じゃがいもを使ったお弁当レシピ! 子供にも旦那にも大人気レシピを紹介

スポンサードリンク

ホクホクのじゃがいも!
ジャガイモ料理ってかんたんで美味しいものがとても多いのです。



煮ても焼いても揚げてもおいしい・・万能です!
じゃがいもは常備することもでき
年中おいしく食べられるため
お弁当のおかず作りにもとっても便利!
値段もさほど高騰しない食材なので、家計の嬉しい味方でもあります。

今回は、子供から大人までみんな大好き
じゃがいもを使ったお弁当レシピのご紹介です。

お弁当にもう一品・・・とお悩みのママ必見!
冷めてもおいしいじゃがいもお弁当レシピを厳選しました。

ぜひお試しください。


1.冷めても美味しいじゃがいもお弁当レシピ

じゃがいもは、ホクホクで温かいうちに食べるのが
一番ですが。
お弁当にも最適!
冷めても美味しく食べられるレシピのご紹介です。

◆明太ポテトサラダ

じゃがいもと明太子の組み合わせは
とってもよく合います。
明太子の味がしっかりじゃがいもに
染み込むため冷めても美味しい!

明太ポテトサラダ


<材料>(2人分)
・じゃがいも 3個(400g)
・辛子明太子 1/2はら(40g)
・青じその葉 1枚
・マヨネーズ

おすすめレシピはこちら

酒肴にも重宝する簡単レシピです。
ポテトサラダに少し飽きたという方には
オススメです。
さらに余った餃子の皮や春巻きの皮に明太ポテトサラダを包んで揚げると「なんちゃってサモサ」になります。
アレンジが効くので「今日も同じおかず?」と思われずにすみます。

◆いももち

いももち


じゃがいもでモチモチ感が!
甘辛のタレが絶妙です。
お弁当ではちょっとデザート気分で
味わえます♪

<材料>(小さいのが5・6個)
・じゃがいも 2個
・片栗粉 大さじ3~4
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1

おすすめレシピはこちら

北海道物産展でも人気の高いいももち、実は手軽に自分の家で作れちゃいます!

また焼いたいももちをベーコンで包むとちょっとしたおつまみにもなりますし、
海苔で巻いて磯辺揚げ風にしてもおいしく頂けます。

とろけるチーズをかけても絶品なんです!

しかも焼く寸前の状態で冷凍保存することも可能です。

朝の忙しい時間、冷蔵庫に何もないときに冷凍庫から取りだして
凍ったまま焼けばいいので簡単お手軽にもう一品増やせる心強い味方です。

◆ジャーマンポテト

その名の通り、ドイツの代表的な家庭料理。
今日はちょっとジャンキーにという
気分のときにオススメです。

ジャーマンポテト


<材料 >(2人分)
・じゃがいも 2個(約260g)
・玉ねぎ 1/4個
・ベーコン 2枚
・パセリのみじん切り 適宜
・白ワイン(なければ酒) 大さじ1
・サラダ油 酢 塩 粗びき黒こしょう

おすすめレシピはこちら
ベーコンのうまみを生かし、
じゃがいもをこんがりさせるのがポイントです。
お酒のおつまみにも大人気!


2.ちょっとオシャレなじゃがいもお弁当レシピ


お花見やハイキングなどみんなでお弁当を持ち寄る
イベントには何を作ろうか迷ってしまいますよね

あまりにも定番過ぎても面白くないし・・・
そんなときにおすすめなのがこちら。
ちょっとオシャレなお弁当レシピのご紹介です。

◆スペイン風オムレツ

手軽な材料で簡単にできるわりに豪華です!
赤ピーマンなども入れるとカラフルで
見栄えもよいですよ!

オムレツ


<材料> (4人分)
・じゃがいも(中) 4個(約500g)
・玉ねぎ 1/4個
・卵 3個
-塩 適宜
-こしょう 少々
-揚げ油 適宜

おすすめレシピはこちら

じゃがいもの存在がとても合います。

子供達にはケチャップをつけても美味しいです。

彩りよく作ってケーキのようにカットしてお皿に盛りつけ、
サラダやパスタを添えるだけで
ママ友とのランチにも出せそうなカフェ風のワンプレートが出来上がります。


◆ズッキーニとジャガイモの醤油ドレマリネ

お弁当のちょっとした口直しに
オススメなのが、マリネ。
生野菜だと取り分けがしずらいし
マリネだとみんなもつまみやすく
味が染み込んでいて美味しい!

マリネ


<材料> (3-4人分)
・ズッキーニ 1本(200g)
・ジャガイモ 小さめ2個(200g)
・オリーブ油(炒め用) 大さじ1強
・塩・コショウ 少々
・EVオリーブ油 大さじ1
・醤油 大さじ2

おすすめレシピはこちら

少しお酢を入れてみても
サッパリして美味しいです!


◆じゃがいもキッシュ

『キッシュ』ってなんとなく難しそうな
イメージもありますが
実は簡単!栄養バランスもとてもいい!
お弁当でオシャレなカフェ気分を味わえます。

キッシュ


<材料> (20㎝型)
・ベーコン 60g
・玉ねぎ 中1/2個
・じゃがいも 中1個
・牛乳 100㏄
・たまご 3個
・冷凍パイシート 1枚
・塩 適量
・こしょう 適量
・溶けるチーズ 適量
・オリーブオイル 大匙1

おすすめレシピはこちら

パーティにブランチにお弁当にと
いろんなシーンで大活躍!
ほうれん草やしめじをいれてアレンジも色々できちゃいます。
サーモンを入れても美味しく仕上がりますよ。
キッシュに白ワインを添えればフレンチ気分も味わえます。


◆ポテトガレット

美味しくて、オシャレな気分で
楽しむのに最適なのがガレット!

作り方はとても簡単!
そして材料もとてもシンプル。
冷めても美味しくお弁当にオススメです。

ガレット


<材料>(4人分)
・じゃが芋 4~5個(500g)
・ハム 5枚(80g)
・ピザ用チーズ 100g
・塩 小さじ1/4
・こしょう 少々
・油

おすすめレシピはこちら

3.一口サイズの新じゃがいもお弁当レシピ

春は新じゃがいもの季節です。
新じゃがいもは、
皮が薄くみずみずしい食感が特徴です。

野菜は実と皮の間に栄養があります。
そこで皮をむかずに丸ごと食べられる
お弁当レシピのご紹介です!

ただし新じゃが芋を皮ごと料理に使う場合はなるべく小さいものを選び、
皮がシワシワではなく張りのあるものを選んで購入しましょう。

もしも皮が緑色に変色していたら、その部分は取り除いて料理に使用して下さい。

じゃが芋の緑色の部分は身体の毒になりますから要注意です!


◆新じゃが芋の丸ごと包み
新じゃが芋を丸ごと豚肉で包み、
揚げて黒い甘酢あんで和えたものです。

新じゃがと豚肉の愛称もバッチリ。
そして黒酢あんでしっかり味付けしているため
お弁当でのごはんも進みます。

丸ごと包み


<材料> (2,3人分)
・薄切り豚肉「小間肉でもOK」』 300g
・新じゃが芋 6個

-塩 適量
-溶き卵・片栗粉 各 適量
-揚げ油 適量
-水溶き片栗粉 適量
-水・砂糖・黒酢 各 100g
-中国たまり醤油 60g

おすすめレシピはこちら

◆新じゃがのオイスター炒め
新じゃが料理といえば
やはりじゃがいも丸ごとで
テリテリのタレ。
とっても簡単にできちゃうレシピです。
新じゃがの美味しさをそのまま味わえます!

テリテリ


<材料> (4人分)
・新じゃがいも 一袋(15個)
-バター 大さじ2
-醤油 大さじ1
-砂糖 大さじ1.5~2
-オイスターソース 大さじ2
-水 おおさじ2

おすすめレシピはこちら

◆新じゃがとスナップえんどう

新じゃがとスナップえんどうで春らしく!!
とても色鮮やかでお弁当に映えます。
どちらも素材のおいしさそのまま
美味しく味わえます。

えんどう


<材料> (2人分)
・新じゃがいも・6個 140g
・スナップえんどう 8本
・オイスターソース 小さじ2
・バター 小さじ1

おすすめレシピはこちら

4.まとめ

じゃがいものお弁当レシピはいかかでしたか?

冷めてもおいしく食べれるレシピや
ちょっとオシャレなじゃがいもレシピ。
そして春が旬の新じゃがのじゃがいもまるごとレシピ。

どれもお弁当にぴったりの冷めてもおいしい
レシピを厳選しました!

今回、ご紹介したものはどれも簡単で
喜ばれるものばかりです。
そしてうれしいことに材料費も安い・・

いつものじゃがいも料理に少し飽きたという方は
ぜひお試しください!

お弁当だけでなく、パーティなどのおもてなしにも
ぜひどうぞ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ