スナップエンドウの筋(すじ)のキレイな取り方を大紹介!

スポンサードリンク

スナップエンドウ



「スナップエンドウ」は、お酒のおつまみにも
お料理の一品にもとっても人気の一品。
でも筋とりが面倒だったりしますよね・・・?

そこで簡単にできる「スナップエンドウ」の
筋とりをご紹介します!




鮮やかな緑色が美しく、クセもないため
とても人気な春野菜!

茹でるだけでお酒のおつまみにも喜ばれ
忙しい主婦はぜひ活用したい一品です。

筋取り



スナップえんどうだけでなく、
さやいんげんなどのえんどう系のスジは同じように処理できます!
この機会にぜひマスターしちゃいましょう♪


1.スナップエンドウの筋(すじ)ってどこにあるの?


料理番組などで紹介している筋取りは
片側しかとってないことが多いですが

実は両側にあるのです!

筋両側


<手順>
①へたの部分の途中までキッチンバサミでカット
②外側の筋を取る
③内側の筋を取る

これで完成!!
キッチンバサミで楽々に処理ができちゃいます。

さらに作業効率を上げたい方は、
最初に全てのへたの部分をカットしてとりかかりましょう。
たくさん下処理を行う場合にオススメです。


◇楊枝を利用しよう!

また先の細い楊枝を利用する筋取りもオススメです。
クックパッドに投稿されている、人気の楊枝バージョンをご紹介します!

「あら簡単!スナップエンドウの筋の取り方☆ 」

http://cookpad.com/recipe/1082931

楊枝


楊枝一本で
本当に簡単にできます!!
えびの背わたを取る要領と同じようにやるだけです。


包丁いらずで簡単にできるため
忙しいときには、お子様やお父さんに
手伝ってもらうのもオススメです!
お手伝いをしたがるお子様には最適です。
共同作業しちゃいましょう。


3.スナックエンドウのゆで方 電子レンジを使う場合は?


筋きれいに取れたら次は、茹でましょう!
茹でる際のポイントのご紹介です。

最後の仕上げまでバッチリやりましょう。


◇お湯でゆでる場合

 ~下処理後~
1.塩一つまみを入れた水を沸騰させる
2.沸騰したところに、スナップえんどうをいれて3分湯がく


~おすすめアドバイス~

☆シャキシャキした食感を楽しみたい方は

ゆでた後、水につけて熱をとりましょう。
野菜が引き締まりさらにシャキシャキ感UP!

☆塩も忘れずに!

青野菜を茹でるときに塩をいれるのは
緑色をキレイに出すためはもちろん
野菜のおいしさが水に溶け出るのを
防ぐためでもあります。

栄養効果をさげないためにもお忘れなく。
またたっぷりのお湯でゆでることもポイントです。


☆茹ですぎないこと!

スナップエンドウは、茹ですぎると食感が損なわれるだけでなく
色も悪くなります。茹ですぎには注意が必要です。
 


~茹でた後の水っぽさを解決したい方には?~

最初に筋を取ると、その隙間から水が入ってしまい
少し水っぽくなります。
そんな水っぽさを解決したい方は、
茹でてから筋を取れば解決します!
茹でたあとはしんなりして筋も取りやすいのです。
ぜひお試しください。



◇電子レンジでゆでる場合

お湯を沸かしてゆでることが面倒な方は、
電子レンジでも楽々!
簡単にできちゃいます。


~下処理後~
1.お皿に入れて塩をふる
2.ふんわりラップをかけて電子レンジにいれる
3.自動あたためボタンをON

なんとこれだけ!
自動あたためボタンのない場合などは、
500Wだと2分程度、600Wだと1分30秒程度で
やってみてください。

レンジで暖めるのでうまみがぎゅっと詰まって
とってもおいしいですよ。
色落ちや栄養価が落ちる心配もいりません。


忙しい晩御飯の準備にとっておきの調理法です。



4.まとめ


「スナップエンドウ」の筋取り&茹で方のポイントは
いかがでしたか?

せっかくの「スナップエンドウ」を美味しく食べるために
下処理・茹で方はとっても大切です。

下処理は、手でやると時間がかかり
爪が痛くなることもあるので
ぜひ必須アイテムを活用しましょう!

キッチンバサミも楊枝もどこの家庭にも
あるもので簡単にできちゃいます!

茹でる際は、お湯でももちろん良いですが
電子レンジでも簡単にできるため
忙しいときはぜひご活用ください。

これで自信をもって
晩御飯の一品ができあがりです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ