喉の違和感から予測できる病気はこれだ!原因を知れば対処も可能!

スポンサードリンク


喉の違和感は、気にしないようにしても
痛みや違和感でなかなか忘れ去ることの出来ない厄介な症状です。

とはいえ、
「喉の違和感くらいで病院に行くのは大げさ」
と考えてしまい、そのまま放置していませんか?

喉に違和感を感じる理由は風邪などの炎症によるものの他、
異物が喉に刺さったり別の器官の異常が喉にまで伝播した場合まで、
実に様々です。

気に病むようであれば、喉の違和感を撃退しちゃいましょう!
そのためにもまず、何が原因かを特定する必要があります。

今回は、
喉に違和感を感じた場合の原因解明のヒントと、
対処法についてお伝えします。


1.げっぷや痰・咳・息苦しい症状がでる喉の違和感の原因


咳や痰が出ている上に喉の違和感を感じると、まずは風邪を疑いますよね。

風邪は比較的身近な感染症で、
特に咽頭炎・扁桃炎・喉頭炎を発症すると息苦しさを伴う喉の違和感を感じます。
それらは、各箇所が炎症を起こしているためです。
耳鼻咽喉科もしくは内科を受診して治療を行いましょう。

またものを食べる際に咳き込む場合は、
胃食道逆流症の疑いがあります。

特に頻繁にげっぷを感じる人は、
食道の弁がうまく開閉できていない可能性があります。

いずれにしても、
炎症が原因の場合は鎮痛剤や抗生物質で治すことをできるので
比較的治療しやすいので安心して下さい。

ただし長期間にわたり乾いた咳が出る場合は要注意です。
肺結核や肺がんの可能性があります。


2.吐き気や肩こりが原因の喉の違和感


吐き気や自分の口臭が気になる上に喉の違和感を感じる場合は、
もしかしたら「膿栓」が原因かもしれません。

膿栓とは喉の奥にある扁桃腺のひだの中に食べ物のカスなどがたまり
雑菌と混ざり合い腐敗した塊を指します。

喉に何かが引っかかったような違和感を感じるのに
魚の骨などが刺さっていない場合は、この膿栓が怪しいでしょう。


また実は肩こりと喉の違和感にも関連性があります。
どちらも首にある筋肉がこりを起こしている場合に発症する症状です。

筋肉のコリを解消しなければ喉の違和感も解消されません。
まずは正しい姿勢で生活することを心がけ、
筋肉の凝りをほぐすストレッチを行えば喉の違和感は解消されます。


3.ストレスが原因で感じる喉の違和感


ストレスという言葉を聞くと、
主に「心」に不調が出るものと考えがちです。

しかし精神的な負担は喉などにも変調をきたす場合があります。

風邪が原因で喉に異物感を感じたり咳をする場合は湿った咳が出ますが、
乾いた咳が頻繁に出たり病院で詳しく調べても体に原因が見つからない場合は、
心因性の喉の不調である可能性が高いです。

ストレスが原因で起きる喉のトラブルは
「咽喉頭神経症」あるいは「自律神経失調症」とも呼ばれ、
放置すると喉の違和感を感じるだけではなく、
実際に呼吸困難や喘息のような症状を引き起こす可能性もあります。

風邪だと思って様子を見たり、
のど飴やうがいを試みても一向に症状が改善しない場合は、
一度心療内科を受診してみるといいでしょう。

また心因性の喉の違和感の場合は、
他にも全身のだるさや不眠、食欲不振といった体調の不調が出ます。
喉以外の違和感を感じていないのかもセルフチェックしましょう。


4.まとめ


喉の違和感を感じる原因と、
その解消方法についてご紹介しました。

「なんだか喉が痛い」「何かが喉に引っかかっているような気がする」というふとした違和感から、
「声が枯れる」「咳や痰がやたらと出る」「げっぷが止まらない」「嘔吐感がある」など、その症状は様々です。

咳や痰が絡むと風邪に代表される各種炎症の可能性があります。
炎症を抑える薬を服用して治しましょう。

ただし風邪だと思っていたのに一週間以上咳や痰が続く場合は注意が必要です。
肺がんや肺結核の可能性もあります。

またげっぷが止まりにくい人はもしかしたら食道逆流症かもしれません。
またストレスや肩こりとも喉の違和感は関係があります。

一週間以上気になる症状が続くようであれば、
耳鼻咽喉科もしくは内科を早めに受診して、
原因を解明しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ