結婚式の招待状への返信マナーを徹底解説!書き方から欠席理由まで

スポンサードリンク

結婚式の招待状を受け取ったら、
祝福の気持ちを伝えるためにも、
また花嫁・花婿の負担を減らすためにもなるべく早く返信を送りたいところです。

そこで気になるのは、
結婚式の招待状の返信マナーです。

おめでたい席だからこそ、
失礼のないようにしっかりマナーを守った返信を心がけたいものですよね!

そこで今回は、結婚式の招待状の返信マナーについてご紹介します。

1人だけではなく数名との連名や、
夫婦で出席する場合はどうすればいいのか、
万が一の欠席理由はどうするべきかまでご紹介します。

また書き方だけではなく、
渡し方やアレルギーの伝え方もお伝えします。

いざという時に慌てないように、普段からマナーを心がけておきましょう。


1.招待状への返信書き方 ボールペンで記入してもいいの?


招待状への返信は大抵の場合、往復はがきで行われます。

黒色のボールペンか万年筆で記入します。

毛筆で返信を書くのがはがきの正式なマナーですが、
鉛筆でなく故意に後々手を加えることが出来ない筆記具であれば何でもかまいません。

消せるボールペンは摩擦で字が消えてしまう恐れもあるので使用は避けましょう。

返信の書き方ですが、まずは表書きからです。

受取人(花嫁・花婿)の氏名の下に「行」と書かれていますので、
二重線で消して「様」と書き換えます。

次に裏面の書き方です。

「ご出席」「ご欠席」のいずれかに○をつけるようになっています。
「ご」「御」の字を二重線で消し、出席あるいは欠席に○をつけます。

この際、余白部分に「謹んで」と一言書き入れるとより丁寧になります。

二重線で消すことに躊躇がある場合は、
太字のペンで上から「祝」の文字で潰すという手段もあります。

同じように、「ご芳名」「ご住所」の「ご」を二重線で消します。


2.招待状への返信マナー 連名の時は?夫婦で出席する場合は?


招待状は受け取ったらすぐに返信するのがマナーです。

遅くても一週間以内に返すようにしましょう。

また、夫婦や子供を連れて結婚式に出席する場合、
まずは宛名を確認しましょう。

新郎新婦が夫婦で招待する場合は、
必ず宛名に夫婦それぞれの名前か「ご家族様」の文字が入っているはずです。

もし夫婦のうちどちらかの名前しか入っていない場合は、
返信を送る前に新郎新婦に確認の電話を入れた方がいいでしょう。

最初から夫婦や家族ごと招待する場合は、
返信はがきにもその旨記載されていますので返信マナーは通常と変わりません。

ただし「令夫人」「ご家族様」とある場合は、
先方が名前を把握していないということです。

席次表には名前を印字する必要がありますので、
その場合は返信はがきの差出人の名前に付け加えておきます。


3.招待状は手渡しでもいいの?欠席理由は?アレルギー対策も必要?


招待状への返信に電話や電子メールで返すのはマナー違反です。

電話や電子メールでお祝いの言葉を告げた場合でも別途返信を送付しておきます。

新郎新婦は結婚式の準備で忙しく、出欠確認ははがきで管理するためです。

また、招待状を手渡しで受け取った場合は、手渡しで返してもかまいません。

手渡しの場合は一言「結婚式を楽しみにしています」と添えるといいでしょう。

直接手渡しで受け取っていなくても、
新郎新婦の近所に住んでいたり職場が同じ場合は手渡しで返信を送ってもかまいません。

遠方にいる場合は遠慮しましょう。

欠席する場合の理由は、
詳しく言わずに「一身上の都合で参加できません」と断りの電話を入れた後に返信を送りましょう。
一言もなく欠席だけを送ると、相手も気に病みます。

招待状によっては、出席者のアレルギー確認を行う場合があります。

そんな場合は素直に申告しておきましょう。
結婚式当日に無用な混乱を防ぐためです。


4.まとめ


結婚式の招待状に対する返信のマナーについてお伝えしました。

返信はボールペンあるいは万年筆で記入します。

多くの場合、返信はがきが招待状に同封されていますので、
表書きと裏書きの「ご」と「行」に加筆を行い一週間以内に返信を出します。

夫婦や家族で出席する場合は、まずは招待状の宛名を確認します。

もしも連名で招待されていない場合は、
新郎新婦に確認の電話連絡を行った後で返信を出した方がいいでしょう。

返信はがきは多忙な新郎新婦が出欠確認を管理するために必要な物なので、
電子メールや電話で代用することは出来ません。

新郎新婦から手渡しで貰ったり、
頻繁に会う間柄であれば手渡しでもかまいません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ