめブランド


日傘 ブランド

さて、日傘の性能について
全体像が見えてくると、
実際にはどんな種類があるのか?
気になってきますよね!

種類を全部紹介するのは
ムリがありますので、
おすすめブランドの観点でご紹介!


サンバリア

とにかく日焼け防止にこだわるならコレ!

サンバリア100は1級遮光日傘とは、
生地の構造が違います。

市販の1級遮光日傘には、
「コーティング加工により!
 遮光率99.99%、
 紫外線遮蔽率99.9%以上」
と表示されています。

その1級遮光日傘の表側から
LEDのライトを当てると・・・

日傘 サンバリア

日傘 サンバリア



完全に光が透けてしまいます!
遮光率99.99%の1級遮光日傘ではこれだけ光が透けてしまう訳です。

サンバリア100では光を通しません!

この完全遮光を実現している秘密は
その構造にあります。

サンバリア100は『フィルムラミネート加工』、
つまりフィルムを貼る加工。

1級遮光は『コーティング加工』、
つまり塗る加工。

塗るという事は、塗りムラが必ず出ますし、
乾燥途中で表面に穴も空いてしまうのです。



リーベン

暑さ対策日傘ならコレ!

UVカット率だけが日傘の機能性の基準なのか?
本当に日傘に求めている機能は何なのか?

考え抜かれた新しいコンセプトで
遮熱性や遮光性にこだわって作られた涼しい日傘。

それがリーベンの誇る
≪ひんやり傘≫と
≪クールプラス≫ です!


紫外線・太陽光・太陽熱を
カットする機能が抜群です!

特徴1)紫外線カット → 日焼けしない!UVカット率99%
特徴2)太陽光カット → 遮光効果で影が濃い!
特徴3)太陽熱カット → 涼しい!



まとめ


いかがでしたか?

日傘と一口で言っても、
そこに求めるものが何か?で
随分と見方が広がるものですよね?

何の目的で自分は日傘を欲しているのか?
しっかりと見極めることが重要ですね!

そうすれば、どの性能指標値を
参考にすればよいか?
ぴったりのブランドは何か?
見つけやすくなりますよね!

素敵な日傘が見つかるといいですね!


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ