肌の黒ずみの原因から解消方法まで!肌トラブルのSOSにお答えします

スポンサードリンク


ふと鏡を見たら、服を着るとき、自分の皮膚に黒ずみを見つけてしまい憂鬱な気持ちに陥ってしまったことはありませんか?でもまだ大丈夫、実は肌の黒ずみは解消することが出来ます。
今回はなぜ肌の黒ずみができるのか、その原因と解消方法をご紹介します。原因を把握しておけば、その黒ずみは消すことができます。乾燥や摩擦など、身体に害があるものはカットしてしまいましょう。
また噂の「重曹」パワーについてもご紹介します。
気になる肌のトラブルは、気がついたときに解決してしまいましょう。


1.肌の黒ずみが起きる原因は何?どうすれば解消できる?


肌の黒ずみには、さまざまな原因があります。まず大雑把に分けると「身体の内側にある原因」と「身体の外側にある原因」に分けられます。
まず身体の内側にある原因ですが、「ホルモンバランスの乱れ」が大きな理由です。通常は肌を正常な状態に保ってくれるホルモンですが、さまざまな要因でそのバランスが崩れる可能性があります。ホルモンバランスが崩れると新陳代謝が低下し、普段受けても回復できるダメージであっても大きな影響を受けてしまいます。ホルモンバランスの乱れは生活習慣や食事の状況に左右されます。
身体の外側にある原因は主に乾燥と肌の不衛生さです。これらの要因が混ざり合い、毛穴が黒ずんだりニキビや吹き出物が出来てその跡が黒ずんだり、皮脂汚れや保湿不全が引き起こされます。


2.乾燥が原因の肌の黒ずみを消す方法


乾燥が原因で肌が黒ずみやすいのは「ひじ」です。ひじは皮脂腺が少なく、大気が乾燥しがちな冬場だけではなく夏場でも乾燥しやすく常に危険にさらされている状態です。乾燥した皮膚は硬くなり、頬杖をついたりすると摩擦が起き、皮膚が厚くなります。皮膚が厚くなると古い角質が新しい物にかわりにくくなり、黒ずんだ部分がやがて色素沈着を起こします。
つまり、乾燥による黒ずみはこの「摩擦」と「色素沈着」を防ぐことで予防できるのです。
ひじを机につくクセのある人は改めたほうがいいでしょう。身体にぴったりフィットする衣服を着ることでも摩擦は起きるので、黒ずみが気になる身体の部位と服が擦れないように着るものにも注意します。
また古い角質を除去し、保湿しておくと黒ずみを徐々に薄くしていくことが出来ます。
乾燥対策には「ホホバオイル」「シアバター」配合のボディクリームを使用すると効果があります。


3.その他の原因の肌の黒ずみを治す方法!重曹は効果があるの?


乾燥以外の肌の黒ずみの原因は、生活習慣や睡眠不足、ストレスにあります。
まずは生活習慣を見直しましょう。肌の黒ずみ予防にもなりますが、すでに出来てしまった肌の黒ずみを徐々に薄くすることにも効果があります。夜更かしや寝る前の液晶画面観賞はできるだけ避けます。食事も極端な減量や暴飲暴食は避け、栄養バランスが摂れた食事にします。栄養バランスがよく分からない方は和食メニューと洋食メニューを1日おきに交互に摂るだけでもバランスが改善されます。
保湿も重要ですが、古い角質が残ったままでは黒ずみは消えません。角質を除去するのに効果を発揮するのが重曹です。食品用の重曹であれば人が口にしても危険はないので安全です。泡立てた洗顔剤に重曹をひとつまみくわえてそのまま顔を洗うだけで、角質を取り除けます。コストパフォーマンスは最高ですが、その分「摩擦」力も強いので、毎日行うと今度は乾燥の原因となります。注意が必要です。


4.まとめ

肌に黒ずみができる原因についてお伝えしました。
黒ずみが出来る原因は「乾燥や摩擦」といった身体の外の原因と、「ホルモンバランスの乱れ」といった身体の内側の原因の二種類があります。どちらも密接に関わりのある問題ですので、二つの側面からお手入れをした方が効果があります。
まずは皮膚の乾燥や摩擦を避けます。特にひじは冬だけではなく真夏でも乾燥の可能性があるパーツです。衣服と摩擦が起きないように気を付け、頬杖もつかないようにします。また古い角質を除去し、保湿を意識しましょう。
その他のパーツも、「黒ずんできた?」と思ったら、古い角質を取り除き保湿します。また規則正しい生活習慣と食生活を心がけ、ストレス発散方法も身につけるようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ