ソウルメイトと出会う前兆かも!そのシチュエーションや特徴を徹底解説!

スポンサードリンク

ソウルメイトとは、前世やそれ以前より縁のあった人たちを指します。

前世においてあなたの両親兄弟であった人、
友人であった人、お世話になった人などです。

「初対面ですぐに親友のように打ち解けた」
「なぜかあの人と一緒に居ると安心できる」という相手は、
実はソウルメイトである可能性が非常に高いのです。

しかし全てのソウルメイトと出会うとは限らず、
中には一生出会えない人もいれば、
出会っているのに自分が気付かずその縁を台無しにする場合もあるのです。

そこで今回は、後悔のない人生を送ることができるように、
ソウルメイトと出会う前兆について解説します。

あらかじめ前兆について知っておくことで、
いざその瞬間を逃さないようにしましょう。


1.ソウルメイトに巡り会う前兆を逃しやすいのはこんな人


まずはソウルメイトに出会っても見逃してしまう人の特徴について解説します。

「なぜかソウルメイトに出会うための前兆を見逃してしまう」という人は、
実はただの偶然ではなく共通の特徴があります。

反面教師として知っておきましょう。

・常に前兆を意識している

→意外に思いますが、常に「運命の出会い」を意識している人ほど、
 「もしかしてこれが運命かも知れない」となんでもない出会いを曲解してしまい、
 なかなか本当のソウルメイトに出会えません。

・運が悪い
→必然によりソウルメイトと出会うのですが、
 その必然を上回る運が悪い人は前兆を見逃してしまいます。

・感性が鈍磨している
→感動や感情が枯渇していると、
 特別な出会いに接しても何も感じ取ることが出来ず、前兆も見逃します。


2.ソウルメイトに巡り会う前兆とは


では、実際にソウルメイトと出会えた人はどんな前兆の経験があったのでしょうか?
共通してあてはまる前兆を解説します。

・心と体が緊急事態
→ソウルメイトはあなたを支える存在なので、
 平常時にはなかなか巡り会いません。
 限界の状況におかれた際こそ相手に巡り会うチャンスと言えます。

・惰性で続いた恋に終わりを告げる予感
→「何となく1人は寂しい」という感情から惰性で付き合っていませんか?
 それを精算する覚悟が決まったなら、新しい出会いがすぐ傍にあるという証拠です。

・自分と向き合う覚悟が決まった
→現状から逃げているばかりでは、
 自分自身のこともソウルメイトのことも受け容れることは出来ません。

・別離を経験した
→いつでも別れは新たな出会いと隣り合わせです。
 耐えがたい別離を感じたとき、それはかけがえのない出会いへの前兆です。


3.どうすれば前兆を感じ取れるの?

どうすればより、ソウルメイトと出会う前兆を感じられるか解説します。

・惰性で日常生活を送らない
→「なんとなく」で日々を送ると出会いと巡り会えません。日々にメリハリをつけ、常に自分の目標や志を掲げて生活しましょう。

・感性を磨く
→美しいものや素晴らしい物に対する感動や、
 自然の景観や社会情勢に対して感情が動かなくなると
 ソウルメイトに出会う前兆も気付かなくなります。
 常にアンテナを張り巡らせ、自分の感性を磨くようにしましょう。

・自分の声を正直に聞き入れる
→自分の心の声を信じられない人は、前兆も感じ取れません。
 ありのままの自分を信じ、その心を受け容れましょう。


4.まとめ


ソウルメイトと出会う前兆について解説しました。

前世やそれ以前の縁により出会うソウルメイトは、
姿形が変わってもあなたにとって大切な人であることは変わりません。

しかし必然により出会う運命の人であるにも拘わらず、
前兆を見逃しソウルメイトとの出会いを見逃してしまう人もいます。

常に感性を磨き、惰性で続ける関係を清算することで
前兆を見逃さない環境が整います。

またあまりにも意識しすぎると、出会う人全てに「運命」を錯覚してしまい、
本当のソウルメイトとの出会いを疎かにしてしまいます。

自分を信じ、自分を高める努力を怠らなければ、
いつの日か必ずソウルメイトと出会えます。

己を磨く努力を続けましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ