地震と地鳴りの関係って? こんな音が聞こえたら危険の予兆!?

スポンサードリンク

地震


「ゴゴゴゴゴ・・・」という地鳴り。
皆さん、聞いたことありますか?

実は関東全域でも聞こえたと
ネット上では地震の予兆??との不安の声もとびかっています。

地震大国である日本・・
いざというときに備えができるように
しっかりとした知識を身に付けて
おきたいですよね。

そこで今回は地鳴りと地震の関係についてのご紹介です!


1.そもそも地鳴りって何?どういうメカニズム?


◆地鳴りって何??

地震の振動が音として聞こえる現象をいいます。

つまり、地鳴りは地震そのもので、
地中から伝わってきた地面の細かな振動が
空気や体に伝わって音として聞こえるのです。


◆そのメカニズムとは??

地震により発生する地震派には
P派とS派とあります。

地震派


~P派とは~

第一派といわれ
地震発生時の最初に到達する地震波で、
初期微動を起こすものです。

進行方向に平行に振動し
固体・液体・気体に伝わります。


~S派とは~

第二派といわれ
主要動と呼ばれる大きな揺れを起こすものです。

進行方向と直角に振動し固体に伝わります。


伝わり方



~揺れがなぜ音になる??~

地震波のP波は気体に伝わり
音と同じ性質を持っているので、
空気中に出ると人間に聞こえる音として
伝わるのです。
その音が地鳴りとして聞こえているわけです。

ただし、全てのP派の揺れが地鳴りとして
聞こえるわけではなく
数十ヘルツ(ヘルツ:一秒間に何回振動するかを表す単位)
以上のものが音として伝わってきます。



2.地震と地鳴りの関係について



地鳴りが聞こえたあと、
数秒~数十秒の間に地震が来ることが多いです。

地震の揺れには、最初にくる小刻みな縦揺れと、
少し遅れてやってくる大きな横揺れという2種類の揺れ方があります。

最初にくる小刻みな縦揺れが
いわゆるP派であり地鳴りとして聞こえるのです。

その後に大きな横揺れであるS派が
起こります。

ちなみに地震の予知で利用されている
緊急地震速報は、
この「地鳴り」の原理を利用しています。

また、地震の原因となる地下の岩盤の破壊が小規模だったときは
地鳴りだけで終わってしまう場合もあります。

地鳴りは、初期微動を起こすものであり
地鳴りは震源が浅い場合に起こるのです。



3.こんな音の地鳴りが聞こえたら危険!?


~どんな音?~

地鳴りの音は、
「ドドドド」と「ゴゴゴゴ」を合わせたような
低い音です。

よく例でいうのは、
遠くからダンプカーがこちらに近づいてくるような低くて鈍い音です。
またはジェット機の「ゴゴゴゴ」の音も似ています。

常に意識している人は、しゃべっててもテレビ見てても
聞き分けることができます。
ただ掃除機をかけたりと大きな家事の音では
聞こえないでしょう。


~地響きとの違いは?~


似たような音に地響きがありますが
振動の発生源と音によって地鳴りと区別されます。

地響きの発生源は、重機を地面に杭を打ち込む際に地面に伝わる振動。
例えば、ビルが倒壊して地面に衝突したときの振動や
道路工事などによる振動です。
発生源は人為的なものがほとんどです。

工事


広義では地鳴りも地響きに含まれます。
しかし、音をじっくり聞いてみると地鳴りよりも
不定期な音であるため聞き分けることが
できると思います。
そもそも、人為的な工事の音が一緒に
聞こえることが多いです。


~雷との違いは?~


雷と地鳴りの違いを聞かれることも
よくありますが。
こちらも振動の発生源と音によって地鳴りと区別されます。

画像



雷の雷鳴は、放電(稲妻)が発生すると、
空気が急激に熱せられるために破裂音が聞こえます。

音としては、「バリバリバリ」、「ゴロゴロ」
という音です。

こちらは、音はもちろんのこと
大気の状態が不安定な場合に起こるので
雲の状態を一緒に
確認すると雷と判断できると思います。


4.まとめ


地鳴りと地震の関係についていかがでしたか?

地鳴りとは、初期振動の音であり地震の予兆なのです。

地鳴りが聞こえたあと、
数秒~数十秒の間に地震が来ることが多いため
身の安全の確保に供えましょう。

また似たような音で、地響きや雷の音が
ありますが、それぞれの性質を理解し
聞き分けられるようになりましょう。

しっかりとした知識をもち
自分の身は自分で守れるようにしてくださいね!



防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ