室内こいのぼり 室内用でも大満足!種類や特徴、注意点を紹介!

スポンサードリンク

五月の節句に欠かせない鯉のぼり!

こいのぼりは子どもの立身出世を
願って飾るとされており、
その願い込めて購入する人がとても多いのです。




しかし、「ベランダやバルコニーに設置できない」
「庭がない」など飾りたいけど外に飾るのは
意外とハードルが高いのです。

そこで今回は、室内用のこいのぼりのご紹介です!

室内用こいのぼり



最近では、室内用のこいのぼりの種類も
とても増え、とても立派なものまで多数あります!

一度、買ってしまえば長く使用できます。
男の子が居る家庭は、是非この機会にどうでしょうか?



1.室内こいのぼり そのメリット・デメリットは?


◆室内用こいのぼりのメリットはこの3点!!

(1)汚れない
(2)近所への迷惑を考えなくてよい
(3)いつも眺めていられる


~(1)汚れない~

外に飾るこいのぼりで一番気になるのは
雨や風などによる汚れ・・・
せっかく高価なものを購入しても
汚れていては、子供も喜びません。

外用のこいのぼりは、しまうときに
洗濯が必要になるものもあり
手間もかかります。

室内用のこいのぼりであれば
天候にも左右されず
いつまでも綺麗な状態を維持することが
できますよ。
そのまましまうこともでき
忙しいママにもぴったりなのです。


~(2)近所への迷惑を考えなくてよい~

外に飾るこいのぼり。
近所へ迷惑にならないかはとても気になります。
特に、マンションのベランダに飾る場合は、
隣や下の方の領域に入り込んでないか
注意が必要です。
また風で飛ばされないようにしっかり固定
をしなくてはなりません。

そこで室内用のこいのぼりであれば
自由に好きなところへ飾れるため
近所への配慮は一切いりません。
気楽に飾ることができます。

隣のお家と距離が近い住宅街や
マンション環境などにはとても向いているのです。


~(3)いつも眺めていられる~

外に飾るこいのぼりは、
いざ飾っても、外にいかないと見れないため
飾っている自分たちはせっかく購入しても
実はあまり見る機会がありません。


室内用のこいのぼりであれば
お家の好きなところにおけるため
いつでもずっと眺めていることができます。
季節を感じることができ
インテリアにもなるので毎日見るのが
楽しみになります。
来客時にもちょっとした会話のタネに
なりますよ♪


◆デメリットは?

デメリットは、やはり風になびかないこと
でしょうか。
外に飾っていても風がないときはだらーんと
してしまっていますよね。

でも大丈夫!!
室内用のこいのぼりは風がなくても泳ぐように、
付属の金具で固定して飾るのです。
逆にいつでも泳いでいるかのように見えますよ。




2.室内こいのぼり 種類と特徴 お値段は?



そんな室内用こいのぼりにもいろんな種類があります!


◆どんな種類があるの?


<スタンドタイプ>
一番人気は、このスタンドタイプ!

スタンド


下に置いて飾るタイプでとても
高級感があります。
孫への贈り物を考えている場合などは
とてもおオススメです。

<つっぱり棒タイプ>

スタンド式は場所もとるし
万が一倒れたときに心配といった方への
おすすめは、このつっぱり棒タイプ

つっぱり


天井と床で固定するためとっても安心です。
こいのぼりも高い位置に飾ることができます。

商品の例

http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/8184205situnai01

<つるすタイプ>

次のおすすめはこのつるすタイプ

つるす


これは室内ならではの発想です。
本当にこいのぼりが泳いでいるかのように
眺めることができます。

場所もとらないので置き場のない方に
おすすめです。

商品の例

http://item.rakuten.co.jp/tigusaya/05c-t-123-741/?scid=af_pc_link_txt&sc2id=278665934

<置物タイプ>

こいのぼりは、飾りたいけど
あまり大げさなのはちょっと・・・・
という方にオススメなのは置物タイプ

置物


こちらなら玄関の下駄箱の上や
居間の窓辺などちょっとしたところに
飾ることができます。
手軽にに季節感を味わうことができますよ


◆もっとこだわりたい方の選び方は?

さらにこいのぼりに、こだわりたい方は
「デザイン・作家」や「ブランド」
で選ぶことをおすすめします。

値段はさらに高くなりますが
人とは少し違う個性的なこいのぼりを見つけることが
できますよ。


~「デザイン・作家」~
有名な作家では、「片岡鶴太郎さん」のこいのぼりがおすすめです。
色合いやデザインも個性的で目立つこと間違いありません!
ちょっとおしゃれなこいのぼりです。

片岡


その他には、「山本寛斎さん」のこいのぼりも有名です。
きらきらしていて華やかな印象。
色合いも芸術的で素敵です。


~「ブランド」~

ブランドで選ぶのもよいと思います。
こいのぼりで有名ブランドといえば

岡山県にある「人形の徳永」
鯉のぼり生産数日本一を誇るこいのぼりメーカー
なのです。

室内用にもたくさん種類があるので
ぜひみてみてください。


◆お値段は??

さて気になるこいのぼりのお値段ですが
1万円以下~30万円以上するものまで
さまざま!

装飾や色付けの細かさ、
サイズ、生地の質によって変わります。

予算から鯉のぼりの選んでみるのもいいと思います。

一般的には、3万~5万円くらいのものが
贈り物としては人気です。
これくらいの値段であれば
豪華に飾ることができるものがほとんどです。

ブランド品などでこだわりたい方は
30万円以上するものもあります。。。
ぜひ予算と相談して検討してください。


3.室内こいのぼり 飾るときの注意点は?



室内用こいのぼりは、外に比べて天候にも左右されず
近隣にの迷惑もないため注意点もとても少ないですが

タイプ別に気をつけるべきことをご紹介です。

<スタンドタイプ>

スタンドタイプでの注意事項は、やはり倒れること。
普通に飾っていて倒れてしまうことは
まずないですが
小さなお子様がいる方は注意が必要です。

お子様から離れた場所や玄関などに
置くことががおすすめです。

またお子様に障らないようにきちんと
注意することも大事です。


<つっぱり棒タイプ>

スタンド式に比べると安定感があるため
倒れる心配はほとんどいりません。

ただし、購入時の注意点として
つっぱり棒タイプは天井の高さの制限があるので
床~天井までの高さを確認してから
製品を購入するようにしましょう。


<つるすタイプ>

つるすタイプのメリットはやはり場所をとらないこと
そのため、場所を問わず飾ることができます。

注意事項としては、子供が引っ張れない高さで
つるすこと。

ある程度大きなお子様の場合は、大丈夫ですが
まだ小さいお子様にとっては気になる遊び道具に
見えることも。。。。

つるすタイプは、高めの位置で飾るものが
多いですが
念のためつるしたときのこいのぼりの高さは
事前に確認しましょう。


<置物タイプ>
こちらのタイプはコンパクトで
場所もとらないため特に注意することが
ありません。
なるべく目立ち、アクセントが欲しい場所に
飾りましょう。



4.まとめ


室内こいのぼりについていかがでしたか?

室内こいのぼりの魅力は何といっても
この3つ!

(1)汚れない
(2)近所への迷惑を考えなくてよい
(3)いつも眺めていられる

忙しいママや住宅街に住む家族
なども気にせず楽しむことができます。

種類は、
「スタンドタイプ」
「つっぱり棒タイプ」
「つるすタイプ」
「置物タイプ」
があります。

部屋の飾る場所も踏まえてベストなものを
検討しましょう。

さらに有名作家やブランド品もあるので
予算と相談しながらこだわりのこいのぼりを
見つけてください。

飾るときはタイプ別に注意事項があるので
ぜひ一読してから購入しましょう。

これで毎年飾るのが楽しみになりますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ