コーヒー用キャニスター インテリアに最適なオシャレNo.1決定! 機能比較もアリ

スポンサードリンク

海外のハンドドリップ店が次々と日本国内に進出し、
「サードウェーブコーヒー」が流行から定番となりつつありますよね!

丁寧にドリップしたコーヒーはただ単に美味しいだけではなく、
日々の疲れを吐き出す役割もあり、
生活とは切っても切り離せないという方も多いのではないでしょうか?

コンビニコーヒーが美味しく手軽に購入できるようになった今でも、
自宅でドリップを楽しむ人は増加傾向にあります。

しかし美味しい珈琲を自宅で淹れるために必要なのは
ドリップのテクニックだけではありません。

お店で焙煎された豆の保管方法に
大きく味は左右されるのです。

とはいえせっかくのリラックスツール、
保管の際の外観にだってこだわりたいですよね。

そこで今回は、インテリアにもぴったりで機能性も高い
コーヒー用キャニスターについてご紹介します。


1.なぜコーヒーの保管はキャニスターが適しているの?


まずはなぜキャニスターがコーヒーの保管に向いているのか解説します。

コーヒーは生鮮食品に分類され、
焙煎した後はどんどん酸化していきます。

酸化の原因は主に「水・酸素・温度変化・光」の四つです。

つまり購入した後のコーヒーを可能な限り美味しく保存するためには、
この4つの要素を極力排除する必要があります。

珈琲が入っていた袋の中に入れっぱなしにするよりは、
この4つの要素を排除したキャニスターに入れ替えた方が
鮮度を保つことが出来ます。

またキャニスターに珈琲を入れ替えるだけで
インテリアのアクセントにもなるので、
ぜひこだわりのキャニスターを見つけて活用して下さい!


2.インテリアのアクセントになって保管にも適しているコーヒー用キャニスターはこちら


【珈琲専門店のキャニスター】


焙煎したコーヒー豆を売っている珈琲専門店では、
お店のロゴ入りオリジナルデザインのキャニスターを取り扱っています。

中蓋つきのものにすると湿気を防ぐことが出来るほか、
光も遮断できますのでキャニスターを飾りながら
コーヒー豆の保存が出来ます。

憧れのカフェスタイルのアクセントとしてキャニスターは使えますので、
「見せる収納」が可能です。

ただし完全密封式ではないので、
開封したコーヒー豆を入れてから2週間以内には使い切るようにしましょう。

あまり大きくないキャニスターの方が鮮度はキープできます。


【ガラス瓶で専門店の雰囲気】

蓋にパッキンがついたガラスのキャニスターにそのままコーヒー豆を入れて、
珈琲専門店のようなディスプレイを楽しむことが出来ます。

ガラス素材では光を遮断することが出来ないので、
直射日光が当たらない場所に置くのがポイントです。


3.まだあるこんなキャニスター


【陶器】

蓋にパッキンがついた陶器製のキャニスターも
いくつか並べるとインテリアのアクセントになります。

人気があるのはスターバックスのコーヒーキャニスターです。

白地におなじみのロゴがプリントされたシンプルで使い勝手の良いデザインです。

ただし定番商品ではないので、
見かけたときに買っておかないとあとあと後悔することも多い商品です。

夏や冬のギフトシーズンに店頭に並ぶことが多いようですので、
ギフトの季節は他人向けだけではなく、自分のためにも要チェックです。


【真空容器】


よりコーヒー豆の鮮度を保ちつつ保管するのであれば、
真空容器がオススメです。

インテリアとして飾っても邪魔にならないデザインの真空容器をご紹介します。

遠藤商事 真空保存容器
参考URL:http://www.futaba-inc.jp/product/other_01.htm


4.まとめ


コーヒー豆をインテリアの一部として飾るために、
オシャレなキャニスターについて解説しました。

自宅で美味しいドリップ珈琲を味わうためには、
コーヒー豆の保管方法に注意が必要です。

購入した豆はすぐに光と温度変化を避け
酸素に触れさせないようにして保管する必要があります。

袋に入れたままそのまま放置するとどんどん味の劣化が進みます。

コーヒー用のキャニスターに豆を入れ替えると空気に必要以上に触れないようにし、
光も遮断できるのでおすすめです。

インテリアのアクセントになるように、
金属やガラス、陶器の中から気に入った素材のキャニスターを選ぶと良いすよ!

ただし確実に酸素をカットできるわけではないので、
目に見える場所にキャニスターを置くのであれば、
容量が出来るだけ少ないものを選んで早めに飲みきるようにしましょう!

オシャレで美味しいコーヒーライフを満喫してくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ