吐き気の原因はストレスだった!心因性嘔吐の対処方法はコレで決まり!

スポンサードリンク


食べ過ぎやお酒の飲み過ぎなどで吐き気を感じることはよくありますが、
特に思い当たる節もないのに吐き気を感じる場合、
もしかしたら原因は「ストレス」にあるのかもしれません。

「吐き気を感じる程度で死にはしないから大丈夫」と思って放置していると、
重篤な心の病を引き起こすこともあります。

ストレスは本人が思う以上に心身に負担をかけるものなのです。

そこで今回は、ストレスを感じると吐き気を感じるメカニズムと、
どうすれば対処できるかについてご紹介します!

誰もがストレスを感じやすいストレス社会だからこそ身につけておきたい、
ストレスの察知方法と解消方法です。

自分の健康のためにも、是非身につけておきましょう!


1.ストレスで吐き気を感じる原因!頭痛にも要注意


心因性嘔吐とは、
ストレスを感じる事が原因で起きる吐き気を指す言葉です。

食あたりやお酒の飲み過ぎなど、
明らかに吐き気を誘引する出来事がないにもかかわらず吐き気を催す場合、
心理的な圧迫感が原因になっている事が考えられます。

また直接的なストレスでなくても、
「仕事上の失敗をいつも指摘してくる先輩の姿を見ただけで、
何か言われる前から吐き気を感じる」など
特定の状況や人に苦手意識を持つことで吐き気を感ずる場合も心因性嘔吐と呼びます。

ストレスが原因で吐き気を感じる場合、
他にも頭痛や腹痛、体重減少などを伴います。

なぜストレスにより吐き気を催すかというと、
心理的なストレスが脳の中枢神経を刺激することで嘔吐が発生するためです。


2.仕事中に吐き気を感じたら?吐き気の対処方法とは?


吐き気を感じたらとにかく吐くことが気分をすっきりさせる近道です。

ですが頻繁に吐いてばかりいると、
胃から逆流した胃酸のせいで食道が荒れ、
炎症を引き起こすおそれがあります。

また仕事中など、「絶対に吐くわけにはいかない場面」がありますよね。
そんな場合、出来るだけ速やかに吐き気を抑える方法をご紹介します。

香りで解決!


まず効果的なのは「気分がすっきりする香りを嗅ぐこと」です。
柑橘類やペパーミントの香りを嗅ぐと、
吐き気が緩和されます。

吐き癖がある人は、
ハンカチにアロマオイルを染みこませておき、
吐きそうなときに鼻と口をハンカチで押さえると効果的です!

ツボの刺激で解決!


次に効果があるのが「ツボの刺激」です。

吐き気を押さえるツボは手首の内側にあります。
吐き気を感じたら、
手首の内側をもう片方の指でやわやわと刺激しましょう。


3.ストレスを感じる前にやっておきたいこと


心因性嘔吐の本来の原因がストレスです。

吐き気を催した際に抑え込むよりは、
事前にストレスを溜め込まないように予防しておく方がより効果的です。

ストレスは時間が経てば経つほど解消しにくくなりますので、
日々のストレスが日をまたがないように解消しておくことが重要になります。

半身浴、読書、音楽鑑賞、運動など、
自分なりのストレス解消方法を見つけておきましょう!

「これを実行している間は色々な悩みを忘れられる」と
感じられる方法を見つけるのです。

また、寝室やソファなど「自分なりの安心できる場所」を
見つけるのも効果的です。

「ここにいれば安心できる」という場所があれば、
心も体もリラックスできます。


4.まとめ


ストレスが原因で感じる吐き気の対処方法についてご紹介しました。

心因性嘔吐とは、ストレスを感じることで発生する吐き気のことを指します。

「吐き気だけでは死なない」と思う方もいるかもしれませんが、
ストレスが原因で発生する吐き気は心身の異常のシグナルです。

放置しているとうつ病などの心の病を発生させる危険があります。
発生した場合は速やかに解消するのが望ましいです。

仕事中など、吐くわけにはいかない場面では
アロマオイルやツボの力を借りましょう!

そもそもストレスが原因ですので、
ストレスを溜め込まないようにすることが効果的です。

「これをやっている間は不安を忘れられる」と思うような
趣味や安心できる場所を見つけておきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ